「やる気」の種類は3つある?子育てでの大事な使い分け

Pocket

「やる気」の種類 炎「やる気」の種類 は3つあるのをご存知ですか?

今日は、それぞれの特徴と
それぞれで子どもにやる気を出させた後の
子どもへの影響もご紹介しています。

 


まずは「やる気」の種類と特徴を見てきましょう!

「やる気」はまず大きく2種類にわけられます。

テンションモチベーションです。

 

テンションは「気合」のような一時的なやる気です。

 

テンション=一時的なやる気の盛り上がりは
言葉や雰囲気で作れるんです。

そしてテンションが上ったら
つい行動しちゃうことってありますよね~

 

例えば、友達と『これいいね!』って
言い合ってるうちに
何かをどんどん欲しくなって
ついに買っちゃったことってありませんか?

私は・・・あります (^^;)

そして家に帰ってから後悔したことも :mrgreen: 

 

「やる気」の種類 テニスでも、良かったこともあるんです。

テニスの試合で応援団から
『やれる!やれる!』って

松岡修造さんみたいに
どんどん声をかけてもらったことで
その気になって勝てたこともあったりします♡

 

このように一時的な感情の盛り上がりの「やる気」でも
うまく使えれば
子どもの望ましい行動につながることもあります。

子育てで役立てられることもあるんですね

 

みどりさん
ええ、確かにそうですね (・o・)

 


でも、テンションは残念ながら
長続きしないんです。

うまくお子さんをノセられれば
一時的に動かすことはできますが・・・

子どもはノセられた感を持ってしまうこともあります。

 

そして、もう一つはモチベーションです。

こちらはもっと長く続くやる気です。

 

「やるき」の種類 嬉しいモチベーションはさらに2つに別れます。

外発的モチベーション
内発的モチベーションです。

 

外発的モチベーションは
外側から何かを与えられて出る「やる気」です。

「ご褒美」はこっちを刺激していますね 😉 

 

そして内発的モチベーションは
自分から「やりたい!」と思う「やる気」です。

子どもの「好き」「楽しめる」などの感情を
引き出せると動き出しますよね

 

みどりさん
この2つはどう違うんですか?

 


はい、内発的モチベーションは
「やる気」が自分の内側から出てるので
外の条件に左右されにくいんです。

誰でも自分のやりたいことだったら
難しそうなこと、めんどくさいことも
気にしないでやろうとしますよね。

 

内発的モチベーションは
それが湧く源を見つけることが必要です。

何が源なのかは本人しかわかりません。

「やる気」の種類 はて本人も頭で考えても見つけにくい、というところがあります。

 

だけど、一度しっかり火がつくと
子どもが行動する安定的なパワーになります。

 

みどりさん
なるほど。
他の人から触りにくいんですね。

 


そうなんです。

一方、「ご褒美」は子どもが欲しいものですから
子どもの行動をすぐに起こしやすくなります。

 

でも、外発的な「ご褒美」で頑張らせてるだけだと
「ご褒美」がないとそれをやらなくなりますよね。

例えば「ご褒美」で勉強させてたら
「ご褒美」が出ない科目はやらない。。。
ということも起こりがちです 🙁 

 

そして、せっかく勉強してても
「もらえるご褒美」が気になるものです。

学ぶ楽しさとか「できた!」という喜びよりも
ご褒美の方に目が行きやすくなります。

 

みどりさん
なんかもったいないですね 🙁 

 

「やる気」の種類 魔
また、こんなやり方をいつもやっていると
子どもの方が「ご褒美」を

勉強する条件にしてくることもあります。

『○○くれないと勉強しないよ』

 

時には「やったふり」をして
ご褒美をもらうようになるかもしれませんね~

 

みどりさん
あ、それって絶対おかしいですよ!

やっぱりご褒美って子どもをダメにしますね 😡 

 


・・・ということになりがちなんです。

 

子どもにとって魅力的な「ご褒美」は
テンションと同じように

子どもを「行動させる」にはとても効果的です。

でも、そこには落とし穴もあるんですね。

 

明日はご褒美と勉強について
もう少し詳しくみてみましょう

(^^)/

 

合わせて読みたい記事:
「やる気のない子供」を作ってる⁉8つの接し方には要注意!

 

「やる気」の種類 心追伸:
思春期の頃、最初はそうでもなかった先輩を
かっこいい~、わいわいと
友達と騒いでいるうちに好きになったことがあります 😳 
あのかっこよかった先輩
今頃どんな人になっているのかな~♡

 

今週のテーマのブログです
「ご褒美」は子育てに役立てられますか?思春期の子どものやる気を育てる
「ご褒美で子どもを動かすこと」で気になっているのは何だろう?

「ご褒美」で勉強させることについて考える:勉強するのは誰の課題?
勉強を「楽しくないこと」から「楽しむこと」へシフトさせる力とは?
思春期のうちにこそ渡したい!ご褒美よりも大事なギフト

 

 

生きる力が育つ無料LINEメルマガのご登録はこちらからどうぞ!

今なら「プレゼント」とコメントするだけで『親子関係がびっくりするほど改善する!ラクラクコミュニケーション』PDFが届きます♪

 

身体・心・頭のブレーキを外し、不登校さえ解決する「思春期の子どもと最幸家族になる講座」お子さんの「やる気」の育て方もわかります♪

たった1年で、ずっと求めら続けるコーチになる!「思春期コーチ™養成講座」も募集中です!

MENU
PAGE TOP