ブログ

すぐに行動できない慎重派にはコーチングは向いてないのでは

Pocket

こんばんは。
今日は「思春期親子コミュニケーション
10日間講座」が無事終了しました!
参加してくださった方に心から感謝です
楽しかった~ (^o^)

 

さて、コーチングを知らない
お子さんからのご質問へのお答えです。

今日のご質問は
「私は慎重派なので
行動を決めてもすぐには動けません。
そんな人にコーチングは向いてないのでは?」
というものです 🙂

 

コーチングが日本に入ってきた時に
まずビジネス場面で使われたので
「目標を決めてそれを実現してく!
前に進むぞ~」みたいなイメージが
あるかもしれませんね

「行動あるのみ!」みたいな  😀 

 

確かにコーチングにも色々ありますが
私のコーチングは
「その子らしさ」第一です。

 

慎重な子は、慎重になるだけの
「その子の理由」があります。

それを大切にしながら
「その子が本当に望んでいるもの」に
向かって歩いていくのを応援します。

「行動しない」と
表面的に見えているものよりも
「その子なりにそうしている理由」
など、その子の中で起きていることを

丁寧にみていきます。

 

上手くできない時だってOK

上手くできたことからも
上手くできなかったことからも
何かを学んで次に活かすこともできます。

 

勇気を出せた時だって
出せなかった時だってOK

あなたはあなたでいいのです。

いつからだって、どこからだって大丈夫!

 

追伸:
講座の修了証をお渡しできました。
(もうお一人は発熱されたので
 補講でお渡しすることとなりました)
お二人とも思春期コーチ養成講座に進まれます☆

 

セルフケア「リセット」の体験会を開催します!

 

今週のテーマのブログです
コーチは何をする人ですか
コーチングを受けたらどうなりますか
コーチは「見ていないこと」でも解決できるんですか?
上手く話せないのでコーチングはムリじゃないですか

なぜ思春期の子どもにコーチングをしているのですか

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい

PAGETOP