Pocket

こんばんは。
グーグル、IKEA、Intel などで採用されている
カードを使ったコーチングメソッド
Points of Youのトレーナー国際認定資格をとりました。

 

さて、学校に行けない、行きずらい
そんな子どもたちが増えています。

 

ある日子どもがそうなったら
親としては慌ててしまいますよね。

『学校に行きたくない』と
子どもが言い出した場合については
小冊子を見てみてくださいませね。
→ こちらからどうぞ

 

今回は学校に
行けない・行きづらい状態が
始まっている子のお話しです。

学校に行けない/行きづらい
そんな場合には、子ども自身が
「○○が嫌だから・・・」と
自分で分かっている場合と
自分でもなぜだかよくわからないけれど
行けない/行きづらい。
そんな場合もあるんですね。

今週はその後者についてのお話しです。

 

この場合、親も困ってしまいますよね。

なんとか子どもをサポートしたいけど
どうしたら良いのかわからない。

困っているのに、周りの人からは
(善意からでも)
『どうしたの?』と訊かれた時に
答えようもありません。

 

人は具体的に分かっていなくても
何かの”理由”があれば
それで納得してリリースするのですが
わからないまま、”理由”がないと
なかなか納得しないものです。

怪訝な顔をされたまま
気まずい感じになってしまうことは
それ自体がツライですね。

 

そして子どもも
ツライながらも頑張って登校すると
『どうしてちゃんと来れないの?』
『明日は来れるの?』と

周りの子どもや大人から
(親切心からでも)訊かれるので
それに答えられないことが重荷になって
ますます登校しづらくなっていく。。
ということも起こってきます。

 

「学校に行けない場合には
 本人がその理由をわかってる」と
周りに思われることが多いというのが
「ズレ その1」です。

 

追伸:
8月6日土曜日にPoints of Youを使う
楽しいコミュニケーションセミナーを開催いたします \(^o^)/
大人も子どもも、親子でも参加できます。
是非日程を確保しておいてくださいね。
また、Points of Youについては
セミナーのページをご覧ください。

 

今週のテーマのブログです
No.2 頑張っちゃうと「怠けてる」
No.3 学校に行けないことの「目的」は?
No.4 世界に一つだけのその子
No.5 その子の回復
No.6 チームサポートで育もう

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい