ブログ

嫌なことほど勇気を出して見てみよう

Pocket

おはようございます。
昔懐かしいアイスケーキ
”ビエネッタ”を久しぶりに食べました 😀 

 

さて、苦手なことを後まわしにする子を
ラクにして
今年の夏休みをすっきり過ごそう!というお話です。

 

どうやらご相談のお子さんは
気になる宿題が

「うまくやれると思えない」ので
手をつけられないパターンのようです。

そんな時にはその子が
「自分もやれるかも!」と
思えれるようになればいいですね 😉 

 

では、進めていきましょう!

まずは「うまくやれない」と感じている
その子なりの”理由”を
はっきりさせることからスタートしましょう

 

案外、子どもは
「うまくやれそうにないから嫌だな」
という思いだけは
強くても
具体的に「何がやれそうにないのか」を
本人もよくわかっていないことがあります。

嫌すぎてわからない・・・という状態です 🙄 

そのままでは
「嫌だ」という感情だけが
どんどん膨らむだけで
解決しようがありませんね
(^^;)

 

もし子どもだけでは
何が嫌なのかをはっきりさせるが
難しいようならば

ここをちょっと手伝ってあげるのがオススメです。

大人でも苦手意識や嫌さが強すぎると
一人では冷静に向き合うのが
難しかったり
うまいやり方がわかってないと
どこがわからないのかを
見つけられないこともありますので;-) 

 

基本的に
「うまくやれそうに思えない」
「やるのが嫌」な時には

「何かをうまくやる方法がわかっていない
ことがほとんどです。

その方法がわかると
急に嫌さが減って
とたんに手を付け始めることもよくあります。

 

そのためには、まずその子が
何をわかっていないのか
具体的に見つけていきましょう。

 

その子によって
「わからない」と感じるポイントは
本当に様々です。

 

例えば読書感想文ならば

どの本を選べばいいのかわからない

本を読んでも何を感じたのかわからない

感じたことをどう書いたらいいのかわからない

感想文の枠組み(起承転結など)がわからない

原稿用紙の書き方がわからない

字数を合わせることができない

などなど・・・

大人からすればちょっとしたことでも
子どもはストップしてしまってたりします (^^)

 

こういう理由がある時には
「本を読んで感じたことを書けばいいじゃない」
という声がけをいくら繰り返しても
進めなさそうですね。

 

見つけるには、少し丁寧に
じっくり関わってあげられるといいですね。

作業の全体像がわかっている人が
サポートしてくれれば

どこがわからないのかを
ずっと簡単に見つけられますもんね 😉 

 

わからない箇所を見つけるには

① 出来上がりまでの作業の流れ
  全体を理解しているのか

② その流れでとまってしまうのはどこなのか

の順番で確認していくとうまくいくでしょう 😀 

 

どこでつまっているのかが見つかれば
あとは、その箇所を
どうやればいいかを見つけることができますね。

学校や塾の先生やネットの力も借りることもできます 😉


いいやり方が見つかって
その子自身が「やれる!」と思えたら
自分から動きはじめます。

 

あ、そうそう!

子どもと一緒に
「つまっているところ」をチェックする時は
大人からすれば
つまらないところで
子どもが止まってたとしても
「こんなことわからないの?」
「ありえない 👿 」とか

バカにしちゃうのはNGですね。

ついついやりがちな
ご自宅用コミュニケーションには

ご注意くださいね〜 (^^)/

 

追伸:
子どもの頃ビエネッタは
とってもあこがれでした♡
なんと言っても大好きなケーキと
アイスの合体ですからね〜

今食べてもちゃんと美味しいです 😀 

 

今週のテーマのブログです
No.1 苦手なことを後回しにする子をラクにする方法
No.2 子どもが自分から先延ばしをやめようと思うには
No.3 大事なことを後回しにしてしまう4つの理由と対策とは?

No.5 知ってると便利!作文苦手からの脱出法
No.6 ご注意!「わからない」はアタリマエになりやすい?

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP