MENU

「学校を休みたい」と子どもが言う時に一番始めにすることは

Pocket

思春期の子どもが学校を休みたがる時
お母さん・お父さんなら
びっくりして心配するのは
アタリマエですね。

ただ、そういう時こそ
その不安に
絡め取られないことが大事です

(^^)/

 

不安・心配という感情は
とても強いエネルギーです。

人を
『どうしよう!すぐに何とかしなくちゃ!』
という気持ちにさせるんです。

 

ただ、この時に
「原因探し」と「すること」に
気持ちが集中しすぎてしまうと
マズイことが起こるのは
今週のブログで
ご紹介させていただいたとおりです
<(><)>

 

では、どうしたら?

 

はい、まず一番始めにすることは
「何が起きているのか」を
しっかり見極めることです。

 

「理由」や「原因」という
過去の出来事を知るよりも

「今のお子さんの状態」を
見極めることが一番です
(^^)b

 

お子さんの身体の状態

心で感じてること

頭で考えていること

 

それらを見ていくと
わかっていることと
わからないことも見えてきます。

 

ここで、お子さんに聞いても
お母さん・お父さんが
わからないことがある時には
サクッと専門家に聞いてみましょう。

 

そうやっていくと
「どうなりたい」が
具体的に決まるので

「どうすればいいのか」も
おのずと決まります。

 

大まかな流れは
身体の不調の時と同じです。

気持ちと考え、という
測れない、目に見えづらいものが
より影響しているだけなんです
(^_-)

 

身体の健康

心の健康

頭の健康

それが整えばいいだけです。

 

思春期には身体と心と頭が
バラバラのスピードで成長します。

そのために
時々調整することが
必要になることもあります。

 

「恥ずかしいこと」や
「大変なこと」だと思わずに
しっかり取り組めば大丈夫です。

 

ここで慌てることで
かえって状況をこじらせてしまって

「自分はダメなんだ」という
間違った思い込みを
子どもが持ってしまうことこそ
一番避けたいものです!

 

思春期の子どもは
バランスを崩すことがあっても
まだまだとても柔軟です。

生きる力にいい刺激があれば
びっくりするくらい成長します。

その力を信じて
みんなで育てていきましょう
\(^o^)/

 

追伸:
今日はようやく時間を作って
前から行きたかった『人体展』に
ワクワクしながら行きました。
・・ところがなんと!!
月曜で休館!! 
(゚ロ゚屮)屮
一緒に行ってくれた友達と
ゆっくりランチしてきました 😉 

 

今週のテーマのブログです
思春期の子どもが学校を休みたがる時に、ついやってしまいがちなことは
『学校を休みたい』だけしか言わない子どもに起きていること
なぜ『なんで学校に行けないの?』と問い続けるとマズイのか
「とにかく学校に行かせないと!」だと、見落としてしまうもの
⑤ 「どうすれば学校に行くんだろう」ばかりで頭が一杯になってしまうと

 

次週は「友達の言葉で傷つきやすい子」です。

 

ただ今、期間限定
完全無料7日間メール講座
『ストレスなしの10代子育て』を公開中です。
こちらからどうぞ!

思春期の子どもについてのご質問
もっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください