ブログ

誰でもできる!キレる子に油を注がない必殺技


おはようございます。
昨日はマレーシアで子育て中の友人に
面白い話をたくさん聞かせてもらいました 😀 

 

さて、キレやすい子と
笑顔で話せるようになるお話です。

今日はいよいよ
子どもがキレている時の「心理的理由」に
子どもと一緒に注意を向けてみる場面です。

子どもに”理由”を尋ねてみましょう 😆 

 

子どもがキレてきた時には
一息深呼吸などしてみて
その場で落ち着いて対応できそうなら
そのまま関わります。

それが難しそうな時には
『後で話そうね』と伝えます。

 

そしてどちらの場合でも
『あなたはキレてる(キレてた)けど
そこには理由があるんだよね。
それを聞かせて』
と、その子のなりの
キレてる理由があることを認めてることを伝えます。

それは
「一緒にそれを解決していこう」という立場に立つことです 😀 

 

人が何かをする時には
自分で気づいていてもいなくても
そこにはその人なりの”理由”がありますよね。

その”理由”はモットモなことも
大きな勘違いのこともあります 😉 

 

でも、どちらにしてもその時には
その人にとっては大事な”理由”です。

内容よりも、自分にも
”理由”や”言い分”があることを
否定されることはつらいものです。

自分の存在を否定されたように感じますから。

私たちにもきっと子どもの頃に
「本当の気持」を聞いてもらえずに
頭ごなしに叱らせて
とても悔しかった、悲しかった思い出が
ひとつならずありますよね 🙁 

 

この時の言葉がけのポイントは

「なんでキレてるの?」
「何が気に入らないの?」はなく
(責められてる感じしますよね 😉 

「何について怒っているの?」と
「本当はそれがどうだったらいいの?」という言葉です。

 

自分 vs キレてる子ども

ではなく

自分+子ども  vs  怒ってる理由

にしていきます。

 

そうなると子どもにとって
目の前の人は

一緒に解決しようとしてくれてる仲間です。

戦おうをしても
自分が責められなくなっちゃえば
そのまま攻撃し続けるのは難しくなります。

自分を助けてくれようとしている仲間を
攻撃し続けるのは難しいことですよね 😉 

 

最初はキレてる”理由”尋ねても
本当の理由にたどり着けないこともあるでしょう。

その時は深追いせずに
「わかったら教えてね」と伝えておけばOKです。

 

そう問われれば
たとえわずかでも必ず

本人がそのあと一人でも考えようとします。

もう思春期になった子はどんな子でも
そういう力があるのです。

子どもの答えは返ってきても来なくても構いません。

そういう関わりを何度も繰り返してきましょう。

自分のキレる理由を意識するようになっていきます。

 

もし親への不満がでてきたら?

 

とりあえず最後まで聞き切りましょう。

ここではハラがたっても
何も言い返さない」ことがポイントです。

とにかく全部言いたいことを言わせてから

『わかった。
それはね・・・』と

こちらの言い分を伝えます。

 

この時に自分が
冷静に対応できないと思ったら
聞くだけ聞いて

『わかった。私も考える。
あとで伝えるね』と
仕切り直しにいたしましょうね 😉 

 

人は誰でも腹が立っている時には
理性的ではいられません。

さっさと撤退して
でも必ず後から続けることが大事です。

そうやって何度仕切り直しても
大事な課題については
話し合いを続ければ良いのです。

 

それは
「キレずに話し合う」ということを
やって見せることになります。

私がやるようにやってごらん。

生き物の子育ての原型ですね 😀 

 

キレやすいのは
キレるのが習慣になっているだけです。

感情がわいたらそのまま反応することが
癖になっているのです。

その習慣とおさらばして
「本当に言いたいことを言葉にする」
を新しい習慣にすればいいだけです。

 

今の習慣を捨てて
新しい習慣を作るまでには
ちょっとした練習が必要です。

でも、それをしばし手伝ってあげれば
必ず新しい習慣は身につきます。

 

一度新しい習慣さえできれば
残り少ない子どもとの日々を

笑顔で楽しく過ごせるし
安心して自立した子どもを手放せます
(^^)/

 

より詳しい練習方法を知りたい方は
お問い合わせくださいね。

 

追伸:
マレーシアの学校では
子どもの学力と人間力を
伸ばす仕組みが色々あるようです。
他の国の良いところはパクりとりいれたいですね~

 

今週のテーマのブログです
No.1 「キレやすい子」とあきれめないで!子どもに笑顔をとりもどす方法
No.2 鉄則!キレる子どもにはワンランク上の対応で
No.3 ワガママだからとあきらめないで!キレる子が安心する時
No.4 見直そう!キレやすい身体を作っていませんか?

No.6 ご存知ですか?「キレる子こそ育つ」は本当です

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP