セミナー御参加者の声

  • HOME »
  • セミナー御参加者の声

リクエストの手

 

 

 

 

 

 

 

 

 思春期の子どもの自立を応援したいけれど、どう関わったら良いのか迷ってしまう・・・そんな経験はありませんか?

 思春期は人生でも特別な、重要な変化の時期です。時には不安定になりやすく、またいい刺激を受けることで驚くほど成長もしていきます。

 そしてこの時代の波の中では、どのような刺激を受けてどう学習していくかで、子どもの未来に大きな違いもうまれてきます。

 思春期コーチングでは、アドラー心理学をベースにして、またイマドキのリアルな思春期の子どもたちとの数千回のセッションの経験から見出した子どものサポートのポイントをセミナーにてご提供しています。


☆ 充実した時間でした。

  ありがとうございました。
  はじめは頭で理解していたものが
  最後には自分に浸透してきたような感じで
  自分自身もこの期間で変れたような気がします。
  受講して良かったです。

☆ セミナー前後での自分の変わりようにはビックリ

☆ 具体的に自分の例を使って
  どう扱っていくのかを一緒に考えてもらったことが
  特に良かったです。

☆ 佐藤さんと上下関係ではなく
  横の関係で教えていただけました。
  「教える」「教わる」が横の関係で
  できるのだ、ということを体験しました。
  安心してなんでも質問できたし
  何度も確認してくれて、しっかり理解できました。

友情☆ 思春期の子どもを持つ親御さんはもちろんですが
  コミュニケーションがうまくなりたい人や
  悩んでいる人にオススメしたいです。

☆ セミナー前に「課題」だと思っていた事が
  セミナーの後には全て解決していました。
  どうすればいいのかがわかるようになっていたのです。
  びっくりして、とても嬉しかったです。

☆ 心や気持ちのことは
  それだけで扱うものだと思っていましたが
  頭や身体ともつながっていることが
  とても良くわかりました。
  心はよくわからないものだったのが
  自分の一部だということが腑に落ちました。

☆ 何度も大事なことを繰り返してくれて
  具体的にこうすれば良いのだということもわかったので
  自分もやれる、やってみようと
  自然に思えるようになりました。

☆ なにより楽しく学べることがいいです。

☆ 自分自身もパッピーになれるし
  様々な技術も手に入れることができます。

☆ 思春期についての情報もありますが
  何につけても役に立つことばかりで
  もっと多くの人に参加してもらいたいと思いました。

☆ 「ママ、変わった〜!どうしたの?」と驚かれています。

☆ とてもとても学びの多い講習でした。
  全てのお話しが腑に落ちるものばかりで
  日々直面している問題に当てはまり
  親としてこの時期そして我が家の今の状況の中
  どういう風に子どもと関わっていくべきかの
  ヒントが沢山詰まっていたように思いました。
  正解がない問題を解決していこうと
  この数ヶ月間とても悩み苦しんできましたが
  トンネルの出口に向かう方向を感じ取れたかもしれません。
  ご自分の体験や、
  多くの困っている親御さんと
  問題を抱えている子ども達に関わった
  経験の裏付けがあるからこそ
  どんな疑問にも親身で的確な回答をくださるのだと感じました。

ハートを持つ人たち☆ ロールプレイを通じて、
  言葉、コミュニケーションの大切さを学びました。
  上から目線ではなく寄り添うあり方は
  親子関係だけでなく、
  多くの場面で使えそうです。

  さっそく色々な場面で使っていこうと思いました。

☆ 時間があっという間でした。
  ワークを通じて具体的に考えることができるのは
  自分の問題を考えやすいです。
  自宅に持ち帰って色々な問題を考えてみたいと思います。

☆ とても優しく入り、すぐに使えるかたちで体験できて
  とても良かったです。

☆ 思春期の子の混乱は、
  親が拍車をかけていることがあると

  痛感しました。
  親はこの幸せを想うばかりに、
  ついつい感情が先になってしまいます。
  今回のコミュニケーションスキルは難しくないので
  伝えていきたいです。

☆ 親子関係は上下関係になりがちです。
  しかしこの考えや意見を尊重して、横並びの関係を
  親のほうが意識的に築いていくほうが
  結果的にスムーズだと感じました。

ハイタッチ☆ 言葉で伝えること、
  責めるのではなく同じサイドにたって
  一緒に考えること

  『相手の立場で考えなさい』という言葉は
  自分に向けてでもあることを再認識しました。

☆ 親の意見を一方的に押し付けても
  子どもは聞く耳を持たないが
  一人でできるでしょうと突き放すのではなく
  一緒に改善策を考えてみたいと思います。

☆ 家族のなかのコミュニケーション手段として
  使っていきたいです。
  言えずに我慢するからの脱出をするために!
  心の整理ができるコミュニケーション手段ですね。

☆ 横並びで寄り添ってあげる態度
  いつも味方なんだ、サポートする気持ちを伝える
  そのメッセージに惹かれました。

☆ 諦めないことの大切さは勇気づけられました。
  ご自宅用、まさにこれだと思いました。
  甘えとも言えます。
  子どもも一人の人であるという
  冷静な視点を持てるよう
努力、努力

☆ 自分はあなたの味方であると、プレゼントを渡す
  言葉に出して何回も伝える
  言葉で言わなくてもわかるはず、
  とは行かないですね。
  なんだか、はっきりいうことは、
  大人になると余計にしなくなってしまうので
  家族にも友人にも、そんな風に心がけたいです。
  「ご自宅用!」気をつけます。

☆ 問題について、互いの意見を
  ぶつけあう敵対の関係が
  問題を親子が横に並んでみて、
  一緒に解決方法を考える
  協調の関係に変わることにハッとしました。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

PAGETOP