ブログ
  • HOME »
  • »
  • »
  • 思春期コーチの誕生ストーリーその5 :子育てが始まった!お話

思春期コーチの誕生ストーリーその5 :子育てが始まった!お話

Pocket

思春期コーチの誕生ストーリーその5
『子育てが始まった!』お話です。

パリまでのお話はこちらです。
高校・大学時代はこちらです 

就職とお嫁に行く話はこちらです 
結婚と母、母になる話はこちらです😳   )

 

突然私のお腹にやってきた赤ちゃんは
おかげさまですくすくと
大きくなっていきました。

「もう、自分ひとりの身体じゃないんだ」
(๑•̀ㅁ•́๑)✧

と、気合の入った私でしたが

よく考えると
かと言って特にすることもなく
毎日同じように車で通勤してました。

 

『とにかく何かを頑張らねば』と
強く思っていた私には
自分が何もしなくても

お腹がどんどん大きくなっていくのは
とても不思議なことでした。

自分が頑張らなくても育つんだ?!
(゚д゚)!

 

東京に帰っても母も居ないので
私はそのまま酒田で
お産をすることになりました。

ちょうどお義姉さんたちが
次々と里帰りして
出産したばかりだったので
新生児用お風呂などのグッズも
バッチリ揃っていました。

 

私は”赤ちゃん”
ましてや”新生児”なんて
妹の誕生以来20年も
見たこともありませんでした。

でも赤ちゃんのお世話については
「お義母さんもおばあさんも

手慣れているから
教えてくれる通りに
やっていけばいいんだな」

と”うまくいくだろうルート”に
頼って頑張ればいいや~と

大船にプカプカ揺られておりました
(ΦωΦ)

 

やがて臨月がやってきて
会社から産休を頂いたのですが・・・

予定日を過ぎても
なかなか兆しが見えません 😯 

 

真冬の東北の1月。

酒田では雪が薄っすらと積もって
それがカピカピに凍ることがあります。

車に乗るのも危ないので
臨月間近の妊婦は
ひたすら
家の中に居るしかありません。

 

1月場所のお相撲さん達に
『この人達も靴下を履くのが
キツイんだろうか』と
急に親しみを覚えながら
こたつでみかんを食べていました。

 

ちょっとお腹が痛い気がしたので
『陣痛かしら?!』と
おばあさんに聞いたら

『迷うくらいなら違う!』と
一蹴されました。

8人ほぼ年子で出産した人には
さすがの重みがありました 😯 

 

予定日を10日過ぎても
音沙汰が無いなら
促進剤を使いましょうと
お医者さんに言われたその日の夜

おばあさんの言ってたのは
本当だ~っ!

と思わず納得するような陣痛さんが
ついに私にもやってきました。

 

「初めての出産」に続きます (^o^)/

 

追伸:
佐藤家はみなさんウルトラ丈夫です。
夫もお義父さんも頑丈ですが
おばあさんからお姉さん達まで9名
つわりがあった人が
一人も居なかったのには驚きました 😯 
ギネスに載ってもいいと思います!

 

今週のテーマのブログです
初めての出産で頑張った?・・というお話
「産しの極楽」をさせてもらった・・というお話
さらに思いもかけない展開が待っていた・・というお話
新しい生活に気合を入れて頑張った・・というお話
元気にあふれた長男と、2年半で出産模様も変わる・・というお話

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP
Copyright © 思春期の生きる力コーチングカレッジ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.