ブログ

子どもを伸ばす話の聞き方


こんばんは。
日本海側の酒田市にやってきました。
お正月はこちらで過ごします (^o^)

聞く

 

さて、思春期の子どもとの関わり方の
「傾聴型」についてのお話です。

 

「傾聴型」は
「子どもの話を聞きましょう」ということで
ひたすら子どもの話に耳を傾けていく、
というパターンです。

子どもの話をじっくり聞かずに
あれこれ指示をだす「指示型」や
子どもが話をしようとしても
『あなたの好きでいいわよ』の
「放任型」とも違うタイプですね。

 

子どもが自分の気持ちを
言葉にすることが得意で
自分なりに話しているうちに
自分の考えが整理されたり
気持ちがスッキリしてくるようなタイプなら
「傾聴」してもらうことで
前にすすめるようになることが有ると思います。

 

困ったなただ、自分の気持や考えを
うまく言葉にするのが得意ではない子や
誰かに考えを整理するのを
手伝って欲しい時
今すぐ課題を解決したい時には
ただ子どもが話してくるのをそのまま聴く、
という態度では不十分なこともあります。

 

子どもの話を、子どもに合わせて
ひたすら聞いていくには
時間がとてもかかることが多いでしょう。

この「傾聴型」で頑張っても
その掛かる手間に対して
子どもの「選択する力」が
どう成長していくのか、は
わからないのです。

子どものタイプや能力に
大きく依ってしまうところだと思います。

 

もう一つの、子どもの話を聞く関わり方は
「対話型」です。

「対話型」も子どもの話を
しっかり聴くのですが
大人はただ聴くばかりではなくて
大人も必要な事を話していきます。

子どもが自分の思いや考えを
うまく言葉にできるように
必要ならば

大人の方から話しかけて
始まることもあります。

女性の会話そして、大人が子どもの言葉を聞いた上で
質問をしたりして
さらに子どもの話を発展させていく

という関わり方です。

 

主に話をしていくのは子どもで
自分の思いや考えについてなのですが
大人はそれを上手に引き出すように
質問などで方向付けをしていきます。

 

この「対話型」だと
子どもは自分ひとりでは気づけなかった
自分の気持や考えに気づくことができるようになります。

それによって自分が
本当は何をめざしているのか、や
何を大切にしているのか、が
わかるようになってきます。

 

時には自分では思いつかなかった
様々な選択肢を大人が教えることもあります。

『これは私の意見だけど』、と
大人の意見も必要に応じて
しっかり伝えることもあります。

 

自分のことがよくわかっていき
様々な選択肢や意見があることもわかるので
大事な選択をする時にも
どうやって選んでいけば良いのか、が
立体的にわかってくるようになります。

 

女友達コーチというのは
この「対話型」コミュニケーションのプロです
(^o^)

 

プロコーチとまでは行かなくても
身近な大人が子どもと
対話型コミュニケーションをすることで
子どもの「選択する力」
つまり「生きる力」を大きく伸ばしていくことが
できるようになっていきます。

 

追伸:
酒田は思ったよりもまだ寒くないようです。
雪も全くありません。
でもお正月頃には降るかしら

 

驚きのセルフケア「リセット」を学んでみませんか

 

今週のテーマのブログです
No.1 思春期の子どもとの関わり方に迷います
No.2 つい心配で口出しをする
No.3 思春期はもう大人だから?
No.4 子どもにどう関わったら良いのかわからない

No.6 子どもの気づきを生み出すコミュニケーション

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください。

PAGETOP