こんばんは。
小中一貫校が各地で増えているようです。
中1ギャップの解消にも
期待がかかっているようです。

女友達

 

思春期になると子どもは身体も心も頭も
またすごいスピードで成長し始めます。

身体が一番わかりやすいですね。
外から見えますから 😉 
この時期には男子など

1年間に15cmも身長が伸びたりします。
すごいですよね~
大人になってしまうと自分が1年15cmって
どんな世界なのか考えもつきません 😯 

 

外からは見えませんが、同じように
心(感情)も
豊かに複雑になっていき
頭だってすばらしい学習能力を持っています。
練習さえ積めば、論理的に考える力も
どんどん身につけることができる頃です。

そして、それぞれが成長するにつれて
身体ー心ー頭のつながりも良くなっていきます。

でも、その成長は20歳になっても
まだ80%しか完成しないので
思春期の間は成長も半端だし

各部分のつながりもまだ接続途中です。

自分の強い感情をどうやって
自分にとって良い行動に
結びつけていけばいいのか

わからないことも多いのです。

チームそんな時期には自分で自分のことも
持て余してしまうことがありますが
さらに学校では狭い環境の中で
そんな状態の子ども同士が関わりあうので
些細な事でこすれあって
色々なことが起こります。

今は学校での人間関係が
学校が終わって帰宅しても
携帯やスマホがあることで
深夜でも早朝でもずっとつながったままです。

こちらが食事中でもお風呂でも
お構いなしにメールは来ます。

クラスや部活の連絡網かもしれないので
なかなかすっかり脇において一息つく
ということもできませんね 😥 

 

今の子どもたちはそもそも
そういう環境で育ってきているので
それが「当たり前」だと思っていても
そうではない時代を知っている大人からすれば
そんな密な関係の中でやっていくには
もともとの
「人間関係の作り方」とか
「人への接し方」が

昔の思春期の子どもとは
少し違うものでなければならないのでは?
と思うのです。

そうやって見てみると
良い・悪いではなく

子どもたちの人間関係の感覚が
少し変わってきているように感じます。

 

パズルを解くそれでも、いつの時代でもどの世代でも
人の悩みは人間関係だと言われます。

もちろん今の思春期の子どもの悩みでも
トップは人間関係のことです。

 

今週はそんなイマドキの思春期の子どもの
人間関係についてのお話しです。

 

追伸:
今ある小中一貫校の半数は
過疎化地域の学校の
統廃合が目的だそうです。
どの目的での小中一貫校かで
在り方も変わってくるんじゃないかしら。

 

今週のテーマのブログです
No.2.小さい頃から選んできました
No.3 内向きと外向き
No.4 だって嫌なんだもん
No.5 ちょっとサービスしちゃおう
No.6 思春期のうちに学べば簡単!

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい