MENU

思春期コーチの誕生ストーリーその4 :結婚と母と、母になるお話

Pocket

思春期コーチの誕生ストーリーその4

今週は「結婚と母」についてのお話です 🙂 

パリまでのお話はこちらです。
高校・大学時代はこちらです 

就職とお嫁に行く話はこちらです 😳   )

 

春3月、まだ道に少し雪が残る頃
私の結婚式が行われます

 

前の日の夕方に東京から
父母と弟と妹も来てくれました。

当時は東京の実家から酒田まで
新潟周りで電車を乗り継いで
7時間以上かかったと思います。

 

5人で最後の夕飯を
ホテルで食べようとなりましたが
母は『頭がいたいので
部屋で休んでいる』と言いました。

ちょっと残念だな、
と思いましたが
4人で夕食をとって休みました。

 

思春期コーチの誕生ストーリーその4 花嫁花婿そしていよいよ当日です!

早朝から
文金高島田つき打ち掛けの
花嫁衣装の着付けをしていただきました。

そして多くの方がたに
参列していただいたなか
午前中に滞りなく

神前結婚式をあげました
(*´ω`*)

 

式を無事に挙げられたので
ちょっとホッとしましたが
実は、文金高島田のかつらって

ものすごく重いんです。

十二単とやらの打ち掛けも
ずっしり重いので
歩くだけでも大変でした。

 

しか~し!!

当時はこの後
200:10の披露宴の前に
もうひとつ行事がありました 😯 

 

結婚式が終わったらすぐ
文金高島田がぶつからないように
リンカーンか何かの専用車に
私と母と仲人の奥様だけで
乗り込みました。

他の人達も皆
それぞれの
車に乗り込みます。

 

思春期コーチの誕生ストーリーその4 花嫁そう、みんなで
嫁ぎ先の家まで一度行くのです。

 

しかも、わざわざ
町区の端っこで降りて

家まで「おねり」をするんです。

 

おねり?

 

私も初耳だったんですが
お嫁さんは町区の入り口から
嫁入り先のおうちまで
家族と一緒に歩いていくんです。

町区の方がたに見ていただいて
ご挨拶をするんですね~

いわいる、嫁入り行列でございます
\(^o^)/ ウホー

 

当日はありがたいことに
とってもいいお天気でした!

 

まず、おねりの先頭には
男の人が酒瓶を持って立ってくれます。

そして、その方の
『嫁が来たぞ~! 嫁~!!』と
という響き渡る大声での先導で
おねり行列が出発です!

 

町区の人々が大勢道の両脇で
暖かく迎えてくださるなかを
文金高島田姿で私が
しずしずと歩くわけでございます。

 

思春期コーチの誕生ストーリーその4 挨拶実家の母や父も
私の後を歩きながら
道の両脇の皆さんに
ご挨拶をしておりました。

 

この時に『嫁来たぞ~』の他にも
お米を撒かれたり
子どもにお菓子を配ったりとか

色々なことが
あったような気がします。

でも私はそのカッコで歩くだけでも
「初めてのガンダムスーツ」
みたいだったので
全く余裕もなく記憶もありません
‹(*>_<*)ノ

 

夫の家で神棚と仏壇にお参りしてから
椅子に坐ることができた時に
「天国♡」と思いました。

 

その時には家で、他にも
何かしたのかもしれませんが
とにかく周りの人の指示通りに
動くことだけでいっぱいいっぱいでした。

 

ほんと、文金高島田と十二単って
長時間着るとか
それを着て動くとかするもんじゃありませんね~
┐(´д`)┌

あなたも着用する時は
気をつけてくださいね♡

 

思春期コーチの誕生ストーリーその4 車でも、わざわざ式場に
専用車があったということは
当時のお嫁さんはおねりをするのが
フツウだったんでしょうね。

私が大きかったので
特別きつかったのかな?

 

あらら、それなら
あなたにぴったりなサイズなら
文金高島田と十二単も
あなたはいけるかもしれません!
(・∀・)/ ヨカッタヨカッタ

 

 

・・私がかろうじて覚えてるのは
家から式場に戻る車の中で
仲人さんが
「いい結婚ですね」と
言ってくださった時に

うちの母が
「はい、ありがとうございます。
でも本当は嫁に出したくないですよ
こんなんでもカワイイ娘ですから」

と笑いながら返事をしたことです。

 

ええ~っ (╯°□°)╯

そんなこと思ってたの?

 

文金高島田をはぎとって
遠投したい欲求に耐えながら
私は驚いていました。

 

「披露宴で」に続きます 😀 

 

追伸:
結婚式の日はただでさえ
猛烈に忙しいのに
自宅にもお客さんが
たくさん来るわけですから
特に義母は本当に大変だったと思います。
感謝です 🙂 

 

今週のテーマのブログです
披露宴で、母に花束と感謝を伝えられた・・というお話
人生における強烈な体験が続いて起こった・・というお話
母が突然いなくなって、一人で私が思ったこと・・というお話
田んぼの端っこで、大声で叫ぶことになる・・というお話
全く新しい次元に足を踏み入れることになった・・というお話

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください