ブログ

うっかり入ったゼミで、初めてイキイキ行動する!というお話

Pocket

うっかり入った 驚きうっかり入ってしまった大学のゼミ。

先輩や同級生の熱い討論を
ひたすら音楽のように
聞き過ごしていた私ですが

ついに変化の時がやってきます!

 

自分から「もっと知りたい!」
という対象を見つけたんです 😀 

 

その人は社会学者の
マックス・ウェーバー

(ウキペディアはこちらです)

「人が動くのはそれを支える
価値観と情熱があるからだ」

 

とってもひらたく言えば

「人は自分が良い・やりたいと思ったことをする。

そして何を良いと思うのか
やりたいと思うのかは
人によって違う」

 

この考え方は
「人の行動を理解したい」
という私の興味にドンピシャでした
\(^o^)/

 

うっかり入った 動きついに「これをもっと知りたい!」
という
情熱エネルギーが
私の中から湧き出しました!

 

ツライと薄々思いながらも
地蔵のように固まっていた私が

ついに自分から動き出したんです!

まさに感情は動くためのエネルギーですね~

 

「やらなくちゃ」という義務感からでは
どうしても動けなかったし
もし頑張って動いても
かなり苦しかったと思います。

でも、「やりたい!」という
思いが湧いたとたん
スイッと動きだせたんです!

 

今度は部活の時のように
決められたことを

ただやるのではなく
自ら考えて動くようになりました。

これはものすごい変化です!!

 

もちろん社会思想の全体については
範囲が大きすぎて
さっぱりわからなかったんですが 🙄 

ウェーバーを探求したいという
同級生たちと
読書会などを始めることができました。

 

その仲間たちとは
学校で活動するだけでなく

なんと学校が休みの間は
お互いの家に集まってまで

話しあうようになりました!

うっかり入った 仲間

好きなことで仲間ができると
楽しさが倍増することも
初めて体験できました
(^o^)

 

教授にも愛あるご指導をいただいて
「行く所だから行っていた」学校が

初めて心から楽しいところになりました。

 

 

感情を感じることや
自分で考えて動くことを
強力に押さえ込んでいた私でも
ドンピシャの「好き・楽しい」が見つかると
驚くほど自分から動くようになったんです。

 

これは驚きの変化なのですが

実は、こんなイキイキ状態は
どんな人にも、いつからでも
手に入れることができるんです!

どんな人にも必ず
自分の強力なエネルギーが湧き出す
ポイントがあるからです 🙂 

 

そして特に思春期は
本来、
感情が豊かになり
自分らしく動きたくなる時期です。

自然の摂理として
「自分らしい人」になるために
そういう時期として設定されているんです。

 

うっかり入った 重荷でも、残念ながら
今の日本の学校システムでは

みんな似たような
決められたお勉強をすることが

何よりも優先されています。

自分の好きや興味は
後回しにされがちです 🙁 

 

しかし、思春期を
学校の勉強だけで過ごしてしまうと
「自分の人生」にならないんです。

 

時代はどんどん進んでいます。

個性を活かした専門性が
生きる力に直結する流れになっています。

 

今の時代には、思春期のうちに
自分の好き・楽しいを見つけて育てることで
大きなチャンスがやってきます!

自分らしく
喜びで人生を生きる子どもたちが

増えてくれることを
心から願っています。

世界がずっと楽しくなるからです
(^o^)/

 

 

さて、お話をまた私に戻しますね 😉 

 

ゼミでの私の
人に対する興味関心は

今の仕事にまでつながっています。

これは私のエネルギーが
いくらでも湧くところです♡

 

うっかり入った すごろくこの先就職・結婚・子育てと
私の人生すごろくは
また曲りながら進んでいくのですが

子育てで大きな悩みにぶつかることで
私は自分の『興味関心のタネ』に
また向かい合うことになります。

 

それはツライ体験でしたが
子どもによって

本当の私のエネルギーが出るように
導いてもらったとも言えるんです。

 

でも、そこまでがまた
色々あるんですよね~ 😎 

来週に続きます
(^^)/

 

追伸:
ウェーバーとアドラー心理学は
私の理解では
とても親和性が高いです。
ウェーバーを原因論と
誤認する方もいますが

どちらも同じ20世紀初頭の
『人間を、その弱さも含めて愛した』人です。

 

今週のテーマのブログです
思春期コーチの誕生ストーリー2:17歳からのお話
花盛り・乙女ざかりの17歳 高校時代にやり遂げたのは?
あなたの人生の設定は?ものすごく残念だったお話
太陽の下で色々な出会いをいただいた・・というお話
幼稚園児、堂々の登場!というお話:思春期コーチの大学時代

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP