子どもへの関わり方に悩んでいる

  • HOME »
  • 子どもへの関わり方に悩んでいる

「1」事例

子どもの笑顔が増えてきた

 とてもお子さん思いのお父さんでしたが、子どもの可能性を広げたいという気持が強すぎて、子どもにきつく当たってしまうということでご相談にいらっしゃいました。

 色々勉強もして、いつも「今日こそは声を荒らげないで関わろう」と思うのにうまくできずに落ち込んでしまうということを繰り返していらしたそうです。

 まずできていることをしっかり見つけ、それを増やしていきました。うまく行かなかったことについては何をしたら良いのかも考え、徐々に『うまくいくこと」が増えていきました。

 お子さんたちももとからお父さんのことが大好きです。笑顔がどんどん増えていきました。

 

子どもの気持がわからない

 男の子を二人育てていらっしゃるお母さんがご相談にいらっしゃいました。下のお子さんは素直に気持ちを表現する子だけれど、上のお子さんのことがよくわからなくて困っているとのことでした。その子がなぜそういう行動をするのかがお母さんにもわからなく、どう接したら良いのかがわからないとのことでした。お父さんに相談しても『放っておいても男の子だから大丈夫』と言われるだけで落ち着かないとのことでした。

 具体的な場面をお聞きしてお子さんの気持ちを体験していただくことで、お母さんは「子どもの行動が腑に落ちました」とどんどんスッキリされていかれました。

 『毎回セッションの後は早く帰って子どもを抱きしめたくなります』とお話してくださいました。

 

子どもに腹が立つ

 とても口のたつ男の子のお母さんがいらっしゃいました。『まだ小学生だとわかっているのですが、いつも口達者で腹が立ちます。可愛いと思えないのは困るので・・・』

 セッションでは、お子さんの気持ちを一緒に探求していき、だんだんその言葉の奥にある気持ちに目を向けていかれるようになりました。

 口が達者なのも才能で、それをより良く使えるようにどう関わったら良いのかしらとご相談内容も変化してきました。

 お子さんも言葉遣いや態度が変わってきたそうで『今ではとても可愛いと素直に言えます』と教えて下さいました。

 

素直に謝らない

 娘さんに何度注意しても同じことを繰り返すので困っていらっしゃるとのことでした。

 同じことを繰り返すだけでなく、注意しても謝らないのがとても気になるということでした。

 本当はどう言う関係になりたいのか、ということをはっきりとさせて、言いたいことを言葉にしていきました。そして娘さんに伝わる言葉や話し方も見つけていきました。

 その後は娘さんとの関係がぐんと良くなったそうです。

 

育て方が悪かったのかしら

 お子さんがおっとりマイペースタイプで、他の子たちと違う行動をすることが多いとのことでした。

 学校の先生からも「変わっていますね」と言われたりしていたそうですが、どこをどうすればい異のかわからなくて悩んでいらっしゃいました。

 今課題になっていることが何なのかを見つけて、お母さんの関わり方を見つけていきました。

 お子さんの特徴が長所にもなるということをわかられて、心から安心されたそうです。「ずっと私の育て方が悪かったからだと自分を責めたり、子どもを困った存在だと思っていました。つらかったです」

 お子さんのことをずっと余裕を持って見られるようになり、お子さんも落ち着いてきたようだということです。

 

「2」お客様の声

 男の子二人と女の子一人の三人の子供を持つ父親です。

 妻との関係は良好なのですが、子供に対していつもイライラすることが多く、時に体罰を与えてしまうこともあってどうしたら良いのか悩んで、常に自分にダメ出しをしていました。

 幸子さんのコーチングを受ける前はいろいろな育児書を読んで実践するも、うまく行かないことの方が多くて躓き、イライラを爆発させ、出来ない自分に落ち込むという負のスパイラルに囚われ、動けなくなっていました。そんな状況を打開するため親子関係のコーチングを行うコーチを募集し、幸子さんに巡り合いました。

 幸子さんがコーチングで最初にどんな家族になりたいのか、しっかり目標とする家族像を一緒に作ってくれたので、その未来を絶対掴むんだという覚悟が僕の中に生まれ、コーチングに対するモチベーションが一気に沸きました。

 コーチングを受けた3ヶ月は自分の状態が良くて行動が加速するときもあれば、色んなことがあって完全停止するようなこともありました。そんな時でも幸子さんは煽り立てることなく、僕を信じていろんな関わりを取ってくれました。

 どんな状態でも自分を信じてくれる人の存在がこんなに心地いいものだということに初めて気が付きました。

 そして3か月後。どんな状況でもダメだしせず、自分を認めることが出来るようになった私は子供たちにイライラする場面を大幅に減らすことに成功しました。いまでも全くイライラしないかと言ったらそんなことはありません。しかしながらどんな自分も認めてOKと言える自分に舵を切ったことで気持ちが随分楽になりました。

 怒って体罰を与える自分が今では子供たち一人一人の夢を応援するようになりました。幸子さんには本当に感謝しています。これからもいろいろなことがあると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

今までの事例とお客様の声に戻る

お問い合わせはこちらからどうぞ

PAGETOP