ブログ

「恥ずかしい」とサヨナラして不登校から脱出する3つのステップ

Pocket

おはようございます。
新しいデスクトップパソコンを
買ったのですが
設置するだけでゼーゼーです 😆 

 

さて
「不登校は恥ずかしい」とサヨナラして
もっと自由になろう!というお話です。

 

「学校に行けない」のは
子どもがどこかで危険だと感じて
もうこれ以上自分では
どうしようもないと思った時に起こります。

こういう時に周りの人が
「恥ずかしいからなんとかしよう!」と

子どもなりの事情を無視して
学校に行くことばかり要求してしまうと
子どもにとってはツライです。

 

ただ、もし嫌々でも
学校に行っているうちに
子どもが感じていたよりも
状況が好転していくならば
その危険アラームは解除されることもあるでしょう。

 

でも、ある程度頑張っても
子どものエネルギー状態が
改善しない時には
「学校に行かないのは恥ずかしい」と
本格的にサヨナラして

一度仕切り直してみるのがオススメです 🙂 

 

恥ずかしいとサヨナラしてからの選択肢は様々あります。

 

ここでは、一つのアイデアとして
「恥ずかしいをやめて
不登校から脱出する3ステップ」をご紹介しますね 😀 

 

(1)
「恥ずかしい」と完全にサヨナラして

子どもを安心させてエネルギーを温存します。

何が起きているのかが
まだわからなくても
とにかく子どもの味方だ、ということをしっかり伝えます。

 

(2)
子どもにエネルギーが溜まってきたら
子どもの行きたい方向を見つけます。

 

まず、子どもが安定した状態の時に
感じている「危険」について共有できるか聞いてみます。

うまく「危険」が特定できて
これから「どうなりたいのか」がわかればベストです。

 

でも子どもは
自分が危険だと感じてるものが
何か
はっきりわからないこともよくあります 😯 

 

そういう場合でも大丈夫です!

長期的な目線で

どうだったら安らげるのか

今より楽しくいられるのか

を具体的に見つけられればいいんです 😀 

 

ここでの「安らぎ」と「楽しさ」は
ゲームをして気を紛らわせる・・
というのではなく
長期的にどうなっていたいのかや
本当に大事にしたいことなどを見つけることです。

 

(3)そして
それに向かってできることを積み重ねていきます。

 

この3ステップでは(2)がとても重要です。

子どもが具体的に何を
危険と感じているのかを見つけて
対処できれば一番ですが

自分でも全く
なんで学校に行けないのかわからなくて

専門的な関わりが必要な子も少くありません。

 

「やっぱりあの子と仲良くなりしたい」と
自分の本当の思いがわかると
それだけで抜け出せる子もいますし

色々な自分の思いと人間関係が複雑に絡んでいる子もいます。

ここがひとりひとり本当に違うところです。

 

丁寧な関わりで
その子が本当に望んでいることや
自分のことをわかるように手伝っていきます。

子どもが
爬虫類脳が優位の「固まる」の時には

哺乳類脳=感情が不安定になっていたり
人間脳=理性的に考える力が
弱まっている状態です。

それを踏まえた大人の暖かい落ち着いた対応が必要です 😀 

 

(3)の望む状態に
どうやってなっていくかという進め方にも
様々な選択肢があります。

その子に合うやり方で進めていきましょう♡

 

いずれにしても
かかる時間はその子によって違っても
最終的には子ども自身が安心・納得して
自分の進む道を見つけられるように
サポートしていく3ステップです。

 

その子なりのペースで
このステップを進めていくことで
子どもが自分のことをわかり
この先似たようなストレスに出会っても
早いうちにうまく対応できるようになっていきます 😀 

 

このステップを踏んでいった子たちはみんな
不登校になる前よりも
自分のことを好きになって
本当の自信を持つようになっています。

誰も不登校になったことを
恥ずかしいとは思っていません。

それは、不登校が
十分に学んだ過去の体験になってしまっているからです 😀 

 

また明日に続きます (^^)/

 

追伸:
画面が大きくて使いやすそうと
デスクトップパソコンを買いましたが
ノートPCやスマホとは違うことが沢山あるようです。
みんな色々同じところと違うところがあるものですね 😆 

 

今週のテーマのブログです
No.1 不登校は恥ずかしい?生きるための行動です
No.2 不登校はその子なりの「生き延びるための行動」
No.3 うちの子だけ不登校なのは恥ずかしい?
No.4 不登校を恥ずかしいと思ってしまうと失ってしまうものとは

No.6 不登校は恥ずかしいのではなく不自由な状態

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP