ブログ

自分でスケジュールを立ててみよう

Pocket

こんにちは。
昨日から空を飛んで
庄内平野に来ています。

 

さて、気が散りやすい子についてのお話です。

 

「気が散りにくい環境」を作ったら
「何に集中するか」を決めていきましょう。

 

『何って?
勉強ですよ。その日の宿題でしょう?』

 

はい、確かにそうなのですが
案外「本日の全体量とふりわけ」が
されていないことも多かったりします 😉

なんとなく
「宿題をしよう」と思っているのと
具体的に今することがわかっているのとでは
”気の引き締まり方”?も違ってきます。

 

今日の勉強を開始する前に

*今日の勉強項目

*それぞれ、何ができたら終了なのか

*そのためにはそれぞれ
 どれくらいの時間がかかりそうか

まずはそんなところを
さらっと一度チェックしてみましょう。

 

今日はこれとこれとこれがある。

それぞれ、だいたいこれ位の時間がかかりそう。

あ、そうなると夕食前には
これは終わらせておかないと!

そんな風に「本日の流れ」が見えてきます。

 

実はこのような『逆算』は
大人にとってはアタリマエにできることでも
思春期の頃には
まだ苦手な子も多いものです。

むしろ、逆算の習慣を
意識的に作ることで
その力を育てていくことができます。

 

一般的に気が散りやすいタイプの子は
「逆算」する力が育つスピードがゆっくりです。

まずは「本日の流れ」から
逆算できる力を伸ばしていきましょう。

それができると
次の定期テストや受験勉強など
より長い時間の逆算もできるようになっていきます。

逆算する力は
「計画性」に結びついていきます。

生きる力と言えますね (^^)

 

もうちょっと上級バージョンは
「本日のやることリスト」を
一行つづでも自分で書いてみることです。

「自分で書く」というのは
体の感覚を使うので
記憶に残りやすくなります。

 

そして、各勉強を
どんな方法でやれば良さそうかを
考えられるようになると
かなり上級者になります 😀 

視覚や聴覚、体感覚
それぞれを刺激する方法が
自分にあうように使えると
短時間で楽しく勉強できるようになります(^^)

前回のブログ
「楽しく成績を上げる方法」
も参考にしてみてください

 

上級編には徐々に挑戦してみてくださいね

まずは逆算の練習だけでも
長い目でも短い目?でも

とても効果的だと思います 😛 

 

追伸:
昨日の夜は居酒屋で
ハタハタという白身魚の天ぷらを
焼酎といただきました。
美味しくてシアワセです♡

 

今週のテーマのブログです
No.1 気が散る子〜ダラダラ生活を変えていこう〜
No.2 「気が散りやすい」を自分の力に変えていこう

No.4 集中力を上げる準備
No.5
周りの人からの影響をうけやすい力もうまく使おう
No.6
新しい習慣をうまく作っていきましょう

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP