MENU

傷ついても立ち直れる、しなやかな心を手に入れる一番最初のステップ

Pocket

友達の言葉が気になって
すぐに凹んで
なかなかそこから立ち直れない・・

そんな状態をなんとかしたい

 

そういう時には
「傷つかないように心を鈍くする」や
「傷ついた気持ちを見ないふりする」
のではどうもうまくいきません。

傷ついた状態から立ち直りやすい
しなやかさを手に入れていきましょう!

 

「傷ついた気持ち」も
自分の大切な感情です。

自分の中に湧いた
動くための大事なエネルギーです。

 

「傷ついた」と思ったら
その気持の
エネルギーを
上手に使っていきましょう!

そのエネルギーの「行動する力」を
自分が本当に望んでいることのために
使えばいいんです  (^^)b

 

え,その「傷ついた」という
気持ちのエネルギーを
上手に使うってどうすればいいの?

 

はい、順番にお伝えしていきますね~

まずは
自分が傷ついたことを
そのまま、ただの事実として
受け止めてみましょう!

これが一番始めで一番大事です 🙂 

 

ここで
「傷つくのは心が弱いから」
なんて
思っていると
自分が傷ついた、ということを
なかなか認められませんね。

『私は弱くない!平気だもん!』

となっちゃうと
心の傷に絆創膏も貼れないです 😉 

 

また「傷つくのは弱いからだ」
と思っていると

「傷つけられた」ことを
過剰に恨んでしまうこともあります 🙁 

誰だって自分が弱くて相手が強い
負けたんだ、なんて

思いたくないですもんね。

そうなると自分の傷を治すよりも
相手への恨みの方に
気持ちが行ってしまいます 🙁 

 

どちらも自分の傷を治せないので
傷がシクシクしたままになります。

そんなのは嫌ですね (´д`)

 

それに、自分が傷ついたことを
そのまま受け止める、ということは
実はとっても「強い」ことです。

ちゃんと自分の傷を見れる
向き合える、ということですもん
(^_-)

 

『そうか、私
友達の言葉で傷ついたんだ』

ただ、そう思えたら準備OKです!

次は自分の「傷ついた気持ち」を
そのまま見てきましょう。

 

「傷ついた」という感じは
その体験を「嫌で避けたい」
というサインです。

「傷ついた」という気持ちは
それを繰り返さないように
行動するためのネルギーです。

 

でも、モヤモヤウジウジが続く時には
そのエネルギーを使えずに
動けないでいる状態です。

 

こういう時には動き出すために
まずは自分が嫌なことが
何なのかを
しっかり見てみましょう!

 

不思議なことに
自分が傷ついている時

怒っている時
悲しんでいる時って

何についてそうなってるのかって
案外、はっきりとは
分かってなかったりするものです。

 

小さい子が転んで泣いてても
「膝が痛い~」と言ってるだけだと
どう手当をしたらいいのか
わかりませんよね

でも、痛いところをよく見ると
どこを擦りむいたのか
腫れているのかもよくわかります。

それで
絆創膏を貼るのがいいのか
冷やせばいいのかもわかりますね。

 

傷ついた心を大事にするためにも
今の気持ちを
まずはそのまま見てみましょう

 

やり方はとても簡単です!

自分が今言いたいことや
感じていることを

全て書き出したり
音声メモなどにしゃべってみればOKです
(^^)

 

ここでは
「こんなこと言っちゃだめ」
というのは一度脇において

本当の今の自分の気持ちを
そのまま、ただ外に出してみましょう。

始めは3~5分くらいかけて
「もう無い」と思えるくらいまで
出し切ってみるのがオススメです。

 

そうすることで、自分が

どこに、どう傷ついているのか

ということが見えてきます。

 

このステップは慣れてくれば
サクッと1分もかからずに
頭の中だけでできるようになります。

まずはラクな気持ちで
やってみてくださいね~

(^^)/

 

「心のトゲを抜く」に続きますね

 

追伸:
今日は愛犬と電車で出かけてきました。
うちのは4kgもない小型犬なので
キャリーバックで運びます。
14歳(70歳位?)になっても好奇心旺盛で
窓からワクワクして外を見てました 🙂

 

今週のテーマのブログです
友達の言葉で傷つきやすい子
「傷つかない心」を手に入れようとしていませんか?

傷ついた心に刺さっているトゲを全部抜いてしまう方法
傷ついた心の奥にある本当の気持に気づいたらやってみること
傷ついた時こそ心のしなやかさを育てよう!思春期の生きる力コーチング

 

ただ今、期間限定
完全無料7日間メール講座
『ストレスなしの10代子育て』を公開中です。
こちらからどうぞ!

思春期の子どもについてのご質問
もっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください