Pocket

おはようございます。
アメリカの脳神経学者の本を読みおえました。
若くして脳卒中になって
そこから8年かけて回復したという
驚きに満ちた女性のお話しです。

 

 

さて、こちらは
中学生女子についてのお話しです。

 

中学生女子のお悩みの一番は
友達関係についてです。

女子の友達関係が複雑になるのは
女子がグループで群れたがったり
その中での同調圧力が強いから
ということもありますね。

女子の中には意識的、無意識的に
同調圧力をかけてしまうタイプの子が
男子より多くいますね。
(大人でもまれに・・・ 🙄 )

 

「みんなと同じで安心」したくても
誰でも「自分らしさ」がありますから
「みんなと全てが同じ」とは行きません。
同調圧力が強すぎたら
結局息苦しくなって
安心安全ではなくなってしまいます。

 

もしお子さんがそういう状態で困っていたら
具体的に「何に困っていて」
「それにどう感じているのか」
をしっかり聞いた後に
「本当はどうだったらいいのか」
について、子どもが自分でわかるように
言葉にするのを手伝ってあげてみてください。

 

ついグループに忠実であることに
意識が行き過ぎていて
「自分はどうなりたいのか」を
見失っていることがあります。

[選ばれる]ことに一生懸命で
自分も[選ぶ人]であることを
見失ってしまってはいませんか。

 

そのグループに居て
そのやりかたを続けないとダメなんだ、
と思い込んでしまっていることがあります。

「仲間と一緒」でいるために
大事な「自分らしさ」を見失ってしまっては
苦しくなってしまいます。

 

「本当は自分はこうしたい」を
確認することで
現状への関わり方を見つけていくことが
できるようになってきます。

 

困ったときには一度
「現実」と思っているものを手放して
「本当は自分はこうしたい]
から考えていくということを
是非身に着けていってほしいものです。

特に女子は[現状に適応すること]や
「周りの人に気を使うこと」を
良しとしてしまうことが多いので
この考え方ができるようになると
大人になってもずっと楽になってきます。

 

ゴールは[自分はこうしたい]に置いて
少しでもそちらに向かっていくために
今どんな行動を取れるかな

周りの人とも無駄にぶつからずに
自分の[こうしたい]を作っていくためには?

と考えていくことが大事です。

 

現状を「少し変える」ことを目標にして
簡単にあきらめないで
やれることを見つけてやっていきましょう。

少しでも現実に働きかけることを体験することで
自分の自信も育ってきます。

 

それから思春期にはまだ
自分のことを長い時間の流れの中で見ることや
他の場を作る、ということを
思いつかないことがあります。

どうしても大人よりも
[今]がずっと続くように思えます。

この一学期、一年がものすごく長く感じるのです。

クラスや部活、塾、習い事などで
一緒になるメンバーはたいてい自分で選べません。

大人であれば、”場”が一緒でも
その人ごとに距離を作って付き合うことも
できるようになってきますが
中学生の”場”による友達は
大人ほど自由に距離を作れないこともあるでしょう。

そんな時には
もう少し長い時間の流れを考えてみると
クラスや塾などは、ある一定の時間で
メンバーが変わることに気づきます。

”場”が変わるまでの間をどう過ごすか
と考えると楽になることもあります。

 

他の場があることや、作ることで
今苦しいことだけでないことも見えてきます。

煮詰まった時にこそ
色々な視点から考えてみることを
覚えてることが大事です。

また、一人で抱え込まないで
信頼できる人に相談するということも
選べるようになると
ずっとこの先も楽になってきます。

 

是非プロにもご相談くださいませ (^^)
お母さんの人間関係についてもOKです

お問い合わせ

 

追伸:
右脳と左脳の話など
世にも不思議な体験が語られています。
ご興味のある方は是非ご覧ください。

ジル・ボルト・テイラー博士のスピーチはこちら
(TEDのスピーチに飛びます)
本はこちら(アマゾンに飛びます)
ジル・ボルト・テイラー

 

今週のテーマのブログです
中学生女子の育て方
お母さんから声をかけてね
「選ぶ」「選ばれる」密な友人関係

感情とのつきあい方

女同士でも別の人

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい