残念な方向で子どものコミュニケーション力を上げようとしていませんか

Pocket

さて、口下手な子どもの
コミュニケーション力を育てて
生きる力をアップしよう!というお話です。

 

今はあちこちで
コミュニケーション力が大事と言われていますね。

それで
お子さんが話下手のままではまずい!と
なんとかしようと思われる
方も多いようです。

 

私もご相談をいただくことがよくありますが
その中で、こんなご質問もいただきます。

 

『自分から話すことって大事ですよね。

これからは特に
コミュニケーション力が必要だって
いつも子どもに言ってるんですけど
どうも話をしようとしないんです』

『もっと自分から
意見を言わないとダメだよって
教えているんですけど
だんまりばかりで・・・

どうしたらいいでしょう 🙁 』

 

特にこのようなご相談は
お父さんからいただくことが多いのですが・・・

う~ん・・・

せっかくのお子さんを思う気持が
残念な感じになっちゃってます
とっても惜しいんです 
(^_^;)

 

「表現力」「伝える力」が大事だと
お父さんが話すことで
お子さんのコミュニケーション力を
上げようとしていらっしゃるんです

一生懸命話しかけて
「伝えよう」「理解させよう」と
頑張っていらっしゃるのですが・・・

 

実は
お子さんの話す力を上げるのは

何より「聞いてあげる」ことなんです!

 

話す力・伝える力は
「聞いてくれる人」が居ることで育ちます。

 

よく、会話って
キャッチボールに例えられますよね。

話す力=ボールを投げる力です。

投げるのがうまくなるためには
自分のボールを受けとめてくれる人が必要です。

 

ちゃんと受けてくれる人がいることで

「今のはいいボールだったな」とか

「今のはちょっとはずれた」とかが

よりはっきりとわかります。

 

それで自然に自分の投げ方を工夫します。

だからとても早く
投げるのが上手になるんです 😀 

 

もし受け手が
良いリアクションをしてくれれば

キャッチボールすること
そのものも楽しめますよね。

もっと「やりたい」って思います♡

この「もっとやりたい」こそが上達の秘訣です
(^o^)/

 

もちろん、伝える力の大事さを
子どもに話すことも必要ですよね。

そして
実際に伝える力を育てるには

お父さん・お母さんが
「聞き手」になってあげるのが
一番の近道なんです 😀 

 

では効果のある聞き方は?・・の前に
明日は
もうひとつの間違えやすいポイント

SNSでは伝える力は育たない」を
ご一緒に抑えておきましょう
😀 

 

合わせて読みたい記事:
【必読!】子供のコミュニケーション力は家庭でこそ上げられる

口数が少ない思春期の子供:3つのケースと家庭でできること

子どもの気持ちがわからない⁉反発と続かない会話で困ってます

 

追伸:
最近窓辺からちょっと嬉しい声が聞こえます。

生まれたばかりの赤ちゃんの泣き声です 😀 

赤ちゃん大好きなので
鳴き声が聞こえるとつい顔を見たくなります。

この「新生児」の声って
ほんの数ヶ月だけのお楽しみですね 😀 

 

今週のテーマのブログです
口下手、話下手な子どものコミュニケーション力を育てる方法

なるほど!SNSでは本当のコミュニケーション力が育たないわけ
間違えやすい?子どもの話を聞く技術
口下手な子どもでも、もっと話したくなる「話の聞き方」とは?
AI時代を生きる子どもたち。伝える力を育てよう

 

 

生きる力が育つ無料LINEメルマガのご登録はこちらからどうぞ!

今なら「プレゼント」とコメントするだけで『親子関係がびっくりするほど改善する!ラクラクコミュニケーション』PDFが届きます♪

 

身体・心・頭のブレーキを外し、不登校さえ解決する「思春期の子どもと最幸家族になる講座」お子さんの「やる気」の育て方もわかります♪

たった1年で、ずっと求めら続けるコーチになる!「思春期コーチ™養成講座」も募集中です!

MENU
PAGE TOP