MENU

イマドキは小学生で思春期の反抗期が始まってる?!その理由と対策は?

Pocket

小学生で思春期の反抗期『思春期は中学生からだから
小学生のうちはまだ安心』

そうおっしゃる方も
いらっしゃいますが

実はイマドキの思春期・反抗期は
どんどん始まりが早くなってるんです 😯 

 

それを知らなかったばっかりに
子どもへの関わり方を間違って
早くから反抗期をこじらせてしまった事例も増えてます。

 

確かに「思春期」が始まるサインの
性ホルモンの分泌は
10歳前後で始まります。

でも、以前は「反抗期」の始まりは
中学生になってからがほとんどでした。

 

小学校から中学校に進学すると
学校生活が小学校の時とは一変します。

勉強は難しくなるし、内申など
将来のことを考えるようとも言われます。

そんな刺激をたくさん受けて
「自分とはどんな人間なんだろう」
と考え出すようになり
急速に親との距離をとろうとし始めて
反抗期が始まる・・

そんなパターンが多かったんです。

 

ところがイマドキでは
「反抗期」も小学校のうちから
始まることが多くなっているようです 😯 

 

なぜそうなっているんでしょう?

 

その理由は、小学生でも
Youtubeなどからネットで情報を
バンバン見る子が増えてきたからです。

 

今の小学生の「なりたい職業NO.1」は
Youtuberです。

彼らが発信している情報は
実に多種多様なジャンルです。

イマドキの小学生は動画を見て
5年前の小学生なら
絶対に知らなかった言葉を
既にたくさん知っています。

 

この数年間で驚くほど
小学生の文化が変わりました。

その影響を与えたのは
動画の普及だと言っても良さそうです。

 

そんなイマドキの小学生は
「親や先生の知らないことも
自分はたくさん知っている」のを知ってます。

つまり、親だから
自分より物知りでもないし
「正しい」わけでもないと
早くから思うようになるんです。

 

ところが親の方は
「小学生はこんなもの」という
古いイメージもありますし

「自分のほうが圧倒的に世間を知ってる」
とも思ってるので
ついつい上から目線で
小学生の子に接してしまいます。

そのすれ違いで
既に始まっている反抗期を
こじらせてしまうことがあるようです
(゚д゚)!

 

もちろん
いくらYoutubeをたくさん見ても
社会の仕組みを詳しく理解したり
思考能力が急に上がるわけではないですよね。

子どもの知識は穴だらけです。

 

でも、子どもの方は
親の知らない単語や情報を知ってることで
「自分はもう大人と変わらない」と
思ってしまうことも多いんです 😯 

それで小学生のうちから
親や先生の価値観、考えを否定して
反抗期に入ってしまう子が増えてます。

 

この現象は最近のことなので
早く反抗期に入った子どもたちが
どのように反抗期を卒業していくのかは
まだ多くのデータがありません。

 

ただ、これからの子どもたちが
小学生のうちから色々な情報を
大量に知ってしまうことを
避けることはできないでしょう。

 

親の方も「小学生」のイメージと
接し方を変えていく必要がありそうです。

 

そんなイマドキの思春期の子どもの
反抗期をこじらせないためには
どんなことに注意が必要でしょうか?

 

子どもが小学生のうちから
もう思春期が始まった
扱っていくのがオススメです。

 

これからは、子どもが10歳頃になったら
昨日のブログのお話のように

「子ども扱い」を手放して
「自立しようとしている存在」だと認めて
伝えていくのが必要になっていくでしょう。

大事なことを話す時にも
『~~しなさい』だけでなく
「なぜそれが大事なのか」から
伝えることも重要です。

 

イマドキの子はネットで
何でもサクッと調べます。

親の言ってることもすぐにチェックします。

 

「親だから正しい」

「親の言うことは間違いない」

そんな「立派な親」で居ようとするよりも

 

「親でも知らないことはある

でも社会人の大先輩だし、親は親」

そんなしなやかな親像に
シフトするのが良さそうです
(^^)/

 

「ほっとくのと放任主義」に続きます

 

♡♡追伸♡♡
今日は「10代の子どもと最幸家族になる講座」の7日目でした。
参加者さん同士も仲良しで
ランチタイムも楽しいです
(*´ڡ`●)

 

今週のテーマのブログです
思春期に「反抗期」になるのはなぜでしょう?こじらせない関わり方は?
思春期が「反抗期」になってしまう、3つの大きな理由とは⁉
思春期の「反抗期」をこじらせない!親の接し方で大きく変わる?!

反抗期は「ほっとく」のがコツ?放任主義とは何が違うの?
いつまで続く反抗期!思春期の反抗期に疲れたら知っておくといいこと

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く無料メルマガのご登録はこちらからLINE版はこちらかどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

最幸家族講座ではあなたのお子さんの生きる力の育て方をたっぷりお届けしています。

「思春期の生きる力コーチ養成講座」も募集中です!