気をつけよう!あたなはご自宅用コミュニケーションになっていませんか

Pocket

こんにちは。
「梅仕事」やっと終わりました。
一つづつもいで、ヘタを取って
消毒して瓶の中にいれました。
二ヶ月後から食べられるそうです 😀

 

さて、ご自宅用コミュニケーションについてのお話しです。

 

デパートに行ってお買い物をすると
『ご自宅用ですか?』と訊かれます。

『はい』と言うと
包装を簡単にしてくれます。

中身は一緒なんですが
包装が違うんです。

 

ご自宅用コミュニケーションも同じです。

伝えたい中身は同じでも
「伝え方」が簡単になるんです。

「愛」を伝えたいのに
伝え方が簡略型になるんです。

 

私たちは仕事で誰かに用事がある時には
『今ちょっとお時間ありますか?』と
始めます。
ところが
自分の子どもに話しかける時には
『今ちょっといいかしら』を省いちゃいます。

一手間かけずにいきなり本題で
しかも子どもが聞きたくないことが多い
なんてことはありませんか?

 

だって、ちょっとした良いことや
子どもが日常何度もやれていることは
改めて口にしなくても
「困る」ことはないですもんね。

でも、何か困ることや変えてほしいことは
言葉にして伝えないとなりません。

放置しておくとそのまま繰り返されますもんね。
なんとか変える方向に持っていくために
行動=声がけが必要です。

 

というわけで、どうしても
「子どもに変えてほしいこと」
「子どものできていないところ」に
会話が集中しがちになっちゃいます。

自然な流れで行くとそうなりがちなんです。

 

また、コミュニケーションで大事な
「聞く」だってご自宅用。

何かしながら
片耳でフンフンと聞き流しちゃう・・・

仕事上での大事な話は
そんなふうには聞きませんよね 🙄

 

子どものことを愛していて
沢山時間と労力も使っているのに
口に出す言葉が子どもへの注文が多くなる。
(もちろん子どものことを思ってなんですが)

子どものために時間を使っていて
毎日が忙しくなちゃっているあまり
せっかく子どもが
聞いてもらいたいからこそ
話しかけている時には
何かをしながら聞くことになってしまう。

何かをしながらだから
フンフンと上の空・・
そうなっちゃうと子どもは
『もういいよ』ってなりそうです。

 

そんな日常ではますます
子どもと心安らかな会話ができなくて
「ありがとう」「助かります」どころじゃない・・・

そんなことになっていませんか

 

実はわたしはそうでした 🙄 

特に第一子長男の時には
どこかに力が入りすぎていたし
自分から彼ができているところ
やれているところについて
言葉にすることができませんでした。

昔ながらの親がやっていた
ご自宅用コミュニケーションを
繰り返しておりました。

「そんなもん」だと思ってました。

 

子どもの方が穏やかだったで
バトルは少なかったですが
彼が大学入学とともに喜々として
家を出た時にはショックでした 😥 

でも今考えるとわかります。

うるさいオカンから自由になったんですものね。

 

それから月日は流れ
今はすっかり私も改心(?)し
彼も世間様から大人にしていただいたので
今ではお互い『ありがとう』を
お酒を飲みながら伝えあえるようになりました。

 

さりげなく家庭でも『ありがとう』を言い合える
そんなコミュニケーション体験がないと
自然な流れでなりがちな
「ご自宅用コミュニケーション」

それを変えていくにはどうしたらいいのでしょうか?

 

実はそこに登場するのがまた「愛」なんです!

 

追伸:
梅仕事、5kg分は結構手間がかかり
めんどくさかったですが
完成して瓶を眺めてみると嬉しいです。
なんだか自慢したくなります 🙂

 

今週のテーマのブログです
思春期の子どもを愛せるでしょうか?
愛がなければ絶対ムリ
思わず笑顔になる力

アタリマエにすればいいいんだ!
そんなことが起きたなら

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい

生きる力が育つ無料LINEメルマガのご登録はこちらからどうぞ!

今なら「プレゼント」とコメントするだけで『親子関係がびっくりするほど改善する!ラクラクコミュニケーション』PDFが届きます♪

 

身体・心・頭のブレーキを外し、不登校さえ解決する「思春期の子どもと最幸家族になる講座」お子さんの「やる気」の育て方もわかります♪

たった1年で、ずっと求めら続けるコーチになる!「思春期コーチ™養成講座」も募集中です!

MENU
PAGE TOP