MENU

ひとつ屋根の下なのに「同じところに居ない」時代の家族とは

Pocket

おはようございます。
今日の東京は寒いくらいです。
そろそろ長袖の準備がいりそうです 😉 

 

さて、うちの子のことが
わかりにくくなっているというお話です。

 

そもそもイマドキでは
家族でも一緒に過ごす時間が

どんどん少なくなってきています。

そして、それに加えて
貴重な一緒に居る時間でも
お互いが
「今ここに居ない」ことが増えていて
目の前の家族との時間がますます減っているんです 🙁 

 

え、今ここに居ないってどういうこと?

 

はい、それは
お互い身体はここに一緒に居ても
気持ちや意識が今一緒に居るこの空間にはない
ということなんです

 

?!??

 

イマドキでは
ネットやSNS、DVDやテレビなど
たくさんの手軽で面白いものが増えています。

そうなると、目の前にいる
いつでも会える(と思ってる)
昔から知っている家族と話すより
別の場所の目新しい情報や
ワクワクするできごとと
関わる方が
ずっと刺激的ですよね~

身体はここに居ても
気持ちと意識が別の場所に行っちゃうんです。

 

特に思春期になると
子どもにとっての重要度が一気に

友達 >>> 家族

になりますから
それにSNSが加われば
鬼に散弾銃みたいなものですね 😯

(かえってわかりにくい?)

 

それらは次から次へと
簡単に面白い情報をくれるので
どうしたってそちらに
興味がひっぱられてしまいますよね。

リアルな家族コミュニケーションは
そうやって忘れられてしまうんです 🙁 

 

そして
手軽で面白いものに夢中になってると
家族が同じ空間で何をしているのかにさえ
気がつかなくなってきます。

いつもと違う表情だったり
変わった行動をしていても
見過ごしてしまうのです 🙁 

 

なので
みどりさん(=お母さん)が
お家で忙しくしていても
お子さんにはそれが見えていないかもしれませんね

 

そうなると、お母さんから言葉で
『忙しいんだから』と言われても
ピンとこないのかもしれません。

実際にお母さんの表情や行動を
そばで見て感じていないと
自分から「手伝おうかな」とは思いにくいですよね。

ましてや手軽ですごく面白いもので
囲まれちゃってますから
わざわざ自分からお手伝いするまでの
モチベーションが湧きにくいでしょう

「思いやりがない」というより
相手の事情を感じてない状態かもしれません 🙁 

 

同じ屋根の下にいつもいるから
相手のことをわかってる
相手も自分のことをなんとなくわかってるはず・・・

と思っていても
実はお互いに見えてない、感じてない
伝わってないことがたくさんありそうです。

 

私たちはいつの間にか
家族でも自分の気持ちをもっと

言葉で伝えたり見たり聞いたり・・・

意識して上手にコミュニケーションする
ことが

必要な環境で暮らしているようです (^^)

 

明日は「家族が見えない時代」についてです♡

 

追伸:
衣替えをするたびに
忘れてた服や
「なんで買ったんだろう?」というのが出てきます。
半年前の自分のことさえわからない~ 😆 

 

今週のテーマのブログです
思春期の子どもがわからないのがアタリマエな時代?!
家族でもわからないことが増えてる3つの理由とは?
子どもと時間を過ごすことで、自然にできてたものとは?

ひとつ屋根の下なのに「見えない」家族の時代とは?
家族のつながりを強くするちょっとしたコツ

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください