ブログ

集中と記憶のメカニズムをうまく使って楽しく勉強する


こんにちは。
昨日は思春期コーチ養成講座
第1期が無事修了しました。
みなさんもうドンドン結果を出されています!

 

さて、楽しく成績を上げるというお話です。

勉強へのモチベーションが上がって
勉強の仕方が楽しくなると
「勉強すること」が自然に楽しくなってきます 😀 

 

そしてそして、さらにもっと
楽しくすることもできるんです!

「快適さ」と「効率の良さ」を
より感じられるようにしてきましょう☆

 

「快適」に「効率よく」学ぶには
集中力をうまく使うこともポイントです。

 

人の集中力というのは実は有限なものです。

使ったら回復させてまた使う

そのサイクルをうまく回していきましょう。

 

その集中力をうまく使うための方法で
有名なのはポモドーロテクニックというものです。

 

まずはタイマーを用意します。

そして25分にセットして、その間集中して勉強します。

そしてタイマーがなったら5分の休憩です。

また25分集中して5分休憩します。

これを4セットしたら15分以上の休みをとります。

 

集中時間には一つのことだけをして
他のことは一切しないこと

タイマーがなったらどんなに半端でも必ずやめること

休憩中はリラックスすること

などを心がけてやってみると
大人でもびっくりするくらいの仕事ができます。

家事などでもお試しください  😉 

 

実際のコーチングセッションでは
その子に合わせて
集中と休みの時間を決めていきます。

ちょっとしたゲーム感覚で
楽しめるようにするのがポイントです (^^)

 

また、忘却曲線をうまく使うこともできます。

 

皆さんは「一夜漬け」や
「完徹」をしたら
とても効率悪かった
という体験をしたことがありますか?

人にはものごとを時間の経過とともに
忘れていく、という宿命?があります。

一度「覚えたつもり」でも
そのままでは
時間が立つと
どんどん忘れてしまうものなのです 😥 

 

そこで、長く覚えておくためには
何度か「思い出す」ことが大事なんです。

 

一度勉強したことは、さっとでも
その日のうちに見返します。

そして次の日にもまた見返します。

そして1週間後に再度見返すと
かなりの量が長期記憶になっていきます。

 

これらの思い出すタイミングと
休ませる時間の両方が大事です。

毎日全部見返すよりも
快適で効率的に学べます (^^)

 

イマドキでは
学習に使えるテクニックが様々あります。

これらをうまく組み合わせて
その子にあった
定期テストや受験に向けての
スケジュールを立てることができます。

ただひたすら「頑張る」よりも
快適で効率的に学べたら
「勉強すること」がもっと楽しいことになっていきます 😀 

 

追伸:
講座終了後は打ち上げをしました。
おしゃべりに花が咲いて
その日のうちに帰宅できなかった方も 😛
おかげさまで本当に楽しい時間でした。
ありがとうございました♡

 

今週のテーマのブログです
No.1 「勉強がつまらない」が変わる!ちょっとした工夫
No.2 勉強へのモチベーションを上げる
No.3 得意な記憶法
No.4 五感を刺激して記憶する

No.6 自分にあうものは快適で楽しい

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP