ぐるぐる思考から抜け出すステップその4

Pocket

ぐるぐる思考から抜け出して
望む未来を手に入れよう!というお話です。
(このテーマのトップ記事はこちらです)

 

ツライ体験や失敗から立ち直るには

原因探しを止めて自分を十分にいたわる。

そして、望む未来を選んだら
ちょっとづつでも未来に向けて
行動していきましょう。

必ず状況は変わっていきます。

 

そして状況が
自分の望む方に変わってきたという
実感が十分に持てるようになった時に
ステップ4、最後の仕上げに進みましょう 😀 

 

「もしもう一度時間を巻き戻したら
今度は何をやってみる?」を
いくつか探してみるんです。

 

これは原因探しじゃなくて

嫌な体験が起きないように
自分が何かできることはあるかな?

もし起きたら自分は何をしたらいいかな?

という
自分がやってみるとよさそうなこと
を見つけてみるステップです (^_-)

 

もう安全な場所に抜け出せた自分として
落ち着いてふりかえってみると
見えてくることってたくさんあったりします。

不思議ですよね~

「抜け出そう!」と焦ってる時とは
ものの見え方も違うんですね
  😉 

 

落ち着いた気持で
「自分がやってみるとよさそうなこと」
いくつか見つけておきましょう。

そうすれば
こんなサインを見つけたら
こうやってみよう!がわかって
これからもずっと安心できます。

 

失敗やツラかった体験から
ちゃんと学んだことになるので
その体験があったことが無駄じゃなくなります。

この先もっと大きなことで
ツラい目に会う前に
そうならない手を打てるようになったということですね
(^^)

その過去の体験とほんとうの意味で
さよならできるようになります。

 

ここで大事なのは
「つらい体験や失敗をした過去の自分」を
責めないことです。

ステップ2 自分をいたわる
は、いつでもどこでも大事です (^^)

 

「自分にもできることがあったのに
あの時はやらなかった」じゃなくて

「あの時の自分は
どうしたらいいのか
思いつかなかったのでつらかったな

あの時は色々なことがあって
そうなったんだけど

これから先は同じような場面で
自分がどうすればいいのかを
もうわかったよ (^^)

 

あの体験があったから今ちゃんと学べてるね

成長した私になったよ」

そう捉えていきましょう。

 

だって、人は成長したらどうしたって
昔の自分は「まだまだ」になりますよね。

せっかく成長したのに
昔の自分を責めても何ひとつ、良いことはないんです。

 

むしろ「自分なりに頑張ったよね」
「ツラかったね」と

昔の自分の味方に十分なってあげましょう。

だってその時は
味方がいないようで苦しかったんですから 🙂 

 

そして今の自分はこれからも
もっと成長できるんです。

ステキですよね~♡

 

ちなみに、成長するっていうのは
前よりも自分らしく
ラクにふるまえるようになるということです。

そんな自分に誇りを持っていきましょう
\(^o^)/

 

追伸:
25日にNHKで
「いじめ」についての番組がありました。

番組では
いじめがうまれる背景として
顔の見えないSNSを挙げていました。

人を傷付けるのも言葉
人を癒やすのも言葉です。

まずは自分自身に
嬉しくなる言葉をかけたいですね 😀 

 

「楽しい未来」に続きます。

 

合わせて読みたい記事:
ぐるぐる思考の対処法

 

今週のテーマのブログです
思春期の罠ツライ「ぐるぐる思考」から抜け出そう!
ぐるぐる思考から抜け出すステップその1
ぐるぐる思考から抜け出すステップその2
ぐるぐる思考から抜け出すステップその3

ぐるぐる思考から自分らしい楽しい未来にシフトしよう!

 

 

生きる力が育つ無料LINEメルマガのご登録はこちらからどうぞ!

今なら「プレゼント」とコメントするだけで『親子関係がびっくりするほど改善する!ラクラクコミュニケーション』PDFが届きます♪

 

身体・心・頭のブレーキを外し、90日で不登校さえ解決する「思春期の子どもと最幸家族になる講座」お子さんの「やる気」の育て方もわかります♪

10年後も感謝されて求められる専門性の高いコーチになる!「思春期コーチ™養成講座」も募集中です!

PAGE TOP
MENU