Pocket

こんばんは
今鹿児島空港です。
これから東京に帰ります。
夜の空港は綺麗です。

昨日のブログでは
思春期とはいつのことで
どんな時期なのか、
というお話をいたしました。

今日は、その時期に
どんなサポートをしているのか、
というお話をいたします (^ ^)

「思春期」の10代は
とても変化成長が早い時期なので
それぞれの時期で
必要なサポートが違ってきます。

10代の初め、小学校高学年には
「自分とは」に向かう意識が強くなり
体・心・頭の成長の時期が始まる時期だ、
ということを本人に知ってもらうことから始めます。
もちろん、大人と同じ理解ではありませんが
誰だって変化の時期には
「今何が起きているのか」ということを
知っているだけで心持ちが全く違います。

中学生のスパーク時には
自分がどんな時期にいるのか、に加えて
さまざまな出来事が起きてきますから
それを一緒に扱うことで
自分とのコミュニケーションと
他人とのコミュニケーションの取り方を
体験していきます。
受験期には、自分の基準で
学校を選択したり
勉強を続ける方法を見つけていきます。

高校生になってくると
自分でも他人や出来事との距離感を
自分なりにつかめるようになってくるので
本人が出来事を扱う主体として
自分との、他人とのコミュニケーションの
とり方を実践で行っていきます。
私はなるべく本人の選択とその結果の
フォローだけになるよう努めます。
大学の選択にむけては
その子の「自分らしく」を大切に
一緒に可能性を具体的に探していきます。
受験期の孤独もサポートします。

大学生になってくると
「自分らしく」の目鼻立ちが
ついてきますから
「自分の可能性を伸ばすチャレンジ」を
沢山できるようサポートしていきます。
大学生の後半では
就活に向けて、その人の
「自分とは」「他人とは」「社会とは」を
明確にして、それを言葉で
他人に伝えられるように練習します。

就活時には、
チャンレンジの幅を広げつつ
こまめに実践と振り返りを繰り返して
望む結果を手に入れます。
就活時期の孤独感もなくなります。

「思春期」のサポート、といっても
その子の個性と時期によって
さまざまなポイントがあります。

また、どこかの段階で
うまくいっていない場合にも
その子の個性と時期に応じた
サポートがあります。

個人コーチングセッションは
完全にオリジナルなものです。
「実際に望む未来を手に入れる」まで
しっかりサポートしていきます。

保護者の方も、お子さんの
個性と年齢に応じたサポートを
されていることと思いますが
それを第三者として、プロとして
行っていきます。

ひとりひとり違うので
とても面白く、楽しい仕事です。

特に、長い間サポートする場合には
その子の変化成長を
ずっと見守ることになるので
人の成長の可能性の素晴らしさに
いつも感動してしまいます。

追伸:
ブログを書いている間に
飛行機は飛び立ちました。
今空の上です。
この投稿は東京についてから
電車の中からすることになりそうです
( ´ ▽ ` )ノ

無料メルマガ登録はこちらから