MENU

『どうすれば学校に行くんだろう』ばかりで頭が一杯になってしまうと

Pocket

お子さんから
『学校を休みたい』
なんて言われたら
びっくりしますよね。

そんな時にはぜひ
お母さん・お父さんが深呼吸して
落ち着くことから始めてくださいね。

 

ゆっくり深呼吸することで
不安に飲み込まれてしまわなくなります
(^^)b

 

ここで不安に飲み込まれちゃうと

頭の中が

『どうすれば行けるようになるのか』

に、占領されてしまうこともあるんです。

 

そうなると
自分がすること =

「学校に行かせること」ばかりに
意識が向いてしまいます。

 

子どもを説得しようとしたり

ご褒美で動かそうとしたり

罰で脅かしたり怖がらせたり・・・

 

とにかく子どもを登校するように
動かそうとするようになってしまうんです
(゚д゚)

 

基本、お子さんが
『学校を休みたい』という時には
「休みたい」がメッセージです。

理由はともあれ
「休みたい」と伝えているんです。

 

そこを受け取ることを忘れてしまって
「動かそうとする」のでは
お子さんの求めていることとは違いますね

最初からコミュニケーションが
すれ違ってしまいます 🙁 

 

そうなると
それだけでお子さんは
「自分の言ってることを
わかろうとしてくれない」と感じてしまいます。

反発が先立って
状況を良くするために話すことさえ
できなくなってしまいますね 🙁 

 

もし、お子さんに悩みがあるなら
さらに孤独を感じてしまうかもしれません。

せっかく「助けてサイン」を出してるのに
残念なことになってしまいます
(><)

 

ここはお子さんの様子を
まずニュートラルに観察して
「休みが必要なのかどうか」を
見てあげるタイミングです。

身体の不調の場合と同じように
見極めてあげてくださいね。

そして、その後の様子も
観察し続けてみるのがオススメです
(^^)/

 

また、しばらく休んでも
お子さんの状態が変わらないような場合には
とにかく早めに
専門家に相談するのがオススメです。

 

この時に
『どうすれば学校に行くのか』で
頭が一杯になってしまっていると

手近な情報をアレコレ集めては
すぐにお子さんを登校させようと
必死になってしまうことがあります。

人は不安が強いときほど
すぐに劇的な結果が欲しくなるものですよね 🙁 

 

それで、身近な人のアイデアを
聞いてはなんでもやってみて
お子さんが動かなければ次のアイデアを、と
次から次へと
お子さんに色々な刺激を与えてしまうんです。

 

お子さんがなかなか登校できない時には
「休みたい」のが強い時です。

そんな時に強い刺激を連続することで
それだけでお子さんの状態が
悪化してしまうこともあります。

ぜひ、不安になった時こそ
早めに専門家に
しっかり相談してくださいね~

 

「一番始めにすること」に続きます。

 

追伸:
「不安」も行動のための感情エネルギーです。
かなり強いエネルギーなだけに
「何を目的に」「どう行動するのか」で
現実が大きく違ってきます。

 

今週のテーマのブログです
思春期の子どもが学校を休みたがる時に、ついやってしまいがちなことは
『学校を休みたい』だけしか言わない子どもに起きていること
なぜ『なんで学校に行けないの?』と問い続けるとマズイのか
「とにかく学校に行かせないと!」だと、見落としてしまうもの

「学校を休みたい」と子どもが言う時に一番始めにすることは

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く無料メルマガのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことをお気軽にこちらから教えてください