ブログ

「思春期には必ず反抗期が必要」は本当なの?


おはようございます。
昨日はどしゃ降り大雨でしたが
頑張って
ヘナの髪染に行ってきました
(歩いて5分 😉 )

 

さて、「反抗期がない」についてのお話です。

 

身長や体つきも変わって
身体の変化は見えてきてる。

でも、他の子達のように
会話がとんがったり
「ムカつく」なんて言い始めない

親としてはありがたいけど
このままで大丈夫?

そんなお母さんが最近は多いようです。

 

そんな時には
「たいていは大丈夫!」と

言いたいところですが (^^)
しっかり安心していただくために
もう少し詳しくお話していきますね

 

まず、思春期の成長には
「反抗的態度」って必ずセット
でしょうか?

そんなところから見ていきましょう

 

では、思春期に「反抗期的態度」が
始まる仕組み?について
おさらいをしていきましょう 🙂

 

「反抗的態度」が
思春期に始まると言われているのは
子どもの自立に向けての成長が
思春期になると一段進むからですね。

 

思春期より前までの子どもは
身近な大人の考え方やふるまい方を
あまり疑わずにとりいれながら

自分の居場所でうまく生きる方法を学んでいます。

この時期には
自分が生まれた場所で
うまく生きていくことが第一の関心ごとです。

 

しかし、思春期になってくると
次の段階が自然に始まります。

「より広い社会でうまくやるには
自分はどうしたら良いだろう」
というのが
(意識していなくても)
子どもの関心事になります。

気になる人やものの範囲も広がって
家族だけでなく友だちや
他の人(ネット経由も)などとも
積極的につながって
うまくやる方法を探し始めます。

新しい人ともやりとりしながら
今までしてこなかったことを
試してみたりして
これからの社会で通用する
「自分の考え方・ふるまい方」を
作っていく時期です。

 

この新しい段階に入ろうとする時に
(それまでお世話になっていた 😎 )
今までの親との近すぎる関係性を
邪魔に感じることがあります。

そこで親との距離を広げようとして
「反抗的態度」になることがあるのです。

 

そして思春期の始まりの頃は
ホルモンバランスが乱れるので
感情的になりイライラしやすくなります。

それを発散するために
時には親に甘えて
ぶつけてくることもあります 😎

これはそうだとわかっていても
お母さんだって受け止めるのが大変なところですね

 

このように
距離をとろうとし始めても

まだ親を必要とすることも多々あります。

知らない人とのやりとりや
新しいことをすれば
ダメージを受けることもありますよね。

そういう時に一度戻って
元気を取り戻す場所は
やっぱり親のところです。

 

親を遠ざけたい時と近づきたい時が
混ざっているのが思春期です。

もちろん、子どもは
そんなことが自分に起こっているなんてわかりません。

また、その「わからなさ」に
自分でもとまどっていたりもします 😛 

ここは親のほうも
「思春期ってそういうもの」と
二回りくらい大きな気持でいられるように
距離をとって子どもを眺めてみるのがオススメです。

このように子どもは
親から離れて何かをしたり
時には戻ってきたりを繰り返しながら
だんだん遠くまで一人で
安全に行けるようになっていきます。

第一次反抗期の頃(3歳頃)と
とっても似てますね 😛 

 

そして最後には
自分一人でも安定的に
社会で生きていけるようになるのが自立です。

思春期は
ちょっとさみしくもありますが
こういう
親との切り離し作業を
徐々に進めていく時期なんですね (^^)

 

この切り離し作業は必ず必要でも
その強さもスピードや表れは

本当にその子その子で違います。

一人ひとりの資質と環境がみ~んな違うからです。

 

切り離しエネルギーが強い

感情エネルギーが強い

親との距離が近すぎる

 

様々な理由で
切り離し作業の不器用さ
失礼なかたち?で発揮されるのが
「反抗的態度」です。

 

ということは
その子なりの理由(資質と環境)によっては
「目立つ反抗的態度がない」
こともあるってことですね。

明日からは
「ない場合」の色々について
ご一緒に見てきましょう (^^)

 

追伸:
3時に出かけた時にはどしゃ降りで
数年ぶりにレインコートを着ました。
長靴もはきこんで、かなり大きな
てるてる坊主みたいでした  😯 

 

今週のテーマのブログです
No.1 反抗期がなくても安心できる3つの見分け方と関わり方

No.3 「親と違うのはアタリマエ」な子どもたち
No.4 「親に反対したいのにできない」3つの状態とは?
No.5 親にこだわりや不満がない子どもたち
No.6 子どもをいつまでも大事にし過ぎていませんか?

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP