ブログ

勉強へのモチベーションを上げる


おはようございます。
神楽坂付近では
アジサイが咲いてきました 😀 

 

さて、勉強を今より楽しくするというお話です。

 

何をするにも「楽しく」するには
それが「自分にとって楽しいこと」
「楽しさにつながっていること」
だと

思えていることが大事ですね。

 

自分にとって意味がない

嫌だけどやっている

 

そんな感覚だと何をするにも楽しめないですもんね 😉 

 

一番いいのは
自分の「好きで大事」を見つけて
その中に勉強を位置づけることです。

 

例えば建築家になりたい子は
そのために◯◯大学の▷▷学部に入りたい。

そのためにはこの受験勉強が
自分にとって必要だ

 

そう捉えられたら、勉強前に
建築家になってイキイキ活動している
未来の自分のイメージや
◯◯大学で楽しく建築の勉強をしている
自分のイメージを思い浮かべることで
ぐぐっと勉強へのモチベーションが湧いてきます

多少の困難なんて、ひらりと乗り越えていけますね (^^)

 

太郎君
『なるほど、そうですね。

でも僕はまだ将来まで続く
”自分の好きで大事”が見つけられてないんです』


『そうなんだね。でも大丈夫!

太郎君の今の
勉強についての手に入れたい未来は?』

太郎君
『う〜ん、とりあえず
志望校に受かることですかね

なんとなくの志望校はあります (^^)』


『了解!

いつか、ここだ!って
思える志望校が見つかると
もっとモチベーションが上がると思うよ。

では、現時点で
その志望校でやってみたいことはある?』

太郎君
『入りたい部活があるので
それがちょっと楽しみなんです!』


『では、一年後に
その部活で楽しんでいる自分を
想像してみたら・・?』

太郎君
『お、なんとなくいい感じです 😛 』


『では、ちょっと時間を遡って
その学校に合格した時に行ってみたら?』

太郎君
『自分の受験番号があるのを見たら
ぐっとくると思います!』


『いい感じですね  😀 

では、その前の模試でA判定を
もらっている時は?』

太郎君
『ちょっと気持ちが違うかな。

今よりは随分安心だけど
まだ不安もいっぱいある感じです』


『なるほど。ありがとう。

勉強する前に思い出す時
どのイメージが一番やる気が出る?』

太郎君
『えーっと、受験で合格した時かな』


『ふむふむ (^^)

では、勉強を始める前に
そのイメージを思い出してみるといいかも。

その時身体のどこで嬉しさを感じるか

思わず口から出る言葉

まわりで聞こえている声や音なども
思い出してみるのがオススメです』

太郎君
『なるほど!

今日からやってみます 😀 』


『あれこれ考えずに
そのイメージを
ただ体験してみるのがオススメです』

 

本セッションではより詳細に行いますが
この方法は、大人のお仕事場面でも
大きな効果を上げています 😀 

 

追伸:
扇風機を出しました。
風が通るだけでずっと涼しくなるものですね。

 

今週のテーマのブログです
No.1 「勉強がつまらない」が変わる!ちょっとした工夫

No.3 得意な記憶方法
No.4 五感を刺激して記憶する
No.5 集中と記憶のメカニズムをうまく使って楽しく勉強する
No.6 自分にあうものは快適で楽しい

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP