MENU

ネガティブな言葉も子どもからのメッセージ・・というお話

Pocket

ネガティブなことばかり言ってると
言ってる人も周りも
だんだん嫌な気分になってしまいます:-( 

 

子どもにはもっと
イキイキしてもらいたいなあと

思うあまりに

子どものネガティブな言葉を
すぐに否定したくなるところですが・・

実は、言葉に意識を向けるよりも
まずは、その時のお子さんの気持に
目を向けてみるのがオススメです!

 

ネガティブな話をしている時の
お子さんの気持ってどんなかんじでしょう?

 

「今自分のまわりには
ネガティブな状況があるのを伝えたい」
のかも知れません。

「自分がしんどいということを
分かってもらいたい」
というのもありそうです 😉 

 

そんな気持ちでいるところに
かつての私みたいに
いきなりバサっと

『ネガティブなことばかり
言ってるとよくないよ』

『いいところだってあるんじゃない?』

と言われたら

思わず
『違うんだけど 👿 』と
言いたくなりそうですね
(^^)>

 

バッサっと
今の自分を否定されてしまったら
とにかく反発したくなりますよね。

そうなると
相手の言葉の真意を受け取るよりも

反発が先立ってしまいます。

 

せっかく、もっといい方法を
良かれと思って伝えたくても
子どもの方が受け取れない状態に
なってしまうんです。

もったいないですね~

 

家族とコミュニケーションする時には

「いつも愛情からだとわかるはず」

そんな前提から
大事なステップをぬかしてしまうことって
ありませんか?

私はしょっちゅうありました
(♯´□`♯)ゝ

 

私が子どものネガティブ言葉を
勝手に言い換えてしまってたのは

「自分がもっといい言葉を知ってるから
それを教えたい」

そんな気持の表現でした。

 

でも、先にメッセージを送ってきたのは
子どもなんですよね。

そのメッセージの中身も読まずに
「この封筒の色は良くない。
気分が滅入る」と
勝手に話題を変えてしまってたんでした。

 

せっかく送ってきたメッセージ

まずはその中身を読んで
それについてお返事をしてからだと
「この封筒の色はね・・・」と
話題にすることもできそうです。

 

「でも、ネガティブな話をしても
大丈夫なのかしら?

もっとネガティブにならないのか心配・・』

 

はい、気になるところですが
実は大丈夫なんです!

 

ネガティブな気持も
その子の大事な感情です。

そして感情には目的が必ずあるんです。

 

ネガティブな感情でも
その目的は、本人にとって
必ず役立つことなんです。

まずはそれを見つけることで
感情をそちらに向けて流すことも
できるようになります
(^^)b

 

反対に、かつての私のように
ネガティブを否定して

無理にポジティブにすり替えたり
いつまでもネガティブ感情を
見ないようにしていると
お互いの間でバトルになってしまいます。

そうなると
もともとのネガティブ感情自体に
目を向けることができないままです。

もとのネガティブ感情は
ほったらかしされたままになり
溜まり続けてしまいます 😯 

 

お子さんが
ネガティブな言葉を繰り返す時には

そこに流れて行かない思いが
溜まっていそうです。

 

ネガティブ感情に目を向ける

ちょっと怖い気もしますが
実はやってみると
驚くほどスッキリいたします
(^^)

 

「やめて欲しいときこそ」に続きますね

 

追伸:
今日はセッションの後
お子さんと一緒に
神楽坂のお店に
ラーメンを食べに行きました。
「おいしい!」と
スープも全部飲み干してくれたので
私まで嬉しくなりました 🙂

 

今週のテーマのブログです
子どものネガティブをなんとかしたい!と思った時には

ネガティブをやめて欲しい!と思っているときこそ、やってみるといいこと
ネガティブで動けない状態から、子どもを抜け出させる方法
子どもがネガティブになっている時こそ、「乗り越え力」を育てよう!
ネガティブな子どもが、自分からネガティブとおさらばしちゃう言葉がけ

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く無料メルマガのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことをお気軽にこちらから教えてください