ブログ

思春期の子どもが学校を休みたがる時に、ついやってしまいがちなことは

Pocket

『子どもが最近
学校を休みたがるんです 😯 』

今ころの時期には、毎年
そんなご相談をいただきます。

 

「不登校」があちこちで話題になっています。

 

『学校を休みたいな~』

もしお子さんから
そんな言葉を聞いたりしたら
ドキドキッとしちゃいますよね。

 

『ここで休ませてしまったら
このまま不登校にならないかな

どうしよう~  (-_-;*)』

そんな言葉が
グルグルしちゃうかもしれません。

 

心配するのは
かわいい我が子のことですもの
当然ですよね。

 

ただ、あまりに
『学校に行けなくなると大変!』
と、お母さん・お父さんが
浮足立ってしまうのにはご用心です。

 

心配しすぎになると

『なんで行けないんだろう』

『どうしたら行くんだろう』

お母さん・お父さんの頭の中が
そんな言葉で
いっぱいになってしまうんです。

 

そうなると
その言葉に追い立てられて
このタイミングでは
やらないほうがいい関わりを
お子さんにしてしまうことも起こりえます 😯 

 

実は今までのご相談でも

そんな風に
お母さん・お父さんの
不安が先立った関わりから

お子さんの状態が
こじれてしまっていた・・

という事例も
残念ながら、少なくはないんです

(T_T)

 

もちろん、誰もが
そんな状態を望んでいませんよね。

でも
「こんな時にはどうしたらいいのか」
「してはNGなこと」
がわからないままだと
不安がどんどん増大してしまって
そんな結果になってしまうことも
あるんです。

残念ながら
思春期の子育てのコツを

具体的に得られるチャンスが
まだまだ少ないからですね 🙁 

 

実際のところ
『学校に行きたくないな』

お子さんがそんな言葉を言う時には
実に色々なケースがあります。

 

でも、どんな状態からでも
いつからでも

その子が今必要としているサポートさえあれば
お子さんはちゃんと元気を取り戻していきます。

それは今まで出会ってきた
多くのお子さんたちが
笑顔で教えてくれてることなんです
(^^)/

 

お子さんがいつもと違う時にこそ
お母さん・お父さんが

お子さんが今どんな状態なのかを
しっかり見定めて
必要なサポートを見つけることが
とてもとても大事です。

 

まずは
「今の状態を見極めよう!」

そんなことを思い出して
ゆっくり深呼吸などを
してみてくださいね
😉 

 

NGだと知っていることで
やらずに済むこともたくさんもあります。

まず明日からは
心配のあまりハマりがちな
パターンをご紹介いたしますね。

 

「学校を休みたいだけしか言わない」に続きます

 

追伸:
今日は『ファントムスレッド』
という映画を観てきました。
ちょっと怖くて
とっても深~い愛のお話。
オススメです \(^o^)/

 

今週のテーマのブログです
「学校を休みたい」だけしか言わない子どもに起きていることは?
なぜ「なんで学校に行けないの?」と問い続けるとマズイのか
「とにかく学校に行かせないと!」だと見落としてしまうこと
「どうすれば学校に行くんだろう」ばかりで頭が一杯になってしまうと
「学校を休みたい」と子どもが言う時に一番始めにすることは

 

ただ今、期間限定
完全無料7日間メール講座
『ストレスなしの10代子育て』を公開中です。
こちらからどうぞ!

思春期の子どもについてのご質問
もっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP