こんにちは。
朝のドラマを見ていたら
泣けてきました。
最初は登場人物に感情移入
しているからだなーと思っていました。

 

 

考える母さて、自分の「期待」が無意識の
深いところからの司令だったら
その”思い込み”が今も大切かどうかを
見てみましょう、というお話です。

 

一番表面で起きていることは
自分でわかっても、
無意識からの司令が

本当は何を大切にしようとしているのか
ということはわかりにくい場合が多いですね。

 

そんな時には
「その期待を手放した時に
 どんな困ったことが起こりそうか」
を、浮かんでくるイメージを頼りに
無意識の中に潜ってみることです。

そうすることで、無意識からの司令が
何を恐れているからなのか、
自分をどのように守るために
出されているのか、がわかってきます。

 

なんでもやってみるのが一番なので
やりやすいように
”思い込みチェックシート”を
無料ですぐにダウンロードして
使えるように
作ってみました。

 

先を見る”思い込みチェックシート その1”の
ダウンロードはこちらからどうぞ

 

使い方は簡単です。

今日のシートは、子どもへの「期待」を
手放すための質問と答えを書いていきます。

何度か繰り返して、自分を守る”思い込み”
が見つかるまで続けます。
自分を守る”思い込み”は
自分の感情が出てくるところです。
「~するのが怖い」
「~すると悲しい」

一度感情がでてきても、さらに
質問をしていくともっと深いものが
出てくることもあります。

深い思い込みが見つかった時には
ご自分で「ああ、これだ」とわかります。

2,3回の質問で見つかる時も
深いところに埋め込まれていて
10回で見つかる時もあります。
この部分は、別の紙に書いていくと
良いと思います。

 

そして次には、
そこで見つかった”思い込み”を

今でも持っていたほうが良いかどうかを
考えてみます。

リクエストの手その恐れや悲しみがわかないようにする
他の方法があれば
それを書いてみます。
(昨日の例だと、「孫から伝える」です)

あとは順番にシートに書いていきましょう。

 

思い込みは、
本当にもういらない!と思えば手放せます。

時々ちょっと怖いとか、腰が引けるなどの
反応が浮かんでくる時もありますが
「大丈夫、もういらない。
 反応が残っているだけ」と
思っていれば、その反応も消えていきます。

 

今は不要になった思い込みは
気がついたら手放していきましょう。

自分も、家族も楽に自由に
幸せになっていきます。

 

追伸:
泣きそうになったのは
自分の悲しみが反応したからです。
私は「大好きな人と別れる」ことに
反応していました。
イメージが浮かんできたのは
亡くなった祖父母や母と
もう会えない悲しみでした。
自分ではもう大丈夫と思っていましたが
十分に悲しみきってなかったようです。

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい