ブログ

ネガティブで動けない状態から、子どもを抜け出させる方法

Pocket

子どものネガティブな言葉を減らしたい。

そんな時こそ
子どもがアピールしている
ネガティブな気持を
しっかり受け取ってみるのがオススメです 😉 

 

その気持に「良い悪い」を言わずに
ただ受け取ってみることで
子どもの「わかってほしい」という目的が
一つ果たされます。

そうなると子どもが
その先に進める準備が整います
(^^)

 

子どもの気持が一度落ち着いた時に

『あなたは本当はどうなりたいの?』

そんな質問をしてみると
子どもが動けるようになる
チャンスを作れます 🙂 

 

子どもが何度も
ネガティブな言葉を繰り返す時には
二つのパターンがあります。

自分で解決することを忘れている場合と
今解決できないと思っている場合です

 

先ず、前者の場合には
「嫌なこと」に意識が囚われていて
自分が解決するために
行動することまで
意識が向いていない状態です。

 

そういう時には
「自分は嫌な気持ちにされている」と
意識になっています。

気づかないうちに
受け身になってしまっているのが
ほぼほぼです。

 

もしかしたら、前に自分でも
その「嫌なこと」から
抜け出そうとしてみたけれど
うまく行かなくて
あきらめてしまったのかもしれません。

そうなると
「どうしようもないから
このまま居るしかない」と
感じている状態ですね 🙁 

 

人は「誰かに~~されている」
「嫌だけどしょうがない」と
思っている状態が
一番のストレスになります。

自分が
被害者のポジションになっているので
自分でどうにかできる感じ
(自己効力感)や
コントロール感がないからです。

 

受け身になっている時には
状況任せなので

いつ解決するのかわかりません。

できるのは待つことだけです。

解決できないイヤさに加えて
先のことがわからない、という
ストレスも加わってしまうんです。

ストレスいっぱいで
実に嫌な状況ですね~
(><)

 

ここはぜひ
『あなたはどうなりたいの?』という
「あなたが主語」の質問で
自分が動けることを

思い出してもらいましょう
(^o^)

 

『あなたはどうなりたいの?』

穏やかな状態でそう問われると
人はどうしても
その問いについて考え始めます。

自分には
「本当はこうなりたい」
という思いがあることに

気付くことができるんです 🙂 

 

それだけでも
実は自分が
やれることがあると
気付くこともよくあります
(^^)

 

また
「本当はこうなりたいけど
方法がわかっていないだけなんだ」

と、気付くこともできます。

 

そうなるとパターン2の
「本当は抜け出したいけど

自分ではどうしようもないと思っている」
状態に移動します。

 

パターン2になると
「自分では無理だと思っているけど
もしかしたら、他にも
アイデアがあるのかな?」と探すという
次のステップにも進めます

 

「嫌だ」に囚われている状態から
自分には望む未来があると気付くことで
「そこまで行く方法」にも
意識が向くようになるんです 🙂 

 

被害者ポジションから
主人公ポジションに変化します。

自分の「どうにかしたい」エネルギーを
使う方向が見つかります
(^o^)/

 

「ネガティブな時こそ」に続きます

 

追伸:
今日はうちに
水道屋さんに来ていただきました。
いや~、ここ数日
結構大変だったんです!

日頃何気なく使っている
ライフラインの
ありがたさが身にしみました
(><)

 

今週のテーマのブログです
子どものネガティブをなんとかしたい!と思った時には
ネガティブな言葉も子どもからのメッセージ!?
ネガティブをやめて欲しい!と思っている時こそ、やってみるといいこと

子どもがネガティブになっている時こそ、「乗り越え力」を育てよう!
ネガティブな子どもが、自分からネガティブとおさらばしちゃう言葉がけ

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く無料メルマガのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことをお気軽にこちらから教えてください

PAGETOP