Pocket

こんにちは。
今朝の東京は雨でした。
愛犬は雨の中、かかんに散歩したので
濡れネズミになっておりました。

 

さて、中学生女子についてのお話しです。

 

私もかつて中学生女子だったので 😳 
結構女の子についてはわかっているつもり
・・・でしたが
自分の子育てや
セッションで出会う子どもたちを通して
大人になると意外と忘れてしまっていることや
今時の中学生女子について知らないことが
沢山有るのね、と感じています。

それで、そこに気づいて
ちょっとしたサポートをするだけで
子どもがとても楽になることが
沢山有るように思っています。

そんなことについて今週はお話していきますね。

 

まずは体の変化についてです。

女子は小学校高学年位から
性的な変化がどんどん進んでいきますが
なかなかタイムリーに
きちんと正しく、詳しく情報を得る
ということは難しいようです。

 

学校で説明もされますが
みんなと一緒なので上の空だったり
ちゃんとすぐに理解できないことだってあります。

まだ体験のないことを
ずっと先まで説明されても
全部イメージするのは難しいですよね。

かといって、自分がわからないことを
みんなの前で質問するっていうのも
とても勇気がいることだったりします。

 

そこで、やっぱりお母さんが家で
時間をとって、何度か説明してあげると
とても安心するようです。

前にもちゃんと説明したし。。。と
大人は思ってしまいがちですが
その時になって知りたいこともでてきます。
一年ごとに子どもの理解力も違ってきます。

 

是非、時々女の子の身体の仕組みについて
本やネットの図解を見ながら
話す機会を持ってみてくださいませ。

三重県のサイトです。
お役立てください。
http://www.pref.mie.lg.jp/d1kodomo/sisyunki/

 

思春期の脳の成長の仕組み等と一緒に
『大人になる成長の途中にはこんなことが起こるよ』
と伝えてあげてください。

 

思春期の悩みNO。1は
『こうなるって、自分だけ?』
『自分は他の人と違って変なのでは?』
です。

この時期の子どもには
なかなか自分から聞けないことが沢山あります。

是非
『何か知りたいことはない?』
『何か困っていることはない?』と
お母さんから声をかけてあげてみてください。

性についてもお母さんとなら
オープンにいつでも話せる・・・となると
いいですね。

 

最近の思春期の女の子に多いのが
生理が止まってしまうことです。

現代では、成人してもこの症状が
多くなっている傾向にありますが
特に思春期はまだ発達途中なので
実はとても多いのです。

 

大抵は深刻なことはないのですが
長期に渡ることもありますので
常々話しがしやすいようであれば
早めに子どもの様子がわかります。

 

特に中学生の頃は生理痛も
強かったりします。
下腹部にちっちゃなカイロを貼るだけで
随分楽になることもあります。

そんな小さい工夫で楽になることや
お母さんの体験などを
話してほしい。。。というリクエストが
中学生の女の子から意外多いんです。

お母さんから声をかけてみだ下さいね (^^)

 

追伸:
雨の日の散歩はその後が大変です。
大きな濡れネズミを抱えて洗ったり
嫌がるドライヤーをかけたりします。
うちのはパピヨンなんで小さいのですが
それでもちょっとした仕事です。
でもやっぱりカワイイ♡(犬バカ)

今週のテーマのブログです
中学生女子の育て方

「選ぶ」「選ばれる」密な友人関係
感情とのつきあい方
「自分らしさ」からはじめましょう
女同士でも別の人

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい