「甘えさせる」と「甘やかす」?似てるようでも大違い!

Pocket

「甘えさせる」と「甘やかす」 シーソー「甘えさせる」と「甘やかす」 って
言葉はちょっと似てますが
その違いはと~っても大きいんです。

 

一言で言うと

「甘えさせる」は子どもの自立を促す

「甘やかす」は子どもの自立を阻む

 

ヮ(゚д゚)ォ!  びっくり!!

正反対ですね~

 

では、もうちょっと詳しくみていきましょう☆

 

「甘えさせる」のは子どもが自分から求めてきた時ですね 😀 

それは子どもが自分から
「受け入れてほしい」を伝えたい時です。

 

自分が「受け入れてもらえる存在」であることを
確認したがっているんですね。

 

一人では寂しいとか心細い

一緒にいたい

繋がって安心したい

そんな自分にOKを出して欲しいというサインです。

 

「甘えさせる」と「甘やかす」 強がり思春期の子どもの甘えが
複雑でわかりにくくなるのは
この自分の甘えた気持ちを見せるのに
小さい頃よりも抵抗を感じることも影響していますね

強がりな子、臆病な子ほど
甘えの表現がストレートでないので
わかりにくくなるようです 🙄 

 

それでも「甘えてくる」のは
子どもが自分からしている行為です。

自分から他の人への働きかけです。

ここがとても大事です!

自分から甘え・弱さを見せても
人から受け入れられる
という体験が大事なんです!

 

甘えを見せても受け入れられる自分であることが
子どもの自尊心の土台になります。

 

また、それは同時に
「他の人とも繋がれるかも」という思いになります。

人とつながる力の土台にもなるんです。

 

だから、充分に甘えることができたら
子どもは安心して
自分からす~っと自然に離れていきます。

他の場所でまた自由に動いてみるためです。

 

これを繰り返すことでやがて
リアルに「甘える」という行動をしなくても
甘えさせてもらった人や体験を思い出すだけで
安心できるようになっていきます。

そうなると自然に自立できるようになるんですね (^^)/

 

「甘えさせる」と「甘やかす」 心なので、子どもが自分から甘えてきた時には
その「甘えたい気持ち」をしっかり受け止めてOKなんです。

 

子どもの「甘え方」がこじれていて
「甘えたがってる」とわかりにくかったり
不適切なやり方になっている
(人の邪魔をする、自分や人を傷つけて反応を得ようとするなど)時は
大人はその行為の方に、つい目を奪われやすくなります。

 

でも本当は甘えたい
気持ちをわかってもらいたい
という部分を
まずはしっかり受け取ることが大事です。

 

子ども自身も自分のなかにある
「甘えたい」という気持ちに気づいていないまま
不適切な行動をしていることもよくあります。

そんな時でも先に大人がその甘えを
優しく見つけて受け取ることで

子どももそれに気づくことができるようになります。

 

それからその表現方法を変えられるよう
サポートできたらいいですね♡

 

子ども自身も自分の甘えたい気持ちを
もっと上手に表現できるようになればずっとラクになります 😀 

安全基地を確認できて安らぐことができるでしょう。

 

「甘えさせる」ってそういうことなんですね~

自立のために必要なんですね

では、もう一つの「甘やかす」ってどういうことでしょう?

 

はい、「甘やかす」に続きますね (^^)/

 

合わせて読みたい記事:
『不登校は甘えなの?』と思った時に知っておくといいこと

「厳しく育てる」ってどういうこと?思春期子育ての厳しさとは

子どもの「認められたい」心理とは:そのまま受け止めても大丈夫?

 

「甘えさせる」と「甘やかす」 怒り追伸:
なかなか素直に甘えられないことって
大人でもありますよね。

わざと意地悪なことを言ったり
『〇〇なんでしょ』と自分からけんかを売って
『そうじゃないよ』と言ってもらいたがったり・・
私も旦那にしょっちゅうやってます

気がついたら反省してるんですけどね:mrgreen:

 

今週のテーマのブログです
思春期の甘えにはどうつきあったらいいのかな?甘えさせても大丈夫?
甘えさせると自立する?思春期の子どもに甘えは必要!

甘やかすと子どもが自立できなくなる!「甘えさせる」との違いとは
甘えさせ方がわからない?思春期の子どもの甘えさせ方

 

 

生きる力が育つ無料LINEメルマガのご登録はこちらからどうぞ!

今なら「プレゼント」とコメントするだけで『親子関係がびっくりするほど改善する!ラクラクコミュニケーション』PDFが届きます♪

 

身体・心・頭のブレーキを外し、不登校さえ解決する「思春期の子どもと最幸家族になる講座」お子さんの「やる気」の育て方もわかります♪

たった1年で、ずっと求めら続けるコーチになる!「思春期コーチ™養成講座」も募集中です!

MENU
PAGE TOP