MENU

『学校を休みたい』だけしか言わない子どもに起きていることは?

Pocket

『学校を休みたい』

病気でも熱でもなさそうなのに
お子さんからそんなことを言われたら

『えっ、何があったの?』と
思わず理由を聞きたくなりますよね。

 

もしそれに対して
『実は・・・』と
お子さんが答えてくれるなら、
一緒にそれについて話せますね。

お母さん・お父さんに
気持ちをわかってもらったり
いいアイデアをもらえることで
お子さんが元気を取り戻せればバッチリです!

 

でも、ちょっと不思議なようですが
学校に行きたくない理由を
お子さんが話してくれない場合の方が
多いんです 😯 

 

それは

「まだ自分でなんとかしたいと思ってる。
ちょっと休んで考えたい」
場合もあれば

「とにかく今は休みたい」
場合もあります。

私達も疲れ過ぎの時には
「とにかく休みたい!」って
思うこともありますもんね 😉 

 

そして他にも

「起きたことや自分の気持を
 言葉でうまく説明できない」

「話すとかっこ悪いと思われる」

「親に心配かけたくない」

「親から怒られたくない」

なんていうのもあります。

 

素直に思ったままを話してくれる
小さい頃とは違ってくるのが
思春期の一つの特徴です。

 

これらの場合にはまず

『うまく話せなくても大丈夫。
どんなことがあっても味方だからね』

そんなメッセージをお子さんに
先に渡してみるのがオススメです 😉 

 

それですぐに話してくれなくても
お子さんがそれだけで元気になったり
あとから話しかけてくれた、なんて
事例もたくさんあります
(^^)

 

そして、その他に
意外なくらい多いのが

「お子さんにも理由がわかっていない」
というケースです。

 

今までたくさんの
「学校に行きづらい」お子さんに
お会いしてきましたが
本当におひとりおひとり
その理由は違っていました。

 

ざっと挙げるだけでも

① 友達との人間関係

② 先生との関係

③ クラスの雰囲気に馴染めない

④ 勉強が思い通りに行かない

⑤ 部活でのパフォーマンスが上がらない

⑥ 夜更かし生活からの体調悪化

⑦ 思春期の身体の変化に対するとまどい

⑧ 急激な身体の成長での体調不調

⑨ 身体・心・頭のバランスの崩れ

⑩ 忙しすぎたことでのガス欠

⑪ 家庭に不安がある

⑫ 自分や環境についての
  理想と現実のギャップ

などなどと
本当にたくさんの理由がありました。

 

そして、「その子の理由」は
これらの一つだけの場合もあるんですが
2つ以上が複雑に絡み合っていることが
圧倒的に多いんです。

 

自分が「学校に行きたくない」
ホントの理由について

思春期のお子さんが
ちゃんと気づいてわかってる・・

なんていう方が珍しいケースです。

 

『実は・・』と語ってくれる場合だと
まだ「問題」が起こり始めのことが多いです。

 

でも、頑張り屋さんのお子さんほど
最初の「問題」に自分だけで取り組もうとします。

でも、そこで一人で解決できないと

「解決できない自分」を責めたり
恥ずかしく思うようになり
エネルギーをもっと失っていく・・という
⑫にハマってしまいやすくなります。

ここが思春期のお子さんに関わる時に
もっとも注意すべき大事なポイントです!

 

「なんで学校に行けないの?」に続きます 🙂 

 

追伸:
映画を見た後で
自分なりにあれこれ味わったり
考えてみるんですが
その後で専門家の映画解説も見てみます。
また一段深い見方が見つかると
嬉しいです 🙂 

 

今週のテーマのブログです
思春期の子どもが学校を休みたがる時に、ついやってしまいがちなことは

なぜ「なんで学校に行けないの?」と問い続けるとマズイのか
「とにかく学校に行かせないと!」だと見落としてしまうこと
「どうすれば学校に行くんだろう」ばかりで頭が一杯になってしまうと
「学校を休みたい」と子どもが言う時に一番始めにすることは

 

 

生きる力が育つ無料LINEメルマガのご登録はこちらからどうぞ!

今なら「プレゼント」とコメントするだけで『親子関係がびっくりするほど改善する!ラクラクコミュニケーション』PDFが届きます♪

 

身体・心・頭のブレーキを外し、90日で不登校さえ解決する「思春期の子どもと最幸家族になる講座」お子さんの「やる気」の育て方もわかります♪

10年後も感謝されて求められる専門性の高いコーチになる!「思春期の生きる力コーチ養成講座」も募集中です!

PAGE TOP