睡眠の質を上げれば朝もスッキリ!これ以上睡眠時間を増やせないあなたへ

Pocket

睡眠の質 朝睡眠の質を上げることで
これ以上睡眠時間を増やせない子でも
朝スッキリと起きられるようになってきます。

 

身体・心・頭の成長のためにも
部活や勉強のパファオーマンスを上げるためにも
必要な睡眠は確保したいところですね。

昨日のブログでは
子どもの段取り力を育てて
子どもが必要な睡眠時間を
自分で確保できるようになる
お母さんの関わり方3ステップをご紹介しました 😉 

 

今日は、部活の早朝練習や
夜遅くまでの塾などで
これ以上睡眠時間を増やせない子についてです。

睡眠時間が増やせなければ
睡眠の質をぐぐっと上げていきましょう!

 

え?睡眠の質を上げるってどういうこと?

 

はい、それは
眠り始めの90分間の眠りを深くすることです。

 

スタンフォードで眠りを研究されている
西野精治先生によると
眠り始めの最初の90分にどれだけ深く眠れるかが
その後の眠りの質も決めるそうです。

 

どんな人でも最初の90分が一番深い眠りになるそうです。

睡眠の質 夜なので、ここで深~く眠れれば
それ以降の眠りも深くすることができるんです!

 

また、成長ホルモンが一番出るのも
最初の90分の眠りだそうです。

 

眠り始めの90分って、大事なんですね
(^O^)

 

では、子どもに質の良い眠りをとってもらう
3ステップをご紹介しますね~

 

ステップ1は
子どもに睡眠の大事さと
眠りの質を上げることが必要なことを理解してもらいます。

これは一生使える情報なので
本人が自分に必要だと思うことが大事ですからね 😉 

 

ステップ2は深い眠りを作るために
寝る前の体温管理をすることです。

体温管理・・・言葉は難しそうですが
要は、寝る90分ほど前に
お風呂か適度なストレッチで
体の芯の体温を上げておくことです。

そうするとちょうど寝ようとする時に
身体の内部温度が下がってきて
深くぐっすり眠れるようになるそうです。

 

ステップ3は脳の興奮を鎮めていくことです。

脳が興奮したままだと
深くぐっすり眠れないのは
遠足の前の晩を思い出していただければいいかと思います 😀 

 

睡眠の質 脳寝る直前に焦って食事をしたり
強すぎるストレッチをしたり
スマホで動画はNGです。

 

反対に「就眠儀式」と呼ばれるように
眠る前にいつもすることを一定にするがオススメです。

お風呂 ⇒ ゆっくり食事 ⇒
難しくない本を読む ⇒ 同じ曲を聞いて寝る

お気に入りの同じ行動をすると
脳もゆったり安心します。

 

あとは土日などに
いつもより2時間ほど朝起きるのを遅くして
不足している分を補っていきましょう 😉 

 

この方法は忙しい社会人でも使えますね

どなたにも一生使える情報です ♡

 

最初の90分をぐっすり眠れた
6時間睡眠の人のほうが
浅い眠りの8時間睡眠の人よりも
ずっとスッキリ起きれます。

 

今はスマホアプリなどで誰でも簡単に
自分の入眠時間や眠りの深さもチェックできます。

楽しんでやってみてくださいね~
(^O^)/

 

明日はストレスで眠れない子についてです 😉 

 

合わせて読みたい記事
朝起きられない子どもには危険がいっぱい!思春期の睡眠不足は大問題!

 

睡眠の質 風呂追伸:
寝る前90分にしっかり温めた身体は
自然に体温が下がることで深く眠れるようになります。
お風呂上がりに厚着をしすぎると
逆効果なのでご注意くださいね 😉 

 

今週のテーマのブログです
朝起きられない子
思春期と睡眠の関係
睡眠時間を確保しよう!

ストレスで眠れない
睡眠サイクルのずれを整えよう!

 

思春期の生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

ブログで書ききれないこともお伝えします☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください 

生きる力が育つ無料LINEメルマガのご登録はこちらからどうぞ!

今なら「プレゼント」とコメントするだけで『親子関係がびっくりするほど改善する!ラクラクコミュニケーション』PDFが届きます♪

 

身体・心・頭のブレーキを外し、不登校さえ解決する「思春期の子どもと最幸家族になる講座」お子さんの「やる気」の育て方もわかります♪

たった1年で、ずっと求めら続けるコーチになる!「思春期コーチ™養成講座」も募集中です!

MENU
PAGE TOP