Pocket

おはようございます。
今鹿児島に来ています。
とても暖かくて快晴が続いています。
日も長いので
なんだか得した気分です (^^)

さて、子どものパターンを見るために
今回のセミナーでは
森俊夫先生の「気質論」を
お伝えしようと思っています。

森先生の「気質論」は
4タイプの気質でみてくのが特徴です。

この「4」という数字が、実はこの気質論を
とても簡単に使えてしかも奥深いものにしている
ポイントのひとつなのです。

「マジックナンバー7」というのを
お聞きになったことはありますか?
人は7±2個のものは短期的にすぐ記憶できる、というものです。
7つの法則とか7か条とか、
よく聞きますね。
これは1956年にジョージ・ミラーという
アメリカの心理学者が提唱したもので、
広く知られているのですが
実は2001年にネルソン・コウワンによって否定されていて
今は4±1が定説となっています。

7つでは一度に覚えて使いこなすのが難しい、
という感覚を持っていませんか?

やるべきこと、覚えることが7つあると
ずっと全部覚えておくことは
結構難しいです。

電話番号も 090−0000−1111
というように4桁で区切られているのは
4が覚えやすいからです。

血液型が人気なのは
4つという数であるのも
大きな理由だと思います。

メソッドは覚えられて、使われて
初めて役に立ちます。
だから、「覚えやすい」ということは
日々の中で使うには、とても重要なのです。

また、森先生の気質論は4という
すぐに覚えて使えるシンプルなものでありながら
特に思春期の子どもに使えます。

それは、森先生の気質論ならではの特徴でもある
ある一つのタイプの特徴が
思春期には特にあらわれやすいものだからです。

それを知っておくだけで
思春期の子どもとのコミュニケーションを
理解することが易しくなるのです。

この気質論の講座には
心理療法士さんたちが沢山参加されていました。

私は、日常の中で
簡単に覚えられて、ちゃんと役に立つものを
多くの方にお届けしたいと思っています。

難解だと「役立ちそう」「効果がありそう」でも
実際に使いこなすのは難しいことがあります。

複雑=効果  ではないからです。

是非、今回のセミナーで
簡単に覚えて役に立つメソッドや情報を
あなたの日常で使っていただきたいと思っています。

今回はそのような思いから
特典も2つ、つけています。
一つは、セミナー前に
思春期の子どもとの関わりについての質問をお受けして
セミナー中にお答えします。
もう一つは、セミナー後一週間の間にも
質問をお受けして、
その後全員の方の質問への回答を動画にしてお届けする、
というものです。

とにかく、
あなたの日常に「変化」を確実に作ることに
コミットしています。

日時も、子育て中でも参加しやすいように
隔週2日、午後の開催にしています。

是非、ご参加ください!

思春期の子どものやる気を引き出すセミナー
お申し込みはこちらから