ブログ

いつまで続く反抗期!思春期の子育てに疲れたら知っておくといいこと

Pocket

思春期の反抗期は扱いづらい

どう関わったらいいんでしょう?

 

今週はそんなお悩みから

* 思春期の反抗期は
自然な成長によるもの

* イマドキはその始まりが
どんどん早くなっている

* こじらせると長引くが
コツを押さえた関わり方
子どもが早くに自信を持つようになり
反抗期をすっと抜けられる

そんなことをお伝えしてきました 😀 

(今週のテーマのトップはこちらです)
(コツについてはこちらです

 

いかがだったでしょう

 

子どもが自立するまでに
反抗期は2回はやってきます。

そしてどちらも親の手がそれなりにかかります 🙄 

それは、もっと親から離れても
「自分は大丈夫!」となるために
その時期にこそ子どもが
親という存在を
ガッツリ求めてくるからです。
(詳しくはこちらです

 

でも、存在は絶対的に必要でも
親のペースで近づいて来ちゃうのはノーサンキュー

この扱いがキモですね (^_-)

 

そんなめんどくさい時期を
上手に抜けるには

とにかく目だけは離さずにいるけど
距離は親からは詰めないことが大事です。

 

基本、子どもがツンツンしてる時は
親はそれをほっておいてマイペース。

でも子どもを見てることや
認めていることは伝わるように
振り向いた時にはそこには居るし

寄ってきた時には受け止める。

 

それが「不器用ながらも
成長しようとしてるのを応援してる」
気持ちが伝わる早道です。

 

子どものタイミングを見て話しかける

先に子どもなりの意見を聞いてみる

時には自分で考えたやり方で失敗するのも許容する

 

日々の中ではそんなことに
ちょっと気をつけてみると

ぐんと「反抗する必要」が減っていきます
(^^)

 

なるほど~
確かに自分が反抗期の頃は
そうしてもらったら嬉しかったかも 😀 

でもなんか
子どものペースに付き合うのって
大変そうです~ 🙁 

 

そうですよね、誰でも
「自分じゃない物にペースを合わせる」
のは大変です。

 

ただ、この思春期の反抗期って
子どもが一人の人間として
「自分のペース」を作ろうとしている時期なんです。

一度それをこの数年間で
不器用ながらもやってみることで
「自分のペースを作れる子」になるんです。

 

そして、この時期の子どもは
なんでもやることが極端です。

時には自分のペースを作ろうと
振り切れそうになることもありますから
親が目を外さずに見守っていることは
そういう意味でも必要ですね (^_-)

例えば
危険すぎるものを試そうとしたり
自分や他人を傷つけそうになる時などは
頑として止めることも必要です。

 

親に離れて見守ってもらいながらも
「自分のペース」を作れるようになると
子どもはそれを土台に
「他人のペースも認めて協調できる」
ようにもなっていきます 🙂 

 

でもここで
「自分のペース」を否定され続けたりして
うまく作れなかった子は

「他人のペースに巻き込まれやすくなる」

「誰かのペースに依存したがるようになる」
または

「自分のペースを通すことにこだわり続ける」ことになってしまいます。

こんな風に反抗期がこじれるのはイヤですね 🙁 

 

確かに反抗期にはちょっと親の手がかかります。

でもこの時期を丁寧に過ごすと
反抗期が早く終わるだけでなく
子どもが自分でペースを作れるようになります。

自律して生きる力が育ちます。

 

『いつまで続くの?反抗期』
『反発に疲れるわ~』と
言いたくもなることもありますが

反抗期の理由と目的がわかると
扱いのコツも見えてきます 🙂 

 

「うちの子の反抗期が始まった!」

そんな時には
お子さんに近づいていって
アレコレ理解しようとしたり
細かく注意しようとするよりも

お子さんが自分なりに
頑張っているのが
よく見えるように
ちょっと離れたところから
関心を持って見守ってみるのがオススメです
(^^)/

 

♡♡追伸♡♡
水枕を買いました。
熱が出た時に使うタイプではなくて
半透明の涼し気な薄い枕です。
ひんやり冷たいので
ぐっすり快眠できてます。
日中は愛犬がお昼寝枕に使ってます 🙂 

 

次週のテーマは「いじめ」です

 

今週のテーマのブログです
思春期に「反抗期」になるのはなぜでしょう?こじらせない関わり方は?
思春期が「反抗期」になってしまう、3つの大きな理由とは⁉
思春期の「反抗期」をこじらせない!親の接し方で大きく変わる?!
イマドキは小学生で思春期の反抗期が始まっている⁉その理由と対策は?
反抗は「ほっとく」のがコツ?放任主義とは何が違うの?

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください 

PAGETOP