MENU

まだ「未来の楽しいこと」をイメージできない時にやってみるといいこと

Pocket

連休を上手に使って
登校を楽しく!というお話です。

 

身体の状態が回復してくると
心にも余裕が出てきます 🙂 

次は心の状態も整えていきましょう!

身体がしんどいままだと
なかなか心の状態も整えにくいので
身体のケアはお忘れなく 😉 

 

身体の状態が整って来たら
「学校での楽しいこと」に
心が向かえるようならベストですね!

どんどんその「楽しい」イメージを
膨らませていきましょう
(^^)/

 

ただ、4月に疲れすぎていると
身体が少し整ってきても
まだそこまでは
心の切り替えができないこともありますよね。

まだ、心が
「4月の大変だった体験」に
くっついている状態です。

この先の未来に心が向くには
準備のステップが必要ですね 🙂 

 

そんな時には
ムリに急いで前を向こうとせずに
まずは4月の体験を
充分にねぎらってみるのもオススメです!

 

『大変だったことも色々あったよね

よく乗り越えて来れたよね』

そんな言葉で
頑張ったことをねぎらってみましょう。

 

ここでのポイントは
「嫌だった」「辛かった」に
フォーカスするのではなく
「4月は大変なこともあったね
でも乗り越えてこれたね」
というスタンスでねぎらうことです。

自分で100点満点でなくても
”乗り越える力”があることに
気づいてもらいたいですね 🙂 

 

ご注意ポイントとしては
「どんなところが嫌だったの?」
「何が辛かったの?」とは
声をかけないことです
(@^-゜@)v

 

つい
「大変だったよね」という気持ちで
そんな言葉をかけちゃうことも
あるかもしれませんが

こう言われると、言われた人は
嫌でツラかったことを
アレコレ思い出してしまいます。

「4月の大変だった体験」が
「嫌でツラかったことばかりだった」と
上書きちゃうかもしれません 😯 

 

ちょっとした言葉が変わると
言われた人に起きることは
かなり変わります

(^_-)

言葉のコツも大事です。

 

「ねぎらい」がうまくできたなら
「その体験を乗り越えてこれたのは
何があったからなんだろう?」と
意識を向けてみることで
次のステップに移れます。

 

「嫌だな〜と思ったけど
なんとかやれたのは
”ここで止めたくなかったから”」

「あの時苦しかったけど
そういえば隣の子が
◎◎と声をかけてくれたのが
嬉しかったな」

そんなことを見つけることもできるでしょう。

 

自分が「辛かった」とだけ
思っていた体験の中にも
「やれてたこと」
「良かったこと」が
色々あるのが見つかってきます。

 

「4月の大変だった体験」が
少しでもニュアンスが変わって
楽になっていったらバッチリです!

 

これから先の楽しいことを見つけようとする
心の準備も整います
(^_-)

 

「一番自然なエネルギー」に続きます

 

追伸:
”玉簾の滝”に行ってきました。
高さ63m幅5mあって飛沫がすごいです。
大昔からの杉の大木に囲まれていて
かなりのパワースポットです。
山奥なのでまだ桜も咲いてました
(^^)♡

 

今週のテーマのブログです
やりたくないことをラクに始めるコツ:連休明けの登校を楽しくする
「快適な身体と心」を手に入れるコツは?楽しい登校の土台作り

登校するのに一番自然なエネルギーは?連休明けのスタートに向けて
大きなエネルギーを沸かせてみよう!望む未来から今を見る
やりたくないことでもサクッと始められるコツを手に入れよう!

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く無料メルマガのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことをお気軽にこちらから教えてください