ブログ

これからの思春期子育て5つの基本

Pocket

こんばんは
昨日は遠方よりお泊りのお客様がいらっしゃいました。

 

さて、先日あるお母さんから
こんなご質問をいただきました 😀 

 

『うちは小学校高学年と
中学年の子どもがいます。

順調に?二人とも
だんだん素直じゃなくなってきてます
(^_^;)

 

でも、先輩ママからは

「これから思春期になると
もっと子どもも変わってくるのよ。

そしたら
子育てだって思春期向けに
バージョンアップが必要よ」って
ちょっと脅かされているところです 🙄 

 

思春期の子育てって
どんなことに気をつければいいですか?

 

ご質問、ありがとうございます!

ふむふむ
思春期子育てのポイントについてですね。

 

確かに、思春期になると
子どもは頭も心も身体もドンドン変わってきます。

そして、その頭・心・身体の成長が
不思議なことに同時には進まないんです 😯 

この成長する早さが違うことが
人間の”思春期”の特徴を作ってます!

 

思春期が始まると
性ホルモンが活発に活動し始めて
身体はぐんぐん成長します。

また同時にそのホルモンは
脳の「感情」を司る部分を刺激します。

それで思春期になると
小さい頃よりもずっと
感情的になりやすくなるんです。

あなたも思春期の頃には
やたら涙がでちゃったり

箸が転んでもおかしかった・・
なんて思い出はありませんか?

心が敏感になるんですね 😀 

 

それでも
大人に近づいていくにつれて

感情が強く刺激された時でも
「ムカッ!!
・・・でもちょっと待てよ。
あの人にも何か理由があるのかも」
な〜んて”理性的に考える力”や
”共感する力”が働きやすくなってきます。

 

そう、身体と心の変化に比べて
「理性的に考える」
「他の人の気持ちも推し量る」という
頭=脳の
前頭葉という部分は
すご〜くゆっくり成長するんですね!

なんと頭の完成は25歳を過ぎまでかかるんですって 😯 

ずいぶん遅いですよね〜

性ホルモンが出始めてから
10年以上もかかるんですよ〜 (*_*)

 

ということは?・・・

 

その間の思春期って
「身体が大人みたいになるのは早い。
そして外からの刺激に

心は敏感に反応する。
でも、それを理性で見直したり
他人の感情に共感する力が弱い」
というかなりアンバランスな状態
なんですね 😯 

特に思春期の始めには
このアンバランス度が強いんです。

そして成長とともにだんだん
良いバランスになっていくんですね~

 

思春期を例えてみれば
アクセルはすぐに加速するのに
ブレーキは弱くて扱いが難しい車みたいな?

怖いですね〜  :mrgreen: 

運転が上手か下手かで
ものすごく分かれますね〜

ちょっとした刺激にも弱そうです
 ゚(゚´ω`゚)゚

 

まあ、そのアンバランスゆえに
「いいな!」と感じたことに

若者はどんどんチャレンジできるんです。

でもその反面
もう成熟した大人からすれば

思いもつかないメチャクチャなことを
しでかしてくれちゃうことにもなるんですね 😆 

 

また、成長途中ということは
まだ固まっていないということです。

つまり、頭の部分は
特にゆっくり成長しますから

いい刺激やサポートがあれば
飛躍的な成長をすることもできるんです!

 

実はこの情報は
まだ教育現場や医療現場にも
完全に行き渡ってるとは言い難いんです。

 

なぜなら
生きて動いている思春期の脳の活動が
見られるようになったのは
科学技術が進んできたココ最近なんですね。

そんな新しい情報を活かせたら・・?

 

今まで考えられていた以上に
子供の可能性を開くことができるんです!

すごいチャンスですよね \(^o^)/

 

アンバランスさと未知の可能性のある
思春期の子どもは、確かに
小さい子がそのまま大きくなって
大人になる途中の人・・・ではないですね 😎 

思春期は小さい頃とは違う
「成長の別の段階」です。

 

で、そんな特別な時期には
やっぱりその時期に必要な
子育てのポイントがありそうですね!

 

今週はそんな思春期の
新しい子育て5つの基本について

お話していきますね〜 (^^)/

 

追伸:
久しぶりにお客様が来るとなると
どうしても家を片付ける必要が
私の場合にはとてもあります。
ちょっと忙しくなりますが
おかげさまで住みやすい家?になりました。

 

今週のテーマのブログです
これからの時代を生きる子どもに一番必要な力とは?
「急がば回れ」は思春期の子育てにこそ役に立つ!
美容に悪い親子バトルを減らす最善の方法
子どものエネルギーを引き出す簡単で最強なこと
子どもに新しい考えや行動を定着させるには?

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP