Pocket

その他の「目標を実現する」セッション事例とお客様の声をご紹介しています

事例

苦手なレポート、論文を上手く仕上げたい  14歳 女子

 作文やレポートなどを書き上げるのが苦手で、いつも重荷に感じ、後回しになっていたそうです。

 「今回こそは」と夏休み等に始めのうちに手を付けようとしてみるものの、なかなか進まず、結局いつも最後にギリギリで不満足なままで提出するということを繰り返していました。

 まずレポートを書く全体の手順を把握して、その手順に沿って作業を進めて行くようにしました。

 手が止まってしまった時にはすぐに課題を明確にして解決することで、どんどん書き進めることができました。

 「自分でも納得の行くレポートが書けたのは初めてで、とても嬉しい!」と大喜びでした。

 良い評価も頂いて、それ以降もその手順にそって一人でもぐんぐん書けるようになったとのことです。

 

部長として部のチームワークを良くしたい 17歳 男子

 かなり伝統ある部の部長に選ばれ、先輩からも激励されたのですが、同級生のメンバーの団結力が弱いことが課題でした。

 一人ひとりの特徴と思い・長所などをしっかりと把握して、何を伝えたいのかを明確にしていきました。

 だんだん他のメンバーとも心が通じ合うようになり、最後にはチームとして伝統の試合にも勝つことができました。

 

部活でのパフォーマンスを上げたい 15歳 男子

 部活にとても前向きなお子さんでした。

 でも、一つの基礎練習のタイムが同級生の中でも低くて、どうしても上がらなくて悩んでいらっしゃいました。

 フィジカルとメンタルの両方を細かく見ていくことで、徐々にタイムを上げていくことができました。

 最終的には目標値をクリアしてメンバーにも選ばれましたが、それよりも「自分の苦手なことでもやり遂げられた」という体験が、強い自信になったと笑顔で教えてくださいました。

 

今までの事例とお客様の声に戻る