おはようございます。
昨日はボディーワークを
体験してきました。
体の芯から緩んで気持ちよかったです。

 

 

勉強するさて、2月になりましたね。
丁度中学~大学の受験の季節です。
多くの方から、お子さんの
受験への心身の準備について
お尋ねがありました。
同じように気になっている方も
多いかと思いますので
今週はそれについてお話しようと思います。

 

お子さんの状態を整える方法を
お伝えする時には
まず最初はお父さん、お母さんの
状態を整えるところから
お話ししています。

 

なぜならお子さんの受験は
お父さん、お母さんにとっても
大事な、気になることですよね。

だからお子さんを応援したい!と
思われているわけなのですが
その気持があまり強く出たままに
お子さんに声をかけると
気持が入りすぎて
お子さんに話の中身よりも
「期待されているんだな」
「心配しているんだな」
と受け取られてしまうことがあるからです。

 

ぎっくり腰ただでさえ、本人が
自分自身のこととして
「実力をだそう」と思っているのに
「親の期待に答えよう」まで
誰も意図しないのに
背負っちゃうことがあるのです。

重い荷物はいらないですよね。

 

なので、まずお父さん、お母さんの
状態を整えるところから
始めていきましょう!

 

床に一本の線をイメージします。
これは、時間の流れです。

どこかに『現在』を決めていただいて
そこに未来を向いて立ちます。

 

そこから、受験の日と合格発表の日を
眺めてください。
どんなふうに見えるでしょうか。

 

それから、一度過去を振り返って
今までのお子さんの歩みを
思い出してみてください。

お祝い楽しかった思い出
一緒に頑張ったこと
お子さんのことをすごいな!と
思った出来事

などを思い出してみてください。

 

それらをしっかり思い出せたら
また前を向いて
受験の日まで歩いてみます。

その日にはどんなことが
起きていますか?

それから、ゆっくり発表の日まで
行ってみます。
その日には何が起きているでしょうか。

 

そして、そこからさらに1年後
2018年2月まで進みます。
何が起きていますか?
そこであなたは何を感じるでしょうか

考えずに、歩いた時に
頭に浮かぶことだけ拾ってください。

 

歩くそれからさらに5年後、10年後に
行ってみます。

そこではどんなことが
起きているでしょうか。

 

あなたはどこで何をしていますか
誰と一緒でしょうか
どんな気持ですか?

そして、お子さんはどこで
何をしていますか?
誰と一緒でしょうか。
それを見てあなたはどんなことを
感じますか?

 

それらを十分に感じたら
振り返って
2016年の2月にいる
あなたとお子さんを見てください。

どんな様子に見えますか?

どんな言葉をかけたくなりますか?

 

♡を渡す人それをかけてあげてください。

 

それから、ゆっくり現在まで戻り
未来のあなたからの声を聞いてみてください。

何を感じますか?

 

これを体験してみると
頭ではなく感じるものがあります。

それは何だったでしょうか。

 

追伸:
寒いせいもあって
身体は結構固まっていたようです。
徐々に固まっていたから
分かっていなかったのですが
ほぐれてみるとびっくりぽんです。

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい