ブログ

自分の感情とつきあう

Pocket

こんにちは。
今日は思いがけず自由時間が増えたので
のんびり好きなことをやっています。

 

さて、わがままな子についてのお話しです。

 

思春期になると
感情が強く激しくなるので
それに振り回されることも多くなってきます。

感情的な態度が増えてくるのも
ある意味しょうがない部分もあるので
大目にみることも必要だったりしますね 🙄 

 

でも、だからといって
その全てをほっておくのも
”放任”になってしまいそうです。

 

思春期の一つの課題は
自分の感情との付き合い方を覚えていくことです。

自分とのコミュニケーションですね 😀 

もし、子どものわがまま態度が
増えてきた~と
感じたら
子どもが上手く感情と付き合えるように
サポートできるチャンスです。

 

わがまま態度があった後ででも
まずは
「自分にどんな感情や考えがあったのか」と
振り返るところが第一歩です。

 

お母さんの声がけで
一緒にそれができれば良いのですが
思春期にもなるとそれもイヤということもありますよね。

そういう時には
次の簡単な方法を伝えてあげてみてください。

 

まず、自分がその時に感じたこと
考えたことを全部書きだしてみます。

書くのが面倒な子は
一人でスマホに向かって喋ってもOKです。

 

「こんなこと、感じではいけない」

「これは恥ずかしい」

なんていう評価判断はひとまずお休みです。

 

ダメな気持ち、弱い気持ち
ずるい気持、悪い気持

ひとまずぜ~んぶ出してみましょう。

 

そして、全部出せたな、と思ったら
ひとつづつの気持について

「どうだったら良いと思っているのか」も出してみます。

 

そうやって出してみると

・これとこれがぶつかっていたんだと
 わかってくるもの

・こんな気持があるとわかっただけで
 すっきりするもの

・これは絶対に譲れない、と思うもの

・何か良い方法があるもの

・誰かに手伝ってもらえればいいもの

順番を変えればできるもの

色々なことが見えたり
いいアイデアがひらめきます 🙂 

 

自分の気持ちだからと
内側で抱えているよりも
一度外に出してみると
驚くほど見え方が変わってきます。

 

自分にどんな感情があるのか
自分は何を望んでいるのかが

わかるだけでもず~っと楽になります。

 

一人で整理するのが難しい場合には
信頼できる人に、評価判断抜きで
作業を手伝ってもらうのもいいでしょう。

もちろんコーチは専門家ですよ~

どんなに複雑な気持ちの混乱があっても
あなたがすっきりするように
マル秘で上手にお手伝いしていきます (^^)/

 

追伸:
思わぬ時間ができたからと
「いつかやろう」と思っていたことを
あれこれしていたら
あっという間に時間がたちます。
なんだかんだとあるものですね (*´ω`*)

 

驚きのセルフケア「リセット」を学んでみませんか

 

今週のテーマのブログです
わがままな子
わがままさんには時間が必要

「後からでもやりなおす」練習をしよう!
自分のなかの色々な感情がぶつかる

感情はコントロールしない

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP