Pocket

こんにちは。
暖かい日が続くようになってきましたね。
皆さんは春の衣替えお済みですか?

 

さて、イマドキ思春期の子には
その場の感性で振る舞う子が
とても多くなってきている、というお話です。

そして、その感性でふるまう子たちの
人間関係には二つのタイプがあります。

 

一つは自分の「好き嫌い」「こだわり」を
基準にする子たちです。

こういう傾向の強い子たちは
同じテーマの「好き」を持っている子同士で
繋がったらとても盛り上がります。

密な情報交換の文化の中で
お互いの「好き」のテーマを
いつでも、どこまでも追求していきます。

 

もう一つはその場の雰囲気を大切にする子たちです。

こちらのタイプの子たちは
「楽しさ」「仲間でもりあがる」などで
ワイワイ情報交換しています。

 

どちらのタイプも出会った時に
さっと自分に合う合わないを判断して
別々に行動しようとする傾向にあります。

基本違うタイプには適度に距離をおいて
関わらないようにするのですが
もしそれぞれ極端なタイプが
一緒に行動をすることになった時には
交通整理が必要になるようなことも起きてきます。

お互い自分と異質なものとの交流を
基本的に避けてきたのに
お互いの特長がくっきりとそのまま出やすい
中学/高校では一緒に行動するはめに
なることが
多くなってしまうので
あちこちでぶつかり合いも増えてくるんですね。

 

密な連絡をする今の思春期文化の中で
気の合う子同士ならいいのですが
そうでないとお互い辛いことになりますね。

そこで、一緒に行動するはめになった
グループの中で
またさらにこっそり
別グループを作ってしまいます。

今SNSでグループを作るのはとても簡単です。

そうなると、一つのグループの中に
気の合う子、合わない子が
はっきりと線引されてしまい

またそこから対立関係が作られてしまいます。

このあたりがイマドキの思春期の子たちで
よくある人間関係のお悩みを作っています。

 

また、一人ベースでよくあるお悩みは
好き嫌いタイプの子が
自分の同士が見つからなくて
一人でぽつんとしてしまう、というケースです。

環境が変わることや
知らない人が苦手なので

特に新学期になるとこのお悩みは増えます。

 

雰囲気を読むタイプの子は
新学期のスタートダッシュ頃よりも
しばらくたってからのお悩みが多いようです。

周りに合わせすぎて疲れてくることもあるようです。

 

いつの時代にも
どのタイプの子もいたのですが

今はその特徴がとても強く目立つ子が
どんどん増えていることを感じています。

 

なにはともあれ
人間関係が楽しくない時には
交通整理が必要ですね。

 

自分自身の特長や気持ち
考えていること

無意識でやっていることを
ちょっと整理してみます。

それから起きていることも客観的に見てみます。

それができたら「どうなりたい」を見つけます。

その方向にむけて、できる小さなことから始めます。

 

個別セッションでは
そんな風に交通整理をして
その子の行きたい方に向かって
進んでいけるようになります。

その過程でそもそもの
自分の無意識のふるまいの
特長がわかると子どもはいつも驚きます。

そしてとても面白がります。

自分のやりかた以外のことがある
ということも知らない場合が結構あります。
(感覚的に存在はしていることは分かっていてもね)

 

学習能力の高いこの時期には
世界の見え方がわかってくると
どの子も素晴らしく成長していきます。

無意識でやっていたことを
意識的にできるようになると
しない方がいい時にしないことや
他の方法を使うことができるようになってくるんです。

せっかく人間関係で悩んだのなら
そのチャンスを活かして
でっかく成長していってもらいたいところです!

 

追伸:
今まで粘った衣替え。
そろそろ手を付けないと
どこにも出かけれれなくなってきました 😉 

 

今週のテーマのブログです
No.1 イマドキ思春期の人間関係
No.2 小さい頃から選んできました

No.3 内向きと外向き
No.4 だって嫌なんだもん
No.5 ちょっとサービスしちゃおう

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい