おはようございます。
今日は近所の神社のお祭です。
神社にものぼりを立てたりして
華やかになります。

 

さて、5月からを楽しく過ごすための
連休の過ごし方についてのお話です。

 

思春期の子にとって
身体のバランスを整えることは
成長中の脳のバランスを整えることに直結します。

思春期は
感情や気分が激しい時期なので
ついそちらに引っ張られて
身体のことを忘れがちになりがちです。

気づかないうちに身体に無理が溜まり
そこから体力・気力・思考力が
落ちてしまうことがしばしば起こります。

 

だからこそ、この連休を上手に使って
身体をうまく整えられれば
その後の日常もうんと安定していきます。

是非この連休前に一度
今の身体の状態をチェックしてみてくださいね 😀 

 

思春期の身体の状態を整えるのに
食事や運動などもモチロン重要ですが
思春期には特に睡眠が重要です。

この重要な睡眠には
時間という「量」とともに「質」もあります。

長く眠れない時でも
良質の睡眠がとれれば身体も脳も整います。

 

そして、良質の睡眠がとれる時間帯
というものがあるんです!

それは「ゴールデンテイム」と言われる22時〜2時です。

この時間にしっかり眠ると
良質の成長ホルモンがたくさん出ると言われています 😉 

 

成長ホルモンというと
子どもだけに関わるようですが
実は大人にも、ご老人にも必要です。

この22時〜2時に眠ると
お肌の元気度や身体の回復力が
とても上がってくるそうです。

同じ睡眠時間でも
このゴールデンタイムに
どれだけ眠れているかで
どんな人でも
健康度合いが違ってくるそうです。

少しでもこの時間帯に多く眠れるといいですね 😀 

 

また、良い寝付きと良質の睡眠のためには
日中に外に出ておひさまの光を浴びたり
運動やストレッチ、お散歩など
身体を動かしておくことがオススメです。

 

眠る前にお風呂にゆっくり入るのもいいですね。

寝る前のリセットなどは超オススメです!
やっているそばからあくびが出ます 😀

 

これらのことはどれも
セロトニンというホルモンを
作ることに役立ちます。

セロトニンが出ると
安心してリラックスできますし
夜自然に眠くなるようにもなってきます。

 

反対に避けたほうが良いのは
夜のスマホなどの電子機器の光ブルーライトです。

脳を興奮状態にしやすくなります。

夜にSNSを見続けてしまうことで
他人のことが気になったり
マイナス情報(愚痴など)などで
自分の気分を下げてしまうこともあります。

眠る1時間前には切り上げてみましょう

 

今の子どもたちはスマホを見たり
ゲームをする時間が長いので
特に目が結構疲れています。

また、緊張している時には誰でも
目のまわりが凝っていることが多いです。

寝る前に目のまわりを温めたりして
ゆるめてみただけで
ぐっすりと眠れるようになった子もいます。

ピンときたらこれもお試しくださいね 😉 

 

連休中も部活があったりで
充分に朝寝ができない子も
眠りの質を上げてみてくださいね〜

身体の疲れが取れて
より良いパフォーマンスができますよ (^o^)

 

長く寝ているはずなのに
疲れがとれないと感じている子は
眠りの質もチェックしてみてください。

寝ているようでも
緊張がとれていなくて眠りが浅い子は
この時期案外多いものです。

そんな場合には5月病だけでなく
起立性調節障害などの
予防のためにも早めのお手当が大事です。

思春期の子どもに適した
良い眠りのための方法は

他にも色々ありますので
お気軽にお問い合わせください 😀 

 

追伸:
神社のお祭では
神主さんのご祈祷があります。
このあたりでは神主さんのことを
「太陽様」とお呼びします。
「お天道様」とつながりがあるんでしょうか

 

今週のテーマのブログです
No.1 5月病を気にせずに連休を楽しく過ごすための大事なポイント
No.2 5月病対策はまず今の身体の状態に気づくところから
No.3 とにかく眠れる時には思い切って朝寝してみましょう

No.5 感情を表に出して心を元気にいたしましょう

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい