MENU

友達の言葉で傷つきやすい子:思春期の生きる力コーチング

Pocket

『うちの子は繊細なのか

かなり傷つきやすいのが心配です 🙁 

友達に何かを言われたと
しょっちゅう凹んでしまうんです』

 

今週はそんなご相談をいただきました。

 

『人から嫌なことを言われたら
そりゃ~、凹むのはわかります。

 

でも、思春期の友達同士なんて
アレコレ言い合うこともありますよね。

言葉のきつい子だって
フツウにいると思うんです。

 

でも、うちの子は
色んな子から言われた言葉を
すぐに一人で気にしては
しばらくウジウジしてるんです。

 

もっと聞き流すとかして
うまく対応すればいいのにと
思うんですけど

元気を出すように言っても
なかなか変わりません。

すぐに
「どうせ私は心が弱いから」
なんて言うんですよ~

こんなんでは
もっと色々な人がいる
社会に出れるのかって
今から心配になってしまいます 🙁 』

 

そうですね~

たしかに、言葉って
言った方はそんな気がなくても
言われた方は
すごく気になることもありますね。

 

それに、思春期は多感なお年頃です。

いろいろな刺激に
心が揺れやすいですし

相手の言葉や自分の反応に
意味を過剰に
読み取ろうともしがちです。

それでかえって
悩みこんでしまうこともよくあります 🙄 

 

さらにこの時期は
特に友達から言われることが
気になりますしね。

 

思春期は
このお子さんのように
なりやすい時期かもしれません。

 

でも、誰かの言葉で
ずっと凹みっぱなしになるのでは
毎日が楽しくないですよね。

凹んでもちゃんと戻れる
しなやかさも育てたいですね。
(^_-)

 

こういう時に
まず最初に大事なのは

たとえ傷つきやすくても
自分に「心が弱い」と
レッテルを貼ってしまわないことです 😉 

レッテルを貼ってしまうと
ちょっと凹んだだけの時でも
「心が弱い」からと意味づけて
自分を責めてしまうからです。

そうなると自分で別の傷を
心につけてしまいます。

 

誰かの言葉で傷ついてから
なかなか立ち直れないのは
「心が弱い」からじゃなくて
感情との付き合い方が
まだ上手じゃないだけです 😉 

 

自分の「傷ついた気持ち」と
上手に付き合えるようになれば
凹み続けることも
ぐんと少なくなります~
(^^)b

 

「傷つかない強い心」に続きます

 

追伸:
東京は今日から梅雨入りだそうです。
久しぶりの雨で
けっこう寒いです。
注文していた夏用のラグが
さっき届いたんですが
なんだか取り替える気分に
ならずにそのままです
(´^ω^`)>

 

今週のテーマのブログです
「傷つかない強い心」を手に入れようとしていませんか?
傷ついても立ち直れる、しなやかな心を手に入れる一番最初のステップ
傷ついた心に刺さっているトゲを全部抜いてしまう方法
傷ついた心の奥にある本当の気持に気づいたらやってみること
傷ついた時こそ心のしなやかさを育てよう!思春期の生きる力コーチング

 

ただ今、期間限定
完全無料7日間メール講座
『ストレスなしの10代子育て』を公開中です。
こちらからどうぞ!

思春期の子どもについてのご質問
もっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください