Pocket

おはようございます。
昨夜新幹線で山形に来ました。
「北海道新幹線開業記念弁当」
を見つけて食べちゃいました〜☆

 

 

さて、脳のアンバランスさのせいで
不安定な感情になりやすく
ストレスも抱えやすい時期である
中学生男子のお話です。

大変な時期ですよね
頑張ってますね、中学生!

 

とかく、気持ちもストレスも
一人で溜め込まないことが大事です。

男の子とお母さんの距離が
遠くなりがちな頃ですが
目はしっかりと離さないことが
とても大切です。

 

それから、中学生男子といえば
性にまつわる激しい変化も
起こってくる時期です。

 

自分の身体が変化してくると
「この変化は普通なの?」
「他の子達はどうなんだろう」と
気になって仕方がありません。

女子だって、私達だってかつては
似たような気持ちがありましたよね〜  😆  

 

どうしても性にまつわることは
オープンに扱われない事が多いので
「あれ?」と
自分の身体、感情に気づいても
それについてのまっとうな情報を
気軽に得ることが難しいのが現状です。

今は良いサイトで
わかりやすく正しい知識を
紹介しているところもありますから
まずはお母さんが見ておくのもいいですね。

私はこの三重県のサイトは
おすすめしています (^^)

http://www.pref.mie.lg.jp/d1kodomo/sisyunki/

 

また、男の子にとって
お母さんは異性です。

聞いてもわからないことがありそうだし
聞くこと自体がはばかられます。

 

こんな時には、お父さんの出番です。
お父さんの方から
オープンでフランクに
話の口火を切ってくれるといいですね。

先ほどのサイトを紹介するのも
良いかもしれません。

話があるなら、子どもの方から・・・
は、ハードルがとても高いことなんです。

 

それから、
20代の男性へのアンケートでは
『親などの大人から思春期に
 自分の身体の変化を指摘されて
 嫌だった』人も少なからず居るようです。

ひげ、声変わり、ニキビ、臭いなど
『変わったね』と言われた時に
どう対応したら良いのかわからなかった
それから過剰に隠そうとした
という答えが多かったようです。

 

大人からすれば
『一歩大人になったね』と
喜ばしいこととして声をかけても
本人がその変化に戸惑っていたり
恥ずかしく思っていると、
自意識の強くなるお年ごろには
嫌な話題と捉えられてしまいます。

この辺りは個人差があるので
子どもが嫌がってたら
さっと引くのも親心。

なんせ、ただでさえ
多感な年頃なんですもの
子どもの感情を尊重することも
忘れずにいたいですね。
(実は私も言ってたことあります 🙄 )

 

追伸:
「北海道新幹線開業弁当」には
イクラ、鮭にまじって
『昔風焼売』も入っていました。
崎陽軒製のお弁当だからかな (^^)

 

今週のテーマのブログです
No.1 中学生男子の育てかた
No.2 中学生はブレーキの弱いスピードカー?
No.3 キミはひとりじゃない
 
No.5 寝る子は育つ、育つために寝る
No.6 今の中学生、かつての中学生

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい