MENU

「叱って伸ばす子育て」はいかがでしょう?思春期に生きる力を育てよう

Pocket

『叱って伸ばす子育てはいかがでしょう?』

そんなことを言われたら
「え、そんなのあるの?」と
驚かれるかも知れません。

そうですよね~

「叱らないで褒めて育てましょう」
そんなメッセージが多いですもんね。

 

もちろん子どもの長所や
頑張っている姿など
お母さんが『嬉しい!』時には
子どもにそれを伝えるのは
とっても大事ですよね。

「自分のことをちゃんと見てくれてる」

そう思えたら
子どもだって嬉しいです 😳 

ちゃんと注意を払ってもらってる、
愛されている自分としての
自信にもなりますね。

 

また一方で
「思春期の子どもを叱る」のもけっこう大変です。

子どもだって思春期にもなれば
失敗に触れられたら
屁理屈の山をこねてきたり
言い返し攻撃だってありますよね。

それがめんどくさ過ぎるので
叱りたくないこともありますね。

 

でも、「子どもを叱る」ということも
実はとっても大事な大人のお仕事なんです。

子どもの生きる力を育てるには
「ちゃんと叱る」のは必要です。

 

確かに最近は
「褒める」ばかりに偏って
「叱る」のは悪いことにみたいな
風潮もありますよね。

そして、そんな風潮にのっかってしまって・・・

困ったことも起きてるようです 🙁 

 

つい最近の事件ですが
19歳の男性巡査が
同僚の巡査部長(41歳)を
”叱られたので”撃ったということがありました。

ご存知でしょうか?

 

実際に二人の間で
どんなやりとりがあったのかは
わかりませんが
「拳銃で撃つ」というのは
どう考えても過剰反応ですよね 😯 

 

それに、ここまで過激な行動にならなくても
最近のお仕事現場では

「若い人を叱りにくい」

そんな声もよく聞きます。

 

ミスを指摘すると
「親にも怒られたことがないのに 👿 」
と泣いたり
パワハラだと言い出したり

はたまたド~ント落ち込んで
翌日から出社しなかったり・・・

そんな若手が増えてるようです。

 

もしこんな変な反応をするのなら
上司や同僚だって
「多少のことは目をつぶる方がマシ」
だと思ってしまいますよね。

そうなると結局
誰にも教わることができなくなって
成長するチャンスもなくなります。

そしてある日、ついに周りが
目をつぶれないようなことを
しでかしてしまうかも知れません。

残念すぎますね
(T_T)

 

リアルな日常では
どんな人でもいくつになっても
何かしらの失敗はするものですよね。

それが誰かに影響したならば
叱られるのは避けられないでしょう。

 

どうしたって子どもは
この先の長い人生で
「叱られること」と何度も
向き合わずにはいられないですよね 🙁 

 

親としては誰だって
自分で撒いたタネだとしても
自分の子どもが他人から叱られたら
嫌な気分になりますね 😡 

でも、それで子ども自身が
キレたり引きこもってしまうのでは
もっと困ってしまいます 🙁 

 

どうせ失敗をするのなら
嫌なことも乗り越えて
自分の肥やしにするくらいに
なってほしいものですね。

 

ならば、そんな子どもの
「上手に叱られる力」を育てるには
どうすればいいでしょう?

 

ポイントは二つです。

一つ目は「叱られても
感情的にならずに

自分の失敗と向き合って成長する力」

2つ目は「怒られても過剰反応しない力」

 

この二つが思春期のうちに育てば
「叱られる力」もバッチリです!

 

「叱られる力」に続きますね 🙂 

 

おまけ:
愛犬が虫歯になりました。
獣医さんから改めて
歯磨き法を教わったんですが
プロはやっぱり違いました。
教わったコツでやってみたら
おとなしく磨かせてくれました 😯 
なあ~~んだ

 

今週のテーマのブログです
「叱られる力」は、社会に出る前の思春期のうちに育てよう
「叱られても成長する力」が育つ、一番の土台とは?
子どもの失敗を減らすための近道は?子どもを育てる叱り方のコツ
子どもの「失敗と向き合う力」を育てよう!叱る時の言葉の選び方のコツ
怒られても成長する!子どもの「叱られる力」を育ててみませんか

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

 

思春期の子どもについてのご質問
もっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください