プロフィール

Pocket

プロフィール

子どもの心に希望と自信を取り戻す

思春期の親と子のサポートコーチ

(株)チームフロー 認定プロコーチ
アドラー心理学ELM勇気づけトレーナー
マインドフルネスNLP 認定トレーナー 
予防医学療法研究所認定「リセット」セラピスト
コーチングゲーム Points of YOU トレーナー(国際資格)

米国NLP協会 マスタープラクティショナー(国際資格)

 

三人兄弟の長女として生まれる(弟と妹)
高校受験の合格発表と同時に、父親の転勤でパリで2年過ごす
リセ・モリエールで初めての日本人学生

充実した時間だったが
おしゃれや政治についての自分の考えや感性を
活発に語り合う15歳の同級生たちの中で
表現したい思いと、フランスとでの表現力の差に
葛藤を抱く

2年休学という形で高校1年に復学
慶應義塾大学経済学部卒業後、キャノン入社

地方で勤務する夫との結婚を機に退社し、
3世代同居を経験する。
その後夫の転勤に伴い数回の転居を経験する。

長男と長女の子育てをする中で
思春期には思考・感情・感性のバランスが乱れること、
そのような自分を母国語であっても
言葉で表現することが難しいこと、
それ故、不安感や孤独感などを自分の中に
抱え込みやすくなることに気づく。

この気付きから、思春期には
自分の思考・感情・感性とうまくつながり
他の人にも自分らしい方法で表現できるように
自分自身とも、他人とも上手くコミュニケーションをとれるメソッドや
行動によって現状に良い変化を生み出す体験が
必要であることを
強く思う。

 整体・食事などを学び模索する中で
ついにコーチングに出会い、
(株)チームフロー(現在名)に、
地方から新幹線で通って学び、
2010年からプロコーチになる。

主に思春期の「自分とどう向き合ったらいいのか」と悩むお子さんや
「どう、子どもと関わればいいのか」と悩む保護者の方々を
コーチとしてサポートをしている。

東京に居を移し
NLPや解決志向ブリーフセラピーなど
様々な学びを更に深めていく。

思春期のお子さんを持つお母さんを中心に
口コミや紹介でクライアントが増え、
これまでに行ったセッション数は数千回を数える。

「自分に自信が持てるようになった」
「家族といるだけでとても幸せと思えるようになった」等
90%以上のクライアントから
満足という評価をいただいている。

現在もクライアントにとって
効果的である技術を学び続けている。

コーチングの特徴は、
『クライアントを尊重し、現実に必ず変化を起こす』こと。
どんな人にもある、その人の可能性を、
クライアント以上にあきらめない。

実現したいのは
『それぞれの人が自分のかけがえのない強みに気づき、
それを活かして楽しく生きてる世界』

そのために
「人の強みを引き出す」
「勇気づける」コーチングをしている。


学んできたこと

コーチング、アドラー心理学(ELM, SMILE含む)
NLP、解決志向ブリーフセラピー
ヒプノセラピー、プロセスワーク
家族療法、対人関係療法、催眠療法、行動分析
条件反射制御法、エンジョイ子育てなど各種セラピー
ゆる体操、野口整体、フェルデンクライス
エネルギーワーク
マクロビオティック、ロウフード等

趣味は愛犬との散歩と、その間にしている妄想
勝手に未来を想像して、道端でにやにやしていること多し
料理も意外とうまいと言われるが
二度と同じものは作れない

 

NLPのお師匠さんが
私にインタビューしてくださった動画もあります

こちらからどうぞ (youtubeにとびます)

 

私の思い

 

こんにちは。
思春期の方専門のコーチって珍しいな、と
思われたでしょうか

 

実は「思春期のお子さんを応援したい!」
という思いは

自分自身の2つの体験から生まれています。

ひとつ目は自分の思春期での体験で
もう一つは子育てをした体験です。

 

あなたはどんな思春期を過ごされましたか?

 

思春期って不思議な時期ですよね。

それまでは
親や先生の言うことを聞いていれば
なんとなくうまく行っていたのに
それが通用しない出来事が
あれこれ友達関係や勉強でもでてきます。

自分は
どうやったらうまくいくのかがわからず
漠然と不安になります。

自分で好きなカッコをしていたのに、
友達に一言言われただけで自信がなくなることもあります。

まわりも同じような不安定な子達に囲まれて、
お互い必要もないのに傷つけあったりもします。

私にもそんな不安定な時期がありました。
なんとなく孤独で、頼りにするものがない、
そんな時間を過ごしていたと思います。

 さらに、何かになりたいけれど、
何になっていいのかわからない。

自分が本当に興味があるものが何なのか、
そしてそれをしながら生活するってどういうことなのか・・・

私は全くわかりませんでした。

わからないまま、大人になって、結婚して、子どもを育てて、
ずいぶん子どもが大きくなってきてから
ようやくコーチングに出合いました。
そして、ああ、これが私がずっと探していたことなんだ!
とやっとわかったのです。

 

コーチングに出合って自分がわかるまで、
ずいぶん時間が経ちました。

やっと、自分が何に興味があって、
どんなことが得意なのかはっきりとわかったんです。

その時の感動ときたら!!

そして今でもその気持は全く変わっていないのです。

それまでに過ごした時間は大切な宝物ですが、
もし、もっと早く自分がわかっていたらよかったのにと
思う気持ちも正直あります。

もしかしたら、わかっていても同じ道を選んだかもしれません。
それでも、自分をもっと知っていたかったなと思います。

 

今は毎日とても充実しています。
『心から楽しいと思えること』を仕事にできて
幸せだと思っています。
新しい役立ちそうな情報を学ぶことも
学んだことをセッションで活かすことも
自分が楽しいから思わずやってしまいますし、
工夫だって知らないうちにしています。

 

だから、皆さんにコーチングで、
今のあなたを見つけてほしいのです。

もちろん、仮決めです。
そして、それがわかって行動していく上で、
さらに新しいことに出合い、

一生かかってもやりたいこと、
これが手に入ったらとても幸せ!!
ということが見つかっていきます。

 
多くの人が、そんな風に過ごしていけたら、
世界はとても楽しいところになると思うのです。


今までのお話は、「子ども」だったの自分の思いです。

さらに、子育て時期に、ある出来事が起こりました。

 

二人の子育てをしましたが、
私は母が私の結婚後すぐなくなったり、
夫の転勤であちこち移動したりしたので
結構”頑張って”子育てをしてきました。

子供たちのことは大好きだし、仲もよいかと思います。
多くの方たちにサポートしていただけて
ラッキーだったとも思いますが

それでも途中でうまくいかないことはありました。

その時、いくら子どもが一生懸命に話してくれても、
本人も、私も、「何かが分かっていない、伝わらない」状態でした。

子どもも私ももどかしい状態のまま
私はできるだけのことをしてみました。
新しい情報を当時思いつく限りのことをして
手に入れて”頑張り”ました。

それなのに
私が思うような変化は起きてきませんでした。

本を読んで、自分で理解したつもりで
全く違う方向に走ってしまったこともありました。

今思えば、本当にその時に必要な
「今ここで何が起きているのか」と
「具体的に今ここで何をすればよいのか」が
私も子どもも、わからなかったのです。

特に思春期は、その複雑な思考・感情・感覚を
自分で理解し言葉で人に伝えるのがむずかしいことがある、と
身にしみて思いました。

いくら努力しても、現場に望む変化を作れずに
悩みの上に、

『いつまでこれが続くのか・・・』という感覚が
さらにのしかかっていました。
とても苦しい時期でした。

やはり、これもコーチングに出合って、変わりました。
言葉以外のものも含むメソッドで見つけた
「これが良さそう」と思えた行動をしてみると、
どんどん現実に変化が生まれてきたのです!

変化が起き始めた時の嬉しさと驚きは
今も忘れることはありません。

そして、苦しかった時期より前の自分より
自分のことが好きになり、
人にも協力してもらえるようになり、

周りの世界にもYesが言えるようになりました。
自分の自信を手に入れて、
生きることを楽しいと
素直に言えるようになりました。


 

 

 


自分がコーチとして活動していくうちに、
多くの思春期の方や保護者の方にお会いして、
さらに多くの具体的なケースを体験してきました。

東京に住むようになってからは、
心理学や各種セラピーをさらに学びました。

おかげさまで、
クライアントさんたちにも喜んでいただける機会が増えて
口コミで活動も広がってきました。
数千回の個人セッションを行い、
90%以上のクライアントさんたちから
「とても満足」という評価をいただくようになりました。

継続でサポートした高校生からは
『この先困ったことはあるだろうけど、
 あきらめずにやれることを見つけてやっていけば、
 何とかなるんだという自信を得ました』
と言われた時には、
本当にこの仕事をしていてよかったなーと心底から思いました。


そして、以前自分が地方に住んでいて、
自分に必要な情報を持っている人に
気軽に会うことが出来なかったという経験から

スカイプによるセッションもしています。
この度動画などのセミナーも始めることにいたしました。
自分が思春期に、
また保護者として欲しかったもの、
そして実際のセッションの場面で役立ったものを
ご提供していこうと考えています。

 

親として一番つらかったのは、
元気のない子どもを目の前にして、
どうすればよいのかさっぱりわからなかった時でした。

おひとり、おひとり状況は違うと思います。
[雨のち晴れ]の中で、
あなたのお役にたてる情報があるといいなと思っています。

 

[雨のち晴れ]という名前には
「今が雨でも必ず晴れる」
という意味と
「これから先も雨にあたることもあるでしょう。
 だけど、雨は必ず止むことや、
 降ったからこそ いいことも産まれる、
 ということを
 知っているから
 どちらも楽しめるようになる」
という意味が込められています。

 

苦しい時や悲しい時に、私たちは
その苦悩が明日も明後日もずっと続き、
苦しいままで生きていかなければならないのかと感じてしまいます。

状況に対する苦悩だけでなく、
この苦悩がいつ終わるかわからないという苦しみまで
背負うことがあるのです。

だけれど、大丈夫。
必ずあなたの苦しみは終わっていきます。
あなたと私があきらめない限り。
時も味方につけましょう。
あなたが自分の自信を手に入れてくださることを
心から願っています。

 

NLPのお師匠さんによるインタビュー動画はこちらからです
(youtube
 に飛びます)

 

お客様の声(コーチング)

お客様の声(セミナー)

「無料オンラインセミナー」

個人コーチングセッション

セミナー

お問い合わせはこちらからどうぞ

PAGETOP