ブログ

思春期子育てで「論理的結末」に切り替える場合

Pocket

おはようございます。
どのような年の瀬をお過ごしですか?
我が家では長男も酒田に来たので
一緒に年越しの予定です。

 

さて、子どもがいつまでも
同じ失敗を繰り返している時のお話です。

 

子どもが自分のやったことから学んで
解決していってくれたら
それが一番良いですね。

大人としては
子どもが自分で工夫している間は
なんとか見守っていきたいものです。

 

ただ、子どもも
「どうにかしたい」
と思っていても
うまく現実を変えられない時もありますよね。

なるべく子どもの頑張りを
見守りたいところですが
時には時間制限があったりとか
このまま放っておいても
事態が好転しそうにないとか
悪化していると思える場合もあったりします。

そのような時には
大人からの提案を考慮することを
考えてもらう必要があるかもしれません。

 

その場合には
「このままでは〜〜という
まずいことになると思います。

もし、一緒に解決を探すのであれば
==ということが起こると思います。
どちらが良いですか」というプレゼンが必要です。

このように、実際に子どもに
最後までやらせてみて
その結末から学ぶのを待つ
(自然の結末から学ばせる)のではなく
「Aを続けたら〜〜になります。
 Bを続けたら==になります。
 どちらが良い?」と
結末を実際に体験させるよりも前に
大人が説明して行為を選ばせることを
アドラー心理学では
「論理的結末」から学ばせる、と言います。

「自然の結末から学ぶ」をしていても
状況を見ながら
「論理的結末から学ぶ」に
切り替えていくことも時には大事です。

ここも、本当の「見守る」と
「放任」の違うところですね 🙂

大人が子どもの様子を見ていて
関わり方を判断するところです。

 

このプレゼンが成功すれば
一緒に状況の改善に向かえるようになります。

 

もしプレゼンしても
子どもがNOであれば

その理由について話を聞いていく必要があるでしょう。

このままでもなんとかなる、と
思っている理由について
じっくり聞けるといいですね。

 

ここで子どもが
「とにかく自分でやりとげること」に
とてもこだわっている時には
その気持を扱うことも大事です。

その気持を大事にしないで
大人が結果だけにこだわっても
子どもの心がこじれていきます。

それだけ「自分でやる」に
こだわっている時には

強い理由があるはずです。

 

こういう状態になっている時には
既に何らかの理由で
子どもの心が傷ついている場合も
少なからずあります。

まずはそのこだわりについて
話していくことのほうが大事なようです。

 

うまく話が進んでいかない時には
専門家にご相談ください。

上手にコミュニケーションを進めていく
ポイントをいくつも提案してくれると思います 😀 

 

追伸:
我が家の年越しは
昼に新米と納豆汁で夜はお蕎麦です。
本年も大変お世話になりました。
ありがとうございます!!
どうぞ良いお年をお迎えください
ヽ(=´▽`=)ノ

 

驚きのセルフケア「リセット」を学んでみませんか

お茶会で気軽にお話してみませんか
(満員御礼。終了しました)

 

今週のテーマのブログです
子どもがいつまでも同じ失敗を繰り返しているときの関わり方
子どもが自分で工夫することを待つ
「自然の結末」からの学びは放っておいてもできますか?

気を引くためにまずいことをしています
いくら待っても変わらない時には

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください。

PAGETOP