Pocket

思春期の生きる力コーチングカレッジへのご訪問、ありがとうございます。

 私は2010年にプロコーチになってから、ありがたいことに6000回を超えるセッションを通して沢山の方々にお会いしてきました。

 その多くの方々が、それぞれ長い間悩んでいらしたことを解決され、「こうなったらいいな~」と思っていらしたことをどんどん実現されました。

 おかげさまで90%以上の方から「満足」という評価を頂いています。

 そして私もたくさんの笑顔から希望と勇気をたっぷり頂いています!

 

 そこで、その中の幾つかの事例の喜びの声をクライアントさんのご許可を頂いてこのページでご紹介しています。

 まず大きくセッションを受けられたのが「お子さん」または「お子さんと別途お母さん・お父さん」のケースと「お母さん・お父さんだけ」の2つで分けています。

 特に「不登校」についてはどちらの場合にも事例が沢山あります。

 目次から気になるところをお読みください。

 

 もしかしたらこの中にあなたが気になっていることが、すっかり解決しているという事例があるかもしれません。

 「無理かも・・」と思っていた希望をあなたが取り戻すことにお役に立てたら幸いです (*´ω`*)

 

 書ききれないほど事例はたくさんありますので「こんなケースは?」ということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

目次

子どもさんへの直接セッション

 思春期の子どもはわかりにくいと言われます。

 この時期には身体・心・頭とも大変化がある時期です。

 本人がわからないところで、ちょっとしたことでバランスを崩したりすることもありますし、今自分に何が起こっているのかや自分がどうなりたいのかがわからないことも珍しくありません。

 それでも、そんな状態にあっても子どもたちは一人ひとりがそれぞれユニークで素晴らしい能力のある存在です。

 ”課題”を解決するだけではなく、子どもが自分のユニークな力に気づいて、それを上手に現実のなかで使えるようになっていくことをサポートするのが思春期の生きる力コーチングカレッジです。

 だからこそ、お子さんはもう二度と同じ悩みにハマることはなくなります。

 生きる力が育ち、その子らしく自信を持って活き活きと輝き始めます。

 

発見

受験校を決める

候補校のどこを受けようか迷っている  15歳 男子

 偏差値のの高い学校に挑戦しようかどうかを迷っていらっしゃいました。続きはこちら

志望校の選び方がわからない  15歳 男子

将来の職業選択も視野に入れて、高校・大学をどうやって選べばいいのかわからないということでした。続きはこちら

大学受験を秋に決めてからでも間に合った  18歳 男子

秋に、次の冬に受験する大学(私学)を決めたいということでした。続きはこちら

心から納得して選んだ学校に挑戦できて合格した  15歳 男子

受験の年になったので、受験校を決めなくてはならないと考えてました。しかし 続きはこちら

 

就職活動・学校後の進路を決める

何が好きかもわからなかったところからの就活  18歳 女子

大学3年生の終わりから就職活動に向けてのセッションをはじめました。最初は 続きはこちら

帰国後の進路を決めたい  22歳 女子

長い海外生活での大学終了後に帰国されてから、どのような仕事をしていけばいいかについてのご相談でした。続きはこちら

大学卒業後の進路を考え直したい  22歳 女子

一人暮らしの大学生活をもうすぐ終えようとする時期でした。大学院に進むための準備はされていたのですが 続きはこちら

自分を知って成長できた。第一希望に求められて就職 

私は就職活動を控えて、自分が将来どのように生きていきたいのか、何に興味があるのかがはっきりとわかっていなかったので 続きはこちら

 

 自分に自信をつける

家の外にも出たくなかったところから自信が持てるようになった  18歳 男子

中・高と人間関係で嫌な体験があったことで、自分に自信をなくして家の外に出ることも難しくなっていらっしゃいました。続きはこちら

漠然とした生き辛さを抱えていた  12歳 男子

自分らしく過ごしているだけなのに、どこか周りとの違いを感じたり、身体を思い通りに動かせないという感覚がありました。続きはこちら

自分のやりたいことなのに続けられない自分を責めていた  17歳 男子

ご家族それぞれがご自分の好きなことに打ち込まれていました。ご自分も好きなことがあったのですが 続きはこちら

病気をしたことで自信をなくしてしまった  18歳 女子

ある病気をしたことで、自分が同級生たちよりも「遅れている」という思いを強く持つようになって苦しいと 続きはこちら

自分がわからずに悩んでいた  18歳 男子の声

高校の時に、自分自身のことや、やりたいことが分からずに悩んでいました。その時に母親から 続きはこちら

子どもがどんどん変わっていきます  お母様の声

子どものコミュニケーションの傾向や物事への対応を見ていて、不安を感じていました。続きはこちらから

実現

受験に合格する

部活と受験勉強を両立させたい  17歳 男子

受験校でも部活やクラス活動にも積極的に参加していたので受験勉強に専念したのは4年生の6月で 続きはこちら

突然の受験にもしっかり向き合い合格を手に入れた 15歳 女子

中間一貫校にいたのに、突然受験することになったのはなんと3年生の12月でした。 続きはこちら

大学受験で面接対策をしっかりしたことが合格に繋がりました 18歳 男子

受験面接の練習をした感想は「自分は面接を甘く考えてました。練習してよかったです!」 続きはこちら

正直な話、コーチングがなければこの1年を乗り切ることができなかったと思います 18歳 男子

自分の状況確認や状態を整える方法、モチベーションまでみていただいたので、安定した精神状態で  続きはこちら

受験直前でも、子育てのストレスをほとんど感じないというのは驚異的なこと 受験生のお母さん

子どもの成長を本人に安心して委ねられるようになったおかげで、私がゆったりとした気持ちで子どもに向き合えて  続きはこちら

 

成績を上げる

進級が危なくても頑張りたいと思えなかった  16歳 男子

勉強や遅刻することについて「改善したい」という意欲が持てないところからのスタートでした 続きはこちら

燃え尽きて勉強にモチベーションがわかない  15歳 男子

中学受験で燃え尽きてしまって、有名中高一貫校に入ったものの、進級ギリギリで 続きはこちら

ただ辛かった勉強がラクに楽しくなった  18歳 女子

とても真面目に勉強されていたのですが、多くの時間がかかり睡眠時間を削っていました 続きはこちら

やりたいことが多くてどうしたらいいのかわからなかった  10歳 女子

習い事もたくさんして、勉強も頑張りたいけれど、実際にどうしていけば良いのかわからない 続きはこちら

勉強が「邪魔者」から「自分を助けるもの」に変わった  17歳 男子

コーチングでよかったのは自分の自信が上がったことと、勉強対しての姿勢が変わったこと 続きはこちら

 

 時間管理がうまくなる

やることがありすぎていっぱいいっぱいだった  15歳 男子

文武両道を歌う進学校で名門の部活にもクラス活動にも積極的に参加されていたのですが 続きはこちら

自分の時間がうまく使えなくてイライラしていた  17歳 男子

趣味の時間を増やしたいとのことでしたが、実は「時間」に対する考え方にこだわりがありました。 続きはこちら

様々なプレッシャーで気持ちの整理がつかなかった  16歳 男子

部活やクラスの人間関係など、様々なプレッシャーで心の負担がありました。 続きはこちら

 

その他の「目標実現がテーマ」の事例

苦手なレポート、論文を上手く仕上げたい  14歳 女子

作文やレポートなどを書き上げるのが苦手で、いつも重荷に感じ、後回しになっていました。 続きはこちら

部長として部のチームワークを良くしたい 17歳 男子

伝統ある部の部長に選ばれ、先輩からも激励されたのですが、メンバーの団結力が弱いことが課題でした。 続きはこちら

部活でのパフォーマンスを上げたいけれどどうしたらいいのかわからない 15歳 男子

やる気はあるけれど、同級生の中でも基礎練習のタイムが低くてどうしても上がらない。 続きはこちら

 

解決

朝起きられない

段取り力をつける  18歳 男子

遅刻が多いだけでなく、時間を守ることが苦手でした。続きはこちら

生活パターンを変える  15歳 女子

朝起きれずに学校に行けないことが続いていました。続きはこちら

勉強が気になって眠れない  15歳 女子

次の日に学校に行こうとすると、夜中に勉強が気になって眠れなくなっていました。続きはこちら

夢中になってしまう  17歳 男子

自分の趣味に熱中して寝る時間が遅くなるので朝起きられなくなっていました。続きはこちら

前日徹夜パターンを変える  18歳 男子

テストや宿題提出の前の日に徹夜をしてしまうパターンになっていました。続きはこちら

理由がわからないが朝起きられない  16歳 女子

突然朝起きられず、昼間もボーッとしてしまい夜に目が冴えてしまうという状態でした。続きはこちら

起立性調整障害  15歳 女子 他多数

起立性調節障害には色々なパターンがあります。続きはこちら

100%叱っていた  お母さんの声

基礎的な生活ができていなかったので、とにかく叱ってばかりでした。続きはこちら

 

友人関係の悩み

友人関係の悩みでグルグルしていた  14歳 男子

クラスの友だちとも、部活の友だちとも、なんだか人間関係がうまく行かず悩んでいました。続きはこちら

合わない友だちとの付き合い方  14歳 女子

行事で同じ係をすることになった子とどうつきあったらいいのかわからないとのことでした。続きはこちら

自分にとっての友人とは  19歳 女子

最初は以前のように仲良くなりたいとのことでしたが、実は相手から一方的に嫌なLINEが来ていることが分かりました。続きはこちら

負の連鎖からの脱出  お子さんの声

どうやっても悪い方向にしか行かなかった人間関係が変わりました。続きはこちら

友だちは自分で選んでいいと分かりました  お子さんの声

友だちは大事にしようと頑張っていましたが、自分の気持や体調がおかしくなることがありました。続きはこちら

イマドキの中学生の世界でのサバイバルを教えてもらいました  お母さんの声

こんがらかっていた問題を丁寧に解きほぐしてくださいました。続きはこちら

どう対応してよいかわからず、親子ともに一緒に苦しんでいました  お母さんの声

最初は私もコーチングのイメージが今ひとつ、つかめませんでしたが信頼しておまかせしようと思いました。続きはこちら

 

不登校

不登校にまつわるご相談が一番多いです。

『朝起きられない』『友人関係の悩み』『人と接するのが辛い』の事例でも、結果的に不登校になっている事例がたくさんあります。

当てはまる場合にはそれらの事例もご参照ください。

また、お子さんがセッションを受けられず、お母さん・お父さんだけがセッションを受けられた事例は、下記「お母さん・お父さんへのセッション」>「お子さんのこと」>「学校に行きづらくなっている・不登校」に掲載しています。

自分の自信を取り戻していった  11歳 男子

きっかけは友達関係でしたが、発達の抜けが自信のなさの元になっていました。続きはこちら

家中が混乱していた状態からの回復  11歳 男子

突然始まった不登校の理由がわからず、家中が大混乱していました。続きはこちら

不登校だけでなく外出も難しかった  18歳 男子

ひと目が怖くて外出することも苦しく、家でも一人でいることが多いという状態でした。続きはこちら

登校できない理由がわからなかった  14歳 女子

何故か学校に行きづらいという状態が、年単位で続いていました。続きはこちら

理由は言えないけれど  小学生低学年 女子

登校しぶりがあるが、その理由がわからないということでお母さんが困っていらっしゃいました。続きはこちら

子どもの生き辛さが改善し、私も救われました  お母さんの声

直接の悩みは不登校でしたが、幼い頃から子どもの様子を見ていて、ずっと不安を抱えていました。続きはこちら

家族で乗り越えられました!  お母さんの声

長男の不登校と、家族間のコミュニケーションのとり方で悩んでいました。続きはこちら

お父さんの視点から  お父さんの声

子どもが不登校になり、家でも暴れて手のつけ所がなかったのです。続きはこちら

新しいスタートがきれた! お母さんの声

娘は中1から不登校になり、沈み込んだような状態で、周りもどうするのがいいのかわからないでおりました。続きはこちら

我が家に春がやってきた  お母さんの声

家に引きこもり、ゲームとネットにひたり、いつまでこの状態が続くか親としても不安な日々でした。続きはこちら

 

人と接するのが辛い

人と接するのが辛いので外出できない  15歳 女子

どうしてもご自分の容姿が気になってしまうとのことでした。続きはこちら

人がいると疲れる  18歳 女子

人がそばにいると、とても疲れるので外出が辛いということでした。続きはこちら

人にとても緊張する  18歳 男子

とにかく外を歩くだけでもひと目が気になって、体中が緊張するということでした。続きはこちら

対人関係が修復された  お子さんの声

自分の不安が何から出来上がっているのか、整理することができました。続きはこちら

家族とうまくやれない

 

お母さん・お父さんへのセッション

お子さんのこと

 成長途中で不安定な思春期の子どもは、大人から見るとよくわからない行動をとることもありますよね。

 また時代の変化も激しいので、親世代から見ると今の思春期のことがよくわからないこともあるでしょう。

 大人から見てよくわからなくても、その子が上手く自分のことを言葉で説明できなくても、それはその子なりに自分の環境の中でとっている”良い目的”のための行動です。

 ただその子のやり方のままでは、その子が生きていく上で良い結果につながらないこともあります。

 お父さんやお母さんが、もっと楽しく生きていくための考え方や行動を子どもから引き出せるよう、子どもの生きる力を育てる関わり方をサポートしていきます。

不登校・登校しぶりのお子さんへの関わり方

話をしてくれない  中学生男子 お母さん

登校したくない理由を尋ねても、何も話してくれないので困っていらっしゃいました。続きはこちら

未来に希望が持てない感じでした  中学生男子 お母さん

小学生の頃から疲れやすく、登校するのが辛い様子でした。中学になって環境が変わるので期待したのですが・・。続きはこちら

理由がわからなくても  中学生女子 お母さん

ほとんど不登校になってからすでに数年たっていましたが、理由がお子さんもお母さんもわからないとのことでした。続きはこちら

良い子だったのが・・  大学生女子 お母さん

『自分のことがわからないし先のことも考えられない』と、突然お子さんが言われるようになりました。続きはこちら

元気がなくなってしまった  小学生女子 お母さん

保健室に行くことが多くなったり、登校しぶりが半年ほど続くようになったが、その理由がわからないとのことでした。続きはこちら

閉じこもってしまった  高校生男子 お母さん

学校にも行かずに無気力で、話しかけても最低限の返事をするだけで反応もないとのことでした。続きはこちら

だらしない子だと責めていた  中学生女子 お父さん

急に登校できなくなって、家の中でダラダラしているお子さんを厳しく注意しても変わらないとのことでした。続きはこちら

口数の少ない子と心が通じあえた  お母さんの声

中学生になってから元気がなく、勉強にも部活にも身が入っていない状態が続いていました。続きはこちら

学校に行きづらい日がなくなった  お母さんの声

小さい頃から素直で手のかからない子だったので、突然状態が変わったときにはとても戸惑ってしまいました。続きはこちら

 

子どもへの関わり方(不登校以外)

だらしがなくて困ります  高校生女子 お母さん

毎日スマホをいじったり、提出物をギリギリになってからとりかかるなどが気になって仕方ないとのことでした。続きはこちら

もっとしっかりした子になって欲しい  中学生女子 お母さん

おとなしいままだと周りに埋もれてしまうのではないかと心配されていました。続きはこちら

自分から何かをしようとしない  中学生男子 お母さん

毎日ゲームばかりで、他のことには関心ややる気がないことで困っていらっしゃいました。続きはこちら

子どもにきつく当たってしまう  小学生男子 お父さん

とてもお子さん思いのお父さんでしたが、子供の可能性を広げたいと言う気持ちが強すぎるようでした。続きはこちら

子どもの気持ちがわからない  小学生男子 お母さん

下の子の事はよく分かるけど、上の子のことがよくわからないと悩んでいらっしゃいました。続きはこちら

子どもに腹が立つ  小学生男子 お母さん

まだ小学生だとわかっているのですが、いつも口達者で腹が立ちます。可愛いと思えないのは困るので・・続きはこちら

素直に謝らない  高校生女子 お母さん

娘さんに何度注意しても同じことを繰り返すので困っていらっしゃいました。続きはこちら

育て方が悪かったのかしら  小学生男子 お母さん

マイペースタイプで他のお子さんたちと違う行動をすることが多いとのことでした。続きはこちら

話をしてくれないので困る  中学生男子 お母さん

次男君は無口で表情も変わらないので、気持ちをどう汲み取ったらいいのかわからないとのことでした。続きはこちら

「私の長女」がわかる  お母さんの声

中1の長女の行動にイライラして喧嘩になっていました。続きはこちら

やる気の出ない子  お母さんの声

中学生の子が何につけてもやる気がでず、色々やってみても変わりませんでした。続きはこちら

関わり方がわからずにイライラしてました  お父さんの声

子供に対してイライラする事が多く、時に体罰を与えてしまうこともあり、自分にダメ出しをしていました。続きはこちら

子どもを可愛いと思う気持ちが自然に倍増しました  お母さんの声

子どもがあまり話をしない子だったので、どう扱っていいのか悩んでいました。続きはこちら

 

ご自身のこと、など

子どもが思春期になってくるとまだまだ目は離せませんね。
それでもその先の自立の時期もすぐ近くです。

お母さん・お父さんも、もうすぐ来る子育て期の終わりに向けて、ご自分の新しい人生について考え始めるタイミングではないでしょうか。

今、時代は大きく変わっていますしこれからもどんどん変わっていくでしょう。
様々な人生の楽しみ方が選べるようになってきています。

これからの何万時間のご自分の人生のために、ちょっとした時間をとってみてはいかがでしょうか。

誰でも、いつでもどこからでも、心から望む人生を生きることができるのですから☆

これからの生き方について

仕事と趣味  40代 女性

今後今の仕事を続けていくのか、他の自分のやりたいことにもっと時間を使うのかを考えていらっしゃいました。続きはこちら

生き方の指針を見つけたい  50代 女性

今まで仕事を続けながら子育てを第一にしてきたが、今後は何を大事にしていけばいいのかを知りたいとのことでした。続きはこちら

自分らしい生き方  40代 女性

安定して穏やかに仕事をしてきたけれど、どこか自分に合わないという気持ちをずっと持っていたそうです。続きはこちら

仕事と資格  50代 女性

ずっと仕事をしながら趣味でいくつかの資格もとっていらっしゃいました。今後の趣味と仕事のバランスについて・・続きはこちら

これからの自分らしい仕事  40代 女性

いくつもの資格を持っていらっしゃり、今後それらを仕事にしたいというご相談でした。続きはこちら

自分にとっていちばん大事なもの  40代 男性

いつも心の奥に座札感やもやもやが合って、イライラ・悶々とするというご相談でした。続きはこちら

ご自分の人生で大事なもの  30代 女性

このままでいても、ただ日々を過ごすだけになりそうだと感じてセッションにいらっしゃいました。続きはこちら

枠を超えた思い  40代 女性の声

「思い切り未来を自由に描いてみてください」と言われたことが、私が持っていた「枠」を超えさせてくれました。続きはこちら

私は私のままでいい  30代 女性の声

お話を聞いてもらうまでの私は、本当に自分の底に穴をどんどん掘って入ってしまいたくなるような気持ちでした。続きはこちら

 

夫婦関係・家族関係の改善

家族の機嫌を自分の責任にしていた  40代 女性

お子さんやご主人の機嫌が頻繁に悪くなり、そのたびに「なんとかしなくちゃ」と頑張っていらっしゃいました。続きはこちら

何が行き違っているのかよくわからない  30代 女性

主にご主人との関係で悩まれていました。しかし何が起きていて、どうすればいいのかがわからない状態でした。続きはこちら

ご縁の切れない人から責められていた  50代 女性

お子さんを介して、どうしても関わらなければならない知り合いから、しょっちゅう責められていました。続きはこちら

突然の同居での自分の心の整理  30代 女性

急に決まった引っ越しで、ご主人の実家で義理のお父さん・お母さんとの7人暮らしをすることになりました。続きはこちら

夫への怒りが抑えられない  30代 女性

今までのご主人の態度や振る舞いへの怒りの感情が湧いてきて困るんです、というご相談でした。続きはこちら

義理の父母との間での夫の振る舞いに腹が立ちます  20代 女性

始めは旦那さんが嫌だということでしたが、詳しくお話を聞いてみると、義理の父母との間の話だとわかりました。続きはこちら

お父さんが怖かった子ども  20代 女性

お子さんの登校しぶりでご相談にいらしたのですが、お父さんの関わりが影響していることがわかりました。続きはこちら

ピンチをチャンスと捉えられるようになった  40代 女性の声

家族のことを一番に考えてきたのになぜわかってくれrないのかと原因探しをしていました。続きはこちら

大事なことをつかめた  30代 女性の声

主人とは衝突が多く、離婚の危機も多々あり、心の中は深い悲しみでいっぱいでした。続きはこちら

 

母との関係・父との関係をクリアにする

いつも母に決められていた人生だった  40代 女性

小さい頃からおとなしい良い子で来て、自分の希望よりもお母さんの言われた方を選択されて来たということでした。続きはこちら

母から言われたことが手放せない  40代 女性

頭ではわかっていても母さんに何度も言われた言葉が手放せず、自分の思い通りに休めないとのことでした。続きはこちら

生前の母とのできごと  60代 女性

お母さんの生前の言葉で深く傷ついていらしたのですが『もう会うこともないので』と思っていらしたようです。続きはこちら

父への思いを手放した  40代 男性

なかなか人に「NO」を言えないことで、御本人もご家族も困っていらっしゃいました。続きはこちら

両親と距離を置きたい  30代 女性

ご自分の実家に盆暮れに帰省することを、とても憂鬱に感じていらっしゃいました。続きはこちら

父との関係が自分の子供にも影響していると気づいた  30代 男性

身体に痛みが出て思うように仕事ができないというご相談からでした。続きはこちら

母との関係をクリアにしたら、自分が幸せになってもいいと心から思えた  60代 女性

母とのことをクリアにしたい。でも母の「悪口」を言うのかと抵抗がありました。続きはこちら

 

思春期のお子さんに向けてのメッセージ

 セッションを受けていただいた教育関係の方から、とても光栄なことに、思春期のお子さんに向けてのメッセージをいただきました。

こちらからご覧ください。